CATEGORY
「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメ&美容情報から業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

コーセー「Maison KOSÉ」でヘラルボニーとのコラボレーショングッズを販売

  • URLをコピーしました!

個性を発揮できる場を提供する「ヘラルボニー」とコラボ、ギフトボックスなどを展開

コーセーは、福祉を起点に新たな文化を創る、株式会社ヘラルボニー(岩手県盛岡市、松田崇弥社長、松田文登副社長)とのコラボレーションにより、障がいのある作家のアート作品による、オリジナルデザインのギフトボックスとメッセージカードを 2021 年 11 月8日より期間限定で、「Maison KOSÉ 表参道」と「Maison KOSÉ 銀座」で販売した。

企画意図についてコーセーでは、「世界中の多様なお客さまに寄り添うため、お客さまへの適応力『アダプタビリティ』を    テーマに、一人ひとりのきれいの実現を目指すなかで、多様性を認め合うヘラルボニーの考え方に共感した」としている。初日には「Maison KOSÉ 表参道」で開店前に内覧会を開催。コーセーマーケティング戦略部の杉﨑洋グループマネージャー、松田崇弥ヘラルボニー社長、作家の高田祐氏、竹村裕貴店長らが出席した。

4名の作家が豊かな感性や大胆な発想で描く  原画を展示し “異彩を放つ” アート作品を紹介

コーセーは創業以来、美の創造企業として「英知と感性を融合し、独自の美しい価値と文化を創造する」という企業理念のもと、多様で個性的なブランドを展開し、オリジナリティの高い商品やサービスを提供してきた。また、さまざまなバックボーンを持つ人々の個性や価値観などの違いを理解し、誰もが自信を持って生きることができる、“個” に寄り添った美を提案している。

近年では、商品やサービス、コミュニケーションなど、あらゆる活動において世界中の多様なお客に今まで以上に寄り添うため、グローバルかつユニバーサルに通用する “お客さまへの適応力” を「アダプタビリティ」という言葉に集約し、Physical(身体)・Mind(心・精神)・Social Attributes(社会的属性)という3つの視点で「一人ひとりのきれい」の実現を目指している。

また、同社直営店の「Maison KOSÉ」は、“Find Your Own Beauty”  をコンセプトに、メイクや美容によるさまざまな体験を通し、お客の個性を大切にしながら “私らしい美の発見” をかなえられる場として展開している。

今回、「異彩を、放て。」をミッションに掲げ、障がいのある作家が描くアート作品をさまざまなモノ、コト、バショに落とし込み、誰もが自身の個性を発揮できる場を提供するヘラルボニーの活動に共感して「Maison KOSÉ」とヘラルボニーのコラボレーションが実現した。

12 月のクリスマスシーズンをはじめとして、“私らしさ” が実現する、ほかにはないギフトになるように、豊かな感性や大胆な発想で描かれた、4名の作家によるデザインとコラボレーションしたギフトボックス4種とメッセージカード1種を展開した。ギフトに個性あふれる彩を添えながら、今までにはない、いつまでも大切に残しておきたくなる作品だ。

本コラボレーションは11 月8日から 12 月 25 日まで、「Maison KOSÉ 表参道」と「Maison KOSÉ 銀座」にて原画を展示し、“異彩を放つ” アート作品を紹介している。

多彩な履歴と個性を持つ作家たちが力作出品:ハイブランドのアパレル用品もプロデュース

今回、作品を出品した作家は次の4名。

高田祐氏  

自然生クラブ(茨城県つくば市)在籍、東京都出身。守谷養護学校(現・伊奈特別支援学校)高等部に 在学中から、自然生クラブの太鼓ワークショップに参加 し、抜群のリズム感を披露していた。01 年より自然生クラブのメンバーとなり、農作業や絵画、ダンスなどの表現 活動に取り組み、ベルギーや香港、デンマークなど海外公 演にも参加。田楽舞いの太鼓で中心的役割を果たす。ダウン症という健康上の不安を抱えながら、豊かな感受性と想像力で表現の幅を広げ、13 年秋には、個展「色彩の迷路展」を開催している。

