コーセー、湿度が低下や急変する環境下でも、うるおいが長時間持続する製剤化技術を開発



角層内の結合水を特徴的に増加させる組み合わせを発見

株式会社コーセー(本社:東京都中央区、小林一俊代表取締役社長)は、湿度が極端に低下する冬や湿度変化の大きい環境といった、肌が乾燥しやすい状況下においても、うるおいを長時間持続できる製剤化技術を開発した。

これにより、季節による湿度の違いや、エアコン稼働時の室内の低湿度環境、室内外の出入りの際に起こり得る急激な湿度変化など、周囲の環境に左右されることなく、肌のうるおいを持続的にたもつスキンケア製品の開発が可能となる。なお、同研究成果は日本化粧品技術者会(SCCJ)第86回研究討論会(2021年7月15日、オンライン開催)にて発表され、特許出願済みとなっている。

研究の背景

図1 低湿度環境や湿度変化環境における各保湿剤と角層の水分量変化

肌の乾燥は世代を問わず挙げられる大きな肌悩みのひとつであり、外気が乾燥している冬場や、季節の移り変わり、エアコンを使っている部屋で過ごすときなど、日常生活においても頻繁に感じる場面が増えている。

このような状況で大きく影響を及ぼす因子は湿度で、例えばエアコン使用時の室内の湿度は約30%RHの低湿度であり、冬場に外から暖房のきいた室内に入ると50%RHから30%RHへの湿度変化が生じている。これまで様々な保湿技術が開発されてきた一方で、いまだに多くの人が湿度による乾燥悩みを挙げている。

図2 角層内の結合水のイメージ図

そこで、この低湿度環境や湿度が変化する環境でも肌が十分に水分を保持できれば、この乾燥悩みの解消に繋がると考え、今回、皮膚角層内に存在する「結合水(※)」に着目し、この乾燥状態でも揮発しにくい肌内部の水を増やすことができる保湿剤の組み合わせの探索を試みた。

※:皮膚の角層内に存在するケラチンなどのタンパク質に強く結合した状態の水で、乾燥状態でも揮発しにくい性質がある(図2)。

角層内の結合水を増加させる組み合わせの特定

図3 各保湿剤による角層内の結合水量の比較

高い保湿機能を有する保湿剤であっても、ベタつきが強く、製品へ配合した際に使用感に悪影響を及ぼすものでは、毎日気持ちよく使い続けることができない。そこで、良好な使用感と高い保湿機能を両立する保湿剤やそれらの組み合わせを探索した。

その結果、汎用される保湿剤であるグリセリンよりも分子量が大きく、保湿感が強く感じられるポリグリセリン-3をグリセリンと特定の比率で組み合わせることで、角層内の結合水量が顕著に増加することを見出した(図3)。この結合水の増加はポリグリセリン-3単体や他の汎用保湿剤(ジプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール)との組み合わせでは確認できず、本組み合わせに特徴的な機能であると考えられる。

低湿度環境下ならびに湿度変化環境下におけるうるおいの持続評価

湿度による乾燥悩みへの効果を検証するため、汎用の保湿剤と今回見出したポリグリセリン-3とグリセリンの組み合わせの水溶液を用いて、低湿度環境下(30%RH)ならびに、湿度変化環境下(50%RH→30%RH)における角層水分量の測定を行った。

その結果、ポリグリセリン-3とグリセリンを組み合わせた水溶液は、30%RHの低湿度環境下において60分間、さらに50%RHから30%RHへの湿度変化を生じさせた後の90分間において、汎用の保湿剤や他の組み合わせと比較して有意に水分量低下を抑制し、うるおい持続効果が高いことを見出した(図1)。

これより、ポリグリセリン-3とグリセリンを特定の比率で適用する事で、角層内の結合水を増加させ、外部の湿度変化による乾燥を抑制できることが分かった。

本研究発表に対しコーセーは、「日常生活において頻繁に起こる湿度による乾燥悩みに対する有効な解決手段を見出すことができた。この成果はスキンケア製品へ応用するとともに、今後も日常に潜在するお客さまの悩みを解消できる効果実感の高い製品開発を取り組んでいく」とのこと。

実際に研究成果がどのように製品に導入されるのか、期待が持たれる。

FASHION EDGE
美になる、ワクワクを。
「FASHION EDGE」は、美容や化粧品の新製品情報や使用感および業界ニュース、美容室情報などを、広くお届けするWEBメディアです。
弊社誌面「Beauty Business」「CATs」「TOKYO FASHION EDGE」および「PROFESSIONAL TOKYO」のご購読は、TOPページの「刊行物/Magazine」からお願いします。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!