【学生限定】美容フォトコンテスト【STUDENT CUP 2021】開催中!応募はこちらから!

【クラシエ】Makuakeにて、「ダンベルボディソープ」の先行販売開始



忙しい人に新・運動習慣を提案〜お風呂場を筋トレスペースに〜

クラシエホームプロダクツは、既存のモノづくり、ノウハウにとらわれない発想で開発した「ダンベルボディソープ」を、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)にて、2021年7月16日から先行販売を開始した。同社がMakuake社での商品展開をするのは初めての試みとなる。

「ダンベルボディーソープ」開発の背景

「ダンベルボディソープ」を開発したメンバーは日頃、ボディソープなどのマーケティング業務に従事するクラシエ社員だという。作り手であると同時に、一生活者でもある彼らは、作り手と生活者、両方の視点から、“お風呂場”と“ボディソープ”の可能性を日々、考えていた。

そして、「お風呂場で、手軽にトレーニングできたらいいのに。」という生活者視点での発想と、当社が長年培ったトイレタリー・コスメティックス領域での知見を掛け合わせ誕生したのが、ダンベル形状ボトル入りのボディソープ「ダンベルボディソープ」だ。

開発担当者を含め、特に30代には運動不足を感じている人が多く、運動したいと思いながら実現できない要因に「やる気が続かない」というメンタル面の弊害だけでなく、「時間・場所・道具がない」という悩みがあることも分かった(2021年同社調べ)。

また、体の緩みが気になる瞬間の第1位は「お風呂場の鏡で体を見たとき」であり、「ダンベルボディソープ」は、忙しい30代を中心に運動不足を感じている人々へ向けて、特別な時間と場所は不要、体の緩みが気になったその瞬間、その場で手軽にトレーニングができるように、という想いから誕生した。

ボディソープに手を伸ばすその延長で、約1.2kg(中身未使用時)のダンベルとしてトレーニングもできるので、無理なく続けられる。そして、同社が掲げるスローガン「夢中になれる明日」を生きる人々を支えていくとしている。

【初の試み】Makuake(マクアケ)での販売

Makuakeとは、企業などがネットを通じて、支援者に製品の開発費用などを募るクラウドファンディングサービス。以前はベンチャー企業が開発資金を調達する場という意味合いも強かったが、現在は大手企業が続々と参入しており、新しい消費の形としても定着している。

Makuakeを利用する消費者のメリットは大きく2つある。一つ目は、製品に対して意見を言うことができ、製品化に参加できること。もう一つは、製品化された際に、製品を割引価格で購入できたり、一般発売よりも早く入手できるといった特典があることだ。一方、企業にとってのメリットは、通常の開発プロセスでは製品化が難しい製品を世に送り出せるほか、製品の需要や市場の規模感などを把握するマーケティングにもなる。さらには、クラウドファンディングで注目を集めてから一般発売という、製品の“宣伝”として活用するケースも増えているという。

今回の、お風呂場でトレーニングができるダンベル形状ボトル入りボディソープ「クラシエ ダンベルボディソープ」(ポンプ:1200mL×2本、3960円=希望小売価格)は、両腕を筋トレできるよう、2本セットでの販売となる(※販売価格は送料込み、リターン設定により価格は異なる)。販売期間は2021年7月16日〜2021年9月6日を予定している。

MAKUAKE【専用サイト】

https://www.makuake.com/project/kracie01/

製品特徴

洗う成分は100%植物生まれ。植物性アミノ酸系洗浄成分MIX(※1)配合で、サッパリすべすべに洗いあげる。また、素肌すこやか成分(※2)配合で、肌のアミノ酸を守って、うるおいをキープ。皮脂吸着成分「海泥(海シルト)」配合で、汗やベタつき・気になるにおいまで洗い流し、ここちよいグレープフルーツ&ライムの香りが続く。

※1:ココイルトレオニンNa、ココイルグルタミン酸2Na、ココイルグルタミン酸Na
※2:アセチルグルコサミン、DPG



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!