藤森理巌氏

茨城県土浦市出身。外ではほとんど言葉を話さない。初めてのことや、急な変更に対応することは難しいが、穏やかで優しい性格の持ち主。05 年より少しずつ自然生クラブの利用をはじめ、平日は田井ミュージアムのアトリエで絵画を制作していた。クレヨンをつぶしながら勢いよく描くその姿に、表現の根源的なありようが感じられる。絵のタッチは、彼の身体から溢れ出すエネルギーそのもの。19年12月に自然生クラブを「卒業」し、新たな生活をはじめている。

小川真広氏

アトリエ・ブルート(愛知県名古屋市)在籍、1992年生まれ。文字を何度も書き重ねる作品を多く制作。また、ペンで対象物を塗り潰す作品も制作している。特定の行動を繰り返すことによって生まれる作品群は、ときには威圧感さえ感じさせる。

主な略歴/15 年「ジャパンウィーク」(Aalto University フィンランド)、18年「Art Brut Biennale 2018 in Hengelo」(Hazemejier Hengelo オランダ)、「スターバックス× Get in touch まぜこぜアート」(スターバックス春日井東野店店内展示、愛知県所蔵)

Juri 氏 

希望の園(三重県松阪市)在籍、1985年生まれ、三重県伊勢市在住。姉の鉛筆やクレヨンを使い2歳から絵 を描き始める。小学校、中学校では美術の成績がいつも「3」で、美術の時間が一番苦痛だった。勉強に明け暮れた中学時代を経て、高校に入学したが、人間関係、運動、勉強すべてに行き詰まって高校1年の冬に不登校となり、統合失調症、対人恐怖症を発症。

何もできないなか、再び絵を描き始める。25歳で昆虫などを現在のスタイルで描くようになり、27歳からアトリエ・HUMAN・ELEMENT で制作を開始した。その後、NPO法人希望の園と作家契約し、13年から毎年、東京でのグループ展に参加するとともに、国内外の展覧会に出品している。

「HERALBONY(ヘラルボニー)」は、知的障がいがある両代表の兄、松田翔太氏が7歳のころに自由帳に記した謎の言葉で、「一見意味がないと思われるものを世のなかに新しい価値として創出したい」という意味が込められている。

障がいのある作家のアートデータを活用し、ハイブランドのアパレル用品(スカーフ・バック・ネクタイなど)をプロデュース。日本各地で展開するリアル店舗と越境 ECで販路を拡大している。また、全日本仮囲いアートミュージアム事業で提出したアート素材をアップサイクルするサステナブル商品も手がけている。

「Maison    KOSÉ」において異彩を放つ展開を強化作家の田口氏は入口も出口もある “迷路” がテーマ

内覧会では、まず、松﨑マネージャーが、「20年12月にオープンした『Maison KOSÉ 表参道』は、ギフトに注力し、オールコーセーのブランドのなかから “私らしい” ギフトを見つけてもらうため、対応を強化している。今回、ヘラルボニーとのコラボレーションにより、『Maison KOSÉ 表参道』のなかで異彩を放つ展開を強化していく」と述べた。

松田ヘラルボニー社長は、同社の事業展開などについて説明した。「全国の福祉施設で展開しているアート活動を通して作家とライセンス契約を締結し、2000点以上におよぶアートデータの著作権運用を軸に、ギフトボックスやアパレルブランド『ヘラルボニー』の販売や街づくりなどにも関わっている。今回、『Maison KOSÉ 表参道』でギフトボックスが人々の幸せを実現することをうれしく思っている。」

作家の高田氏は、「今回、出品したギフトボックスやメッセージカードなどの作品は、すべて入口も出口もある “迷路” をテーマに作成した」と創作の背景に触れた。

竹村店長によると、今回の企画では3つのポイントがある。

  • ギフトボックスの展開  4名のアーティストによる4 種のデザインのギフトボックスを紹介する。このボックスにコスメを入れてギフトに活用することなどが想定される。
  • ヘラルボニーの商品を展開   コースターやハンカチ、エコバッグなども販売している。                                   
  • 高田氏作の原画を展示しているほか、オリジナルデザ インによる店頭ラッピングなどを楽しむことができる。

このほか、「Maison KOSÉ 銀座」では、備え付けのネイルプリンターを使って、ヘラルボニーデザインのネイルも作成している。



シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメから美容室、業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

コスメやファッションといった美に関わる業界に興味のある、全ての人にお役立てられるメディア運営を心掛けています。どこよりも濃い情報発信を目指していますので、応援よろしくお願いします!