マンダム、新アンバサダーにセレッソ大阪GK「ダン・バン・ラム氏」が就任



Withコロナの時代に、スポーツの力でアジアの人々に勇気と活力を「GATSBY GLOBAL CHALLENGERS」

株式会社マンダム(本社:大阪市、西村健社長執行役員)が展開するヤング男性向けコスメブランド「ギャツビー」は、Withコロナの時代に、海外を舞台に挑戦する若きスポーツ選手と共に、アジアの人々に勇気や活力を届けたいという想いを込めて2020年に「GATSBY GLOBAL CHALLENGERS(以下、GGLC)」https://www.gatsby.jp/gglc)を始動。

今回、GGLCの新アンバサダーに今期Jリーグのセレッソ大阪に移籍したベトナム代表ゴールキーパーであるダン・バン・ラム選手を11月より起用する。

「GATSBY GLOBAL CHALLENGERS(GGLC)」について

新型コロナウイルスの感染拡大により、昨年に引き続き、厳しい状況に置かれているスポーツだが、人々にとって勇気や活力を与える「希望」であることは変わらず、“困難に打ち克つ”という非常に大きな力を持っていると考える同社。アジア12のエリアで展開し、ヤング男性に寄り添い続けてきた「ギャツビー」が、母国を離れ、熱意と誇りを胸にスポーツ界で奮闘する選手とそれを受け入れるチームを全力で応援し、「EMPOWER ASIA(アジアに元気を!)」というメッセージの下、共にアジアの人々に勇気や活力を届けたいという同社の想いを込めて2020年に始動したプロジェクトがGGLCだ。

現在も新型コロナウイルスの収束が見えない中、これまで以上に取り組みを強化し、アジアの生活者へ向けた発信を強めていきたいという考えのもと、今回、「スポーツを通じて、アジアの生活者に勇気や活力を与えたい」という想いに共鳴したセレッソ大阪とEMPOWER ASIAパートナー契約を締結し、ベトナムを離れ、海外の舞台で挑戦を始めたダン・バン・ラム選手を新アンバサダーに起用することとなった。コロナ禍において、アジアの生活者に向けた応援メッセージを冠にしたJクラブ初の取り組みとなる。また、昨年からの取り組みである三遠ネオフェニックスとはトップパートナー契約を継続し、引き続きサーディ・ラベナ選手をアンバサダーに起用。同社は、この取り組みを通じて、ヤング男性のみならず広くアジアの人々が少しでも前向きな気持ちになれることを願う。

ダン・バン・ラム選手プロフィール

母国ベトナム代表正GKとして、絶大な人気を誇る。Jリーグ初のベトナム人GKで、来日後に出場した2021年6月9日の天皇杯では、YouTube中継に現地ファンから多くの応援メッセージがあふれた。ダン・バン・ラム選手は、「このたび、マンダム様とセレッソ大阪がEMPOWER ASIAパートナー契約締結に至り、大変嬉しく思います。また、新型コロナウイルス感染拡大により、私の母国であるベトナムをはじめアジア各国が甚大な影響を受ける中、スポーツを通じてアジアの人々に勇気や活力を届けたいというマンダム様の想いに共感し、今回のセレッソ大阪とのEMPOWER ASIAパートナー契約締結にあわせ、11月よりGGLCプロジェクトアンバサダーに就任することとなります。今後、セレッソ大阪での自身の挑戦を通じ、マンダム様ならびにGGLCの発展に貢献していきたいと思います。」とコメント。

セレッソ大阪:https://www.cerezo.jp/



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!