【学生限定】美容フォトコンテスト【STUDENT CUP 2021】開催中!応募はこちらから!

コーセー、「インフィニティ」の売上の一部で、エチオピアの女性たちの生活環境改善支援



「Share the Bloom」キャンペーン「美しさは力になる。咲かせよう、可能性の花。」

コーセーは、「美しさは力になる。咲かせよう、可能性の花。」をメッセージに掲げて発展途上国の生活環境改善に役立てる「Share the Bloom」キャンペーンを展開。その一環として、「KOSÉ」を冠したハイプレステージブランド「インフィニティ」より、11月16日に限定発売する「ロイヤルフラワーコ レクション Ⅹ コンパクトパウダー」(1品目2品種、ノープリントプライス)の売上の一部で、エチオピアのバラ農園で働く女性たちの生活環境改善を支援していく。

ブランドミューズ夏木マリが中心の活動に賛、「One of Loveプロジェクト」と協働で取り組む

「Share the Bloom」キャンペーンでは、発展途上国の女性や子供の生活環境を改善する「One of Loveプロジェクト」(事務局:一般社団法人 One of Loveプロジェクト)に賛同して協働の取り組みを展開している。

「One of Loveプロジェクト」は、女優の夏木マリが中心となって推進している、音楽とバラで途上国の子供たちの教育環境や、その母親である働く女性たちの雇用整備の向上を目指す支援活動。「インフィニティ」のブランドミューズに夏木を迎えたことをきっかけに、コーセーもこのプロジェクトへの賛同を決定した。

同プロジェクトとともに、11月16日から12月31日までの期間、お客が「ロイヤルフラワーコレクション Ⅹ コンパクトパウダー」を1点購入するごとに、 洗って繰り返し使える生理用品1枚を、エチオピアのバラ農園で働く女性に寄附し(一人につき複数枚の提供を予定)、経済的な負担の軽減や生活環境改善を支援する。

「ロイヤルフラワーコレクション Ⅹ コンパクトパウダー」のコンパクトには、アフリカンローズの力強い生命力にインスパイアされた華やかで温かみのあるデザインを採用し、ローズを手にした絵柄をパウダーのプレス模様にあしらうことで、“開花する可能性をシェアする”という想いを込めた。また、品質にもこだわり、パウダーの一つひとつをローズエキス(スクワラン配合)で包み込む、独自のフラワーエッセンス シャワー製法を採用。しっとり溶け込むように密着し、薄く均一な粉感のない仕上がりが持続する。今回の取り組みについては、「Share the Bloom」キャンペーンサイトに掲載して報告する予定だ。

コーポレートメッセージ“美しい知恵 人へ、地球へ。”「すべての人に健康と福祉を」「ジェンダー平等を実現」

同社グループは、2020年4月に、“美しい知恵 人へ、地球へ。”をコーポレートメッセージに掲げ、「コーセー サステナビリティ プラン」を策定した。「人へ」「地球へ」という2つの側面から広く貢献する6つの取り組みテーマを推進することにより、持続可能な社会の実現と事業成長の両立に向け取り組んでいる。

今回の取り組みに関連する「人へ」の側面では、世界中の多様なお客に寄り添う「アダプタビリテ ィ」の考え方を基盤に、ダイバーシティ&インクルージョン、ウェルネス、ジェンダー平等といった取り組みを推進している。

また、SDGs達成への取り組みとして、17年に国連グローバル・コンパクトに署名し、国連が定めるSDGs(※6)を支援している。今回のキ ャンペーンでは、17の目標のうち、特に「目標3:すべての人 に健康と福祉を」「目標5:ジェンダー平等を実現しよう」の達成に向けて貢献していく。※6 SDGs(エス・ディー・ジーズ)は、15 年の国連サミットで採択された、30年まで15年間の「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。17 の目標と169のターゲットから構成されている。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!