【学生限定】美容フォトコンテスト【STUDENT CUP 2021】開催中!応募はこちらから!

コーセーコスメポート「BIOLISS PEACEFUL GREEN」プロジェクト



山梨県での環境保全活動をスタート

コーセーコスメポート株式会社は、同社を代表するヘアケアブランドである『サロンスタイル ビオリス』(以下『ビオリス』)が取り組む「BIOLISS PEACEFUL GREEN」プロジェクトにおいて、山梨県に植樹活動の支援をすることを決定した。

植物の恵みから生まれ、サステナビリティに配慮した商品づくりを進める『ビオリス』https://www.bioliss.jp/)では、2021年1月より「BIOLISS PEACEFUL GREEN」プロジェクトを開始し、豊かな緑、美しい水や空気、生き物たちの命を守ることなどに寄与する環境保全活動に向けて取り組んでいる。その第一弾として、コーセーの南アルプス工場(仮称)建設予定地の山梨県に、2021年1月~12月の売上の一部を寄附することで植樹をしていく。第1回目の植樹は、2022年5月に実施を計画。今後10年間で面積として約13,000㎡の土地に植樹を行うことで、環境保全に貢献していく予定だ。

コーセーグループでは、世界が直面する地球温暖化、森林破壊、プラスチックごみの増大などといった多くの環境問題をはじめとする社会課題に貢献するために、2030年に向けたサステナビリティ戦略と目標をまとめた「コーセー サステナビリティ プラン」(※1)を策定している。その中で、「事業地域の環境保全」のテーマを掲げ、地域と密着した生産拠点を中心とした全事業所において、環境保全に対する取り組みを推進している。

なお、コーセーは、南アルプス工場(仮称)建設にあたり、山梨県・南アルプス市との立地協定および南アルプス市・地元森林組合との森林整備協定を締結(※2)しており、地域の発展・振興、そして美しい自然環境との共生を推進していく予定。

※1:コーセー サステナビリティ プラン : https://www.kose.co.jp/company/ja/content/uploads/2021/04/20210430.pdf

※2:2019年6月7日発行リリース : https://www.kose.co.jp/company/ja/content/uploads/2019/06/20190607.pdf

『ビオリス』について

『ビオリス』は、2018年に誕生したボタニカル成分を配合した優しい使い心地と、サロン帰りのような軽やかな仕上がりが好評を得ているヘアケアブランド。2021年1月にサステナビリティに配慮した商品づくりを目指したシリーズ「ビオリス ヴィーガニー」(※3)を発売、動物由来原料不使用のヴィーガンフレンドリー処方で、シャンプー・コンディショナーのボトルやつめかえパウチには、石油由来の原料の一部を植物由来に置き換えたバイオマスプラスチックを使用し、内容物・容器の双方において環境負荷軽減に配慮している。

※3:2020年12月1日発行リリース : https://www.kosecosmeport.co.jp/corporate/source/201201_release.pdf

コーセーグループにおける植樹活動

コーセーグループは、地球の環境保全と啓発活動に取り組む雪肌精「SAVE the BLUE」プロジェクトをグローバルに展開している。日本では、冬季のキャンペーンで、『雪肌精』ブランド対象商品の売上の一部を植樹費用として寄附、東北エリアの森林保全に取り組んでいる。大気汚染が深刻化する中国では、内モンゴルの砂漠の緑化のために、苗木を購入し植樹する活動を支援している。

<活動成果>

日本:2018年度-2020年度 森林植樹本数 累計418本

中国:2012年-2018年 植樹本数 約14万4千本

◆雪肌精「SAVE the BLUE」 Web サイト http://www.savetheblue.sekkisei.com/

サステナビリティに対するコーセーグループの取り組み

◆コーセー 企業情報サイト 「サステナビリティ」

https://www.kose.co.jp/company/ja/sustainability/



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!