登録会員数10万人を突破「milbon:iD」、美容室のPOSシステムと連携スタート



目次

顧客データ、売上データの一元管理が可能に

美容室向けヘア化粧品メーカーの株式会社ミルボン(本社:東京都中央区、佐藤龍二代表取締役社長、以下ミルボン)は、美容室専売ヘアケアアイテムが購入できるミルボン公式オンラインストアーズ(※1)「milbon:iD(ミルボンアイディー)」において、美容室で使用されている各種POSシステムとの連携を10月1日より順次スタート。これにより、美容室における売上管理業務が簡略化され、より効果的なデータ分析なども可能となる。今後も美容室と顧客を繋ぐプラットフォームとして、顧客にも美容室にも便利な機能の更なる拡充を進めていくとしている。

※1:milbon:iDは美容室出店型のオンラインプラットフォーム。様々な美容室がmilbon:iDという空間に出店する仕組みであり、メーカー直販サイトのイメージと区別するため、公式名称を“ストアーズ”という複数形にしている。

POSシステム連携によるメリット

多くの美容室では、売上管理のためにレジにてPOSシステム(※2)が利用されている。milbon:iDで顧客が購入した場合、その売上はレジのPOSシステムとは別々に管理する必要があったが、milbon:iDとPOSシステムをデータ連携することで、milbon:iDの売上データまでを含めた顧客情報を美容室のPOSシステムにて一元管理ができるようになり、売上分析などが容易になる。また、美容室ではスタッフごとの売上管理を行うことが一般的だが、連携により、これまで美容室にて別途作業が必要だったPOSデータとの紐づけ作業も不要となる。

※2:「PointofSale(販売時点情報管理)」の略称。日々の売り上げを商品の種類ごとに集計・分析して、そのデータを経営に活かすためのシステムや手法。

milbon:iDと連携するPOSシステムについて

現在、milbon:iDとデータ連携が決定しているPOSシステムは以下の通り。

  • SalonAnswer(サロンアンサー)
  • Salon de Net(サロンドネット)
  • POS lab(ポスラボ)

*連携開始時期はPOSシステムごとに異なる。開始時期のほか、オプション費用や運用方法につきましては、各POSシステムの提供元会社さまへお問い合わせください。

今後も、順次連携するPOSシステムを拡大していく予定とのこと。

milbon:IDについて

milbon:iDは、美容室で対面カウンセリングを受けた顧客のみが利用できる、オンラインショッピングサービス。顧客は美容室から発行される専用のQRコードを使って必要情報を登録することで、いつでも欲しいタイミングでmilbon:iDから商品を購入できるようになる。2021年9月時点で登録会員数が10万人を突破し、2020年6月のローンチ以来、想定を上回るスピードで登録会員数が増加している。

販売スキーム

美容室はmilbon:iDというプラットフォーム上にオンラインストアを出店する、という形になっている。「顧客が普段利用している美容室から購入する」という仕組みのため、美容室側で販売管理し、売上は美容室に計上される。顧客の購入履歴は全て各美容室で管理されており、美容室はお客さまの次回来店時のアフターフォローにつなげることが可能。また、顧客はオンラインによる診断を受けることで、髪の状態に合ったヘアケア情報を得る機能もある。

ミルボンについて

株式会社ミルボンは、美容室専用のヘアケア製品やヘアカラー剤などを製造・販売する化粧品メーカー。美容のプロフェッショナル人材の育成や課題解決支援を通じて、美容室の成功を支援するとともに、確かな技術に裏付けられた製品によって、美容室を訪れる顧客一人ひとりの美しい生き方を応援している。

ミルボンは1960年の創業以来、一貫して美容室・美容師に絞った事業を展開し着実な成長を続けています。こうした成長を支える事業戦略の独自性を評価いただき、第20回「ポーター賞」(https://www.porterprize.org/)を受賞した。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!
目次
閉じる