株式会社ダリア、渋谷営業所オープン。東京~北関東への布石の性格も。



2021年8月2日、美容ディーラー大手・株式会社ダリア(本社:福岡市。高木進一代表取締役)の渋谷営業所がオープンした。「JUNCTION(交差点)」をコンセプトに掲げ、美容業界内外の多彩な出会いの場とすることをめざしている。また、横浜方面、埼玉県などの北関東方面への展開も視野に入れた戦略的拠点設置の性格も有している。

株式会社ダリア 渋谷営業所

住所 〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-15-12 LAIDOUT SHIBUYA 5

TEL 03-5354-3035

FAX 03-5354-3036(関東支社共通)

3Fがスタジオ、5Fが営業所オフィスとなっている。なお、渋谷営業所の発足に伴い、従来の関東支社(東京都新宿区西新宿)は、「関東支社 新宿営業所」へと名称を変更した。

関東エリアでの機動力をさらに向上。

同社は、渋谷営業所開設の意図を次のように述べている。

「関東エリアにおける機動力をさらに高め、より充実したサービスをご提供することを目的とし、今後は更に質の高いご提案、サポート活動により、サロン様への貢献と業界発展のため、社員一同一層業務に精励し皆様のご期待に沿えますよう努力いたす所でございます」。

首都圏進出から13年目の拡充。

株式会社ダリアは2008年(平成20)に首都圏進出を果たした。それから13年、新宿営業所と渋谷営業所という関東支社の2営業所体制が整った。高木進一社長は、今回の渋谷営業所開設の理由として、この地区には。美容メーカー、ディーラーともに(原宿・青山地区などに比べて)大拠点が少ないことを挙げた。

さらに、高木社長は「横浜方面と北関東方面をにらんだ布石」であることも明言している。渋谷は首都圏交通の要衝であり、横浜方面、埼玉・栃木・群馬方面への鉄路の便も良い。新宿・渋谷両営業所の体制には、首都圏における営業地盤の充実とともに、より広範な関東圏全体への戦略的意味が込められているようだ。

九州地域ディーラーから全国ディーラーへ。ダリアの足取り。

1946年(昭和21)、高木進一社長の祖父に当たる高木道明氏により、美容材料卸「ダリヤ商会」が設立された。株式会社ダリアの創業だ。その後、九州の美容ディーラーの雄として着実な成長を遂げ、中国、四国、近畿圏へと営業権を拡大してきた。

2021年6月25日には株式会社ダリア四国を吸収合併、株式会社ダリア中四国支社 四国営業部とした。これより先、2017年(平成29)には、株式会社タチカワ[本社:新潟県新潟市]との資本業務提携により株式会社BIC(ビック)ホールディングスを設立。グループ売上合計229億円、総従業員数580名の規模となった(※設立時点。2021年9月に提携解消となるが、業務提携は継続中)。

2018年(平成30)、トーコー株式会社との資本業務提携により、株式会社BICホールディングス・グループは7社となり、それまでの東海地区の空白が埋められることになった。

日本の美容ディーラーは大小含めて数百社ある。そのほとんどがローカルディーラーとして各地に点在し、地域に特化した営業を行っている。しかし2010年代以降、大規模ディーラーの全国展開が顕著になった。その動きの先鋒が、株式会社ガモウ、株式会社きくや美粧堂の両雄。いずれも「首都圏から全国への展開」をめざした。それに対して唯一、「地方から、全国へ」の展開を行ってきたのが株式会社ダリアだった。

コロナ禍により停滞気味の日本経済にあって、美容業界においてもディーラーの新たな動きを耳にすることが少なくなっている。その中で、株式会社ダリアの関東支社渋谷営業所開設は、大胆な動きに見える。先行き不透明な市場の中で、積極的な先行投資が吉と出るのかどうか。少なくとも当の高木社長は自信満々だ。

FASHION EDGE
美になる、ワクワクを。
「FASHION EDGE」は、美容や化粧品の新製品情報や使用感および業界ニュース、美容室情報などを、広くお届けするWEBメディアです。
弊社誌面「Beauty Business」「CATs」「TOKYO FASHION EDGE」および「PROFESSIONAL TOKYO」のご購読は、TOPページの「刊行物/Magazine」からお願いします。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!