【資生堂】インナービューティー事業始動で、ツムラ・カゴメ各社と新市場を創造

資生堂は、ウェルネス領域展開への第一歩としてインナービューティー事業を本格始動し、一人ひとりの自分らしい健康美を実現するインナービューティブランド「SHISEIDO BEAUTY WELLNESS (シセイドウ ビューティーウエルネス)」(以下、SBW)を 2024年2月に立ち上げます。

第一弾として、株式会社ツムラとカゴメ株式会社の各社と共創し、共同研究・開発した商品を日本国内で発売します。

SHISEIDO BEAUTY WELLNESS (シセイドウ ビューティーウエルネス)

資生堂は、企業使命「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(美の力でよりよい世界を)」のもと、「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」を目指し、2030年には「Personal Beauty Wellness Company」として、美の力を通じて人々が幸福を実感できるサステナブルな社会を目指しています。

その第一歩として、BW は、人の美しさを外見や「肌」のみではなく、肌、身体、心の調和が取れている状態こそが健康的で美しいと捉え、日々の生活を通じて、一人ひとりのここち良い独自の「健康美」の実現を目指したブランドです。

ブランド名には、美を日々、内側から育むことで、その人ならではの美を持続可能にし、“Beauty Wellness Life”を叶えていくサポートをしたい、という思いが込めています。

よりよい社会を実現するためにツムラ社とカゴメ社と共創

今回、生薬と心身のつながりに強みをもつツムラ社と、トマトをはじめとする野菜・果実のおいしさや健康価値を活かした飲料
と食品等の研究開発を強みとするカゴメ社と、「よりよい社会を実現していきたい」という思いが一致し、各社との共同研究・商品開発に至っています。

漢方薬のプロフェッショナルであるツムラ社とは「東洋思想の五臓(肝・心・脾・肺・腎)」、野菜のプロフェッショナルであるカゴメ社とは「野菜の力」から着想を得た、共同研究、商品・サービスの開発を進めていきます。

SBW は、資生堂の100年超のライフサイエンス研究とデータサイエンスを活用し、肌・身体・心の関係性を解明した美の独自の知見をもとに、パートナー企業との共創を取り入れた商品やサービスを展開していきます。

近年、地球環境や社会課題の変化の中、「健康に自分らしく」生きることはますます重要な課題になってきており、日常生活においても、「心身的豊かさ」を求める人が増えています。これからも活動に注目です。