【資生堂】“彩る美容液”という新提案「ファンデ美容液」を新しい化粧文化に

資生堂 美容液ファンデ SHISEDO マキアージュ

美容液による本格的なスキンケア効果と美しい仕上がりを実現する「ファンデ美容液」

資生堂は、「ファンデ美容液」を新しい化粧文化として提案すべく、2024年4月2日(火)よりコミュニケーション展開をスタートします。

目次

ファンデ美容液とは

「ファンデ美容液」は、“彩る美容液”ともいえる新発想のベースメイクカテゴリー。

従来の「美容液ファンデーション」は“ファンデーションに美容液成分を加える”という発想でしたが、「ファンデ美容液」は“美容液で彩る”という逆転発想から生まれました。

新たなベースメイクカテゴリー【ファンデ美容液】

コロナ前・後で大きな変化。“美容液ファンデーション”市場が活性化

資生堂が実施した、20~30代の女性でベースメイクをしたことがある人を対象に実施した「美容意識調査※1では、コロナ禍を経て外出が減り、自分自身と向き合う時間が増えたことによって、“ご自愛意識”が高くなっていることが明らかになりました。

ノーファンデ派・レスファンデ派の合計が全体の約70%※2

  • ファンデーションを使わない「ノーファンデ派」
  • 週4日以上ファンデーションを使わず、部分的にコンシーラーや色付き化粧下地で仕上げる「レスファンデ派」

資生堂が実施した「美容意識調査※1から、コロナ禍で心地よいと感じて覚えたスキンケア重視の化粧習慣が、コロナが収束して生活がコロナ前にほぼ戻ったにも関わらず、化粧習慣や意識は元に戻らない、という発見がありました。

※1 資生堂調べ:2024年3月「美容意識調査」 対象:全国20-39歳女性でベースメイクをしたことがある人 n=400
※2 資生堂調べ:2024年2月「化粧行動調査」 対象:全国20-39歳女性 n=9,071 年代別人口構成比に合わせてウェイトバック集計

資生堂独自「セラムファースト技術」

ファンデーションに美容液成分を配合するのではなく、美容液の中にファンデーション成分を閉じ込めるから、つけた瞬間からずっと美容液が肌に触れ続ける、資生堂独自の「セラムファースト技術」

現在、セラムファースト技術は「SHISEIDO エッセンス スキングロウ ファンデーション」および「マキアージュ ドラマティックエッセンスリキッド」の2品に搭載されています。

SHISEIDO エッセンス スキングロウ ファンデーション<ファンデーション・美容液>

SHISEIDO エッセンス スキングロウ ファンデーション<ファンデーション・美容液>
SHISEIDO エッセンス スキングロウ ファンデーション

SPF30・PA+++

【容量】
30mL(本体)/30mL(レフィル)

【色調】
全12色

【参考小売価格】
本体 6,900円(税込7,590円)
レフィル 6,400円(税込7,040円)

*店舗によって異なる場合があります

マキアージュ ドラマティックエッセンスリキッド<ファンデーション・美容液>

マキアージュ ドラマティックエッセンスリキッド<ファンデーション・美容液>
マキアージュ ドラマティックエッセンスリキッド

SPF50+・PA++++

【容量】
25mL(本体)/25mL(レフィル)

【色調】
全5色

【参考小売価格】
本体 3,200円(税込 3,520円)
レフィル 3,000円(税込 3,300円)

*店舗によって異なる場合があります

スキンケア効果のあるファンデーションを先駆けて発売してきた資生堂。「ファンデ美容液」は、進化の形として、新しい市場を創るカテゴリーと考え、「ファンデ美容液」のコミュニケーションがスタートしました。

コミュニケーション展開実施

世界最高峰のスキンケア技術を持つ資生堂がたどりついた「セラムファースト技術」を搭載した「ファンデ美容液」

「ファンデ美容液」を通じて、つけるたび素肌そのものを美しくし、メイクをする一瞬が未来の美しさを育んでいく、という体験を提供。“美容液で肌を彩る”という新たな化粧文化を創造し、このコミュニケーションを通じて、誰もがいつも今と自分の未来のために心地よく過ごせる社会の実現を資生堂は目指すとしています。

コミュニケーションアンバサダーは、河合 優実さんです!

河合 優実
河合 優実さん

コミュニケーション概要

お客様の声から生まれた以下のメッセージをメインに、TVCMやデジタル広告、屋外広告を展開。さらにお客様の声を増幅するようなコミュニケーションを実施。

<メッセージ>

彩る美容液、という奇跡。
#ファンデ美容液

ファンデーションをスキンケアへ。
今日を装うものから、未来の肌を育むものへ。
世界最高峰のスキンケア技術を持つ 資生堂がたどりついた「セラムファースト技術」。
ファンデに美容液を配合するのではなく 美容液の中にファンデを閉じ込める。
美容液が肌にずっと触れる、という革新。
つけるたび、素肌そのものを美しく。
メイクをする一瞬が、美しさを育んでいく。
今日、明日、未来まで。

4月2日よりコミュニケーション展開スタート

資生堂は、「ファンデ美容液」を新しい化粧文化として提案すべく、2024年4月2日(火)よりコミュニケーション展開をスタート 。

コミュニケーションアンバサダーは、河合 優実さんです。

キャンペーン特設サイトをぜひチェックしてみてください!

キャンペーン特設 WEBサイト:https://www.shiseido.co.jp/foundationserum/?rt_pr=trq24

目次