【学生限定】美容フォトコンテスト【STUDENT CUP 2021】開催中!応募はこちらから!

コーセー、毎月17日に「サステナビリティ ビューティ デー」開催



日常の美容習慣で手軽に実践できる環境配慮への取り組みを、社会に広げる機会を提供

コーセーは、サステナブルなライフスタイルの実践を紹介するビューティイベントを通して、日常の美容習慣で手軽に実践できる環境配慮への取り組みを社会に広げる機会を提供していく。その一環として、直営店「Maison KOSÉ 銀座」では、SDGs“17”の目標にちなんで毎月17日に「サステナビリティ ビューティ デー」を開催する。第1回の7月 17 日には、自宅で使わなくなった手持ちのメイクアイテムを活用したイベントを実施した。

「Maison KOSÉ 銀座」でイベント開催:使いきれないメイク製品の有効活用を考えた企画を展開

同社の直営店「Maison KOSÉ」(銀座・表参道)では、“Find Your Own Beauty”をテーマに、お客との接点の拡大を目指す一環として、お客が楽しめるさまざまなイベントを開催している。

このなかで、サステナビリティに関わるアクションとしては、これまでに、「雪肌精」などの使用済みプラスチック容器回収プログラムを実施しているほか、資源循環を考える「KOSÉ Green Bazaar (コーセー グリーン バザール)」を期間限定で展開。お客と一緒に取り組めるイベントの展開を推進している。

今後も、開発過程で不要になってしまう化粧品から絵具をつくるモーンガータ社への協力を通じ、その絵具を活用したイベントなど、資源 を循環させて使う重要性を広く社会に発信していく予定だ。

 今回のイベント開催については、日頃より「使いきれず、自宅に眠っているアイカラーがあるが捨てるのはもったいない」「多色パレットに残ってしまう色があるが、どのように使ったらいいのかわからない」といった声が多数寄せられていることがきっかけになった。

このような悩みに応え、手持ちの化粧品を少しでも有効に活用し、最後まで楽しく使い切ることができるように、色使いやテクニックの工夫などをアドバイスするメイクイベントを継続的に開催することにした。

持参した製品でメイクアップアーティストがアドバイス、店舗で実施中のサステナビリティ活動についても伝える

1回目のイベントでは、同社の化粧品に限らず、手持ちのアイテムを持参し、同社に所属する二人のメイクアップアーティストが、お客の持参したアイテムを活用してニーズを聞き出しながら、メイクアドバイスをマンツーマンで実施した。

また、参加者には、店舗で実施しているサステナビリティ推進活動について伝えるとともに、メイク後の時間を活用して環境について学ぶことができるアクティビティへの参加を通して、環境課題への理解を深めてもらった。

 今回、メイクアドバイスを実施した二人のアーティストは、コーセー美容開発部ビューティクリエーションユニットメイクアップアーティスト。

石栗望さんは、同社のグローバルメイクアップコンテストで2度のグランプリを獲得し殿堂入りしている。現場や教育経験を活かしたグローバルでの商品開発の経験を経てメイクアップアーティストへ転向。常に「わかりやすさ」を追求してイベントやセミナー、教育、撮影などに携わっている。また、コーセー「Precious Beauty」のメイクを監修し、ライフスタイルに寄り添いながら“笑顔と幸せ”を導くバランス感覚に優れたアーティ ストとして活躍している。

三保谷優美さんは、幅広い分野でグローバルにおける美容知識と技術を持ち、ファッショントレンドやメイクの歴史、肌知識、栄養学など、過去と現在と未来における美容の引き出しを自在に操り、イベントやセミナー、教育、撮影などの業務に携わり、「ダンスリーグ KOSÉ 8ROCKS」のメイクを監修し、ファッションと融合させたバランス感覚に優れたメイクでパーソナルな魅力を引き立てるアーティスト。フィトライフコーディネーターの資格を取得している。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!