HPがリニューアル!ブックマークをお願いします。

RMK、新クリエイティブディレクターにYUKIが就任



RMKのカラーをまとうエキサイトメントを、そして世界中の人の美意識に自由と自信を。新たなフェーズに向かうRMKに期待

RMKのクリエイティブディレクターにYUKI(ユウキ)が就任。New Yorkをベースに世界で活躍するメイクアップアーティストのYUKIは、東京でヘアスタイリストとしてキャリアをスタート。2011年に渡米した後Pat McGrathチームに参加、のちにチームのリーディングアーティストとしてPatのもと数々のショーのメイクアップデザインを手がけた。

細心かつ正確なテクニックから生み出されるメイクアップに、ストリートのバイブス、カジュアル感をミックスさせる独特のスタイルは、独立後、フォトグラファーやセレブリティの目にとまり、さまざまなエディトリアル、バックステージ、広告キャンペーンを担い、現在も世界中のファッション誌や多くのブランドとコラボレートし続けている。

YUKIは、2021年のFALL COLLECTIONより、RMKのクリエイティブディレクターとして、全てのコレクションのプロダクト開発、キャンペーンのディレクション、プレスやソーシャルメディアを通じたコミュニケーションなど、ブランドの方向性を決める重要な役割を担い、RMKのポートフォリオをさらにアップデートさせていく。株式会社エキップの長前澤洋介代表取締役社長は、「類まれなる才能に加え、圧倒的なクリエイティビティをもつYUKIとのコラボレーションは我々の誇りであり、無限の可能性を感じています。さらなる飛躍の原動力となり、これからのRMKがエキサイティングな展開になることは間違いありません。」と期待を寄せる。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA