【学生限定】美容フォトコンテスト【STUDENT CUP 2021】開催中!応募はこちらから!

【ミルボン】自社ヘアケア商品の製造・流通情報の追跡が可能なトレーサビリティシステムを開発



6月発売の‟milbon”「PREMIUM Position(プレミアムポジション)」より運用スタート

正規品証明とアフターフォローを実現

美容室向けヘア化粧品メーカーの株式会社ミルボンは、自社ヘアケア商品の「個体識別番号」「流通情報」「商品情報」を誰でも確認できるシステム『ミルボントレーサビリティシステム』を開発した。2021年6月10日に発売した、グローバルヘアケアブランド“milbon”の新ラインである「PREMIUM Position(プレミアムポジション)」より運用を開始する。このシステムにより、顧客は手にした商品の信頼性を自身で確認することができ、より安心して使用することが可能となる。

『ミルボントレーサビリティシステム』の概要

商品化粧箱に記載された2次元バーコードをスマートフォンのカメラアプリ等で読み取ることで、誰でも商品の「個体識別番号」「流通情報」「商品情報」の3つの情報にアクセスできるシステム。「個体識別番号」とは、商品一つ一つに付加される23桁の固有番号。正規品である証というだけでなく、万が一製品不具合があった場合の迅速な対応が可能になる。「流通情報」とは、[ミルボン工場→物流会社→販売される美容室様]のように、商品流通経路の名称と所在が表示され、流通時の取り扱いや保管状況などに対するお客様の不安を取り除きます。「商品情報」とは、ブランドや商品の公式サイトへアクセスし、商品コンセプトや商品に関する有用な情報を確認できる。

開発の背景

同社は、昨今の高級化粧品市場における模倣品や不透明な流通経路に対する問題意識の高まりの中、自社商品に責任を持ち、消費者に安全・安心を保証することは、メーカーとしての責務であるとしている。同社の商品でも複数のブランドで模倣品が確認されている中、自社商品の製造・流通情報の追跡を可能にするシステムを開発したことにより、商品パッケージを通じて顧客に有用な情報をお届けすることが可能となった。

今後の展望

今回のグローバルヘアケアブランド“milbon”の新ラインである「PREMIUM Position (プレミアムポジション)」に続き、順次対象アイテムを拡大していく予定。

“milbon”「PREMIUM Position (プレミアムポジション)」についての詳細:

模倣品流通の状況について

特許庁によると、2017年度の日本の模倣品被害社数 (全体推計)は11,643社(日本の産業財産権登録企業のうち7.0%)。またOECDによると、2016年の世界の模倣品・海賊版年の (インターネット上の海賊版を除く)の流通額は、最大5,090億ドル(約55.4兆円)に達する可能性があると推計されている(世界貿易額の最大3.3%)。

―出典:経済産業省「模倣品対策とSDGs~模倣品の撲滅でSDGs達成に貢献~」

同社の商品も複数の国において模倣品が確認されており、デッドコピー品(商品形態の模倣品)は現在までに3ブランド、パッケージを模倣した商品は現在までに5ブランドで、事例が確認されている。

2020年度「ポーター賞」受賞

同社は1960年の創業以来、一貫して美容室・美容師に絞った事業を展開し着実な成長を続けている。こうした成⻑を⽀える事業戦略の独⾃性が評価され、第20回「ポーター賞」受賞した。

ポーター賞は、一橋大学大学院経営管理研究科が運営する賞。製品、プロセス、経営手腕においてイノベーションを起こし、これを土台として独自性がある戦略を実行し、その結果として業界において高い収益性を達成・維持している企業贈られる。ハーバード大学のマイケル・ポーター教授の一橋大学への貢献に感謝し、同教授の競争戦略理論の普及のため、2001年7月に創設された。(https://www.porterprize.org



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!