シオノギヘルスケア、ビタミンCブランド「シナール」から初のスキンケア商品が登場

美白美容液「シナールエクシア ホワイトメディカルエッセンス」2月17日発売

ヘルスケア価値の提供を通じて社会に貢献するシオノギヘルスケア株式会社(本社:大阪府大阪市、吉本悟代表取締役社長)は2022年2月17日よりシナールブランドの新たなラインアップとして、美白(※1)・抗炎症(※2)成分を配合した美白美容液「シナールエクシア ホワイトメディカルエッセンス」〔医薬部外品〕を全国の薬局・ドラッグストア等にて販売開始。

同社初のスキンケア製品となる。

開発の背景

同社が2021年4月に実施した「気になる顔の肌悩み」に関する調査によると、55%以上の人がシミで悩んでいることが分かった。

また、「新型コロナウイルス流行前と比べて悩み(シミ)に対する意識の変化」に関する調査では、新型コロナウイルス流行前と比べて41%の人がシミを意識するようになったことが明らかとなり、コロナ禍で素肌を見る機会が増えたとのコメントも寄せられた。

そのため、同社は、一般用医薬品ビタミンC剤のシナールブランドの知見を活かし、シミやそばかすを予防する美白美容液の開発を行った。「シナールエクシア ホワイトメディカルエッセンス」の発売により、シナールブランドで美容液とビタミンC剤を用いた内側・外側からのシミ対策ケアが可能となる。

「シナールエクシア ホワイトメディカルエッセンス」の特徴

1.W美白(※1)・W抗炎症(※2)の成分を配合

メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ美白成分「ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)」、「エラグ酸」と、抗炎症成分「トラネキサム酸」、「グリチルリチン酸ジカリウム」をそれぞれダブルで配合し、炎症を抑え、肌あれを防ぐ。

2.成分の浸透(※3)を促進する浸透技術「ナノキューブ」を採用

健康な皮膚は、角質細胞のすき間に「細胞間脂質」が水分を保ちながら整然と並ぶ、ラメラと呼ばれる構造をしている。「シナールエクシア ホワイトメディカルエッセンス」で採用している浸透技術「ナノキューブ」は、ラメラ構造にはたらきかけ、角質層までの成分の浸透力を高める。

3.バックレスチューブの採用で品質保持

逆止弁を内蔵したバックレスチューブが、吐出口から空気が入り込むのを防ぎ、内容物の酸化防止や汚染防止に役立つ。

※1:メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

※2:炎症を抑え、肌あれを防ぐ

※3:角質層まで

シナールエクシア ホワイトメディカルエッセンス〔医薬部外品〕

販売名:CNL薬用美容液W

容量:22g

希望小売価格:7,700円(税込)

発売日:2022年2月17日

販売エリア:全国の薬局・ドラッグストア等

シオノギヘルスケアのESG経営に関して

シオノギヘルスケア環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に配慮し、社会と共に成長するとしている。国連サミットによる国際目標「SDGs(持続可能な開発目標)」の中では、特に「3健康(すべての人に健康と福祉を)」「10不平等(人や国の不平等をなくそう)」の2項目に着目し、社会課題を解決するための様々な取り組みを進めている。

また、「シナールエクシア ホワイトメディカルエッセンス」ではパルプモールド(再生紙)製の個装箱内ケースを開発し、「13気候変動(気候変動に具体的な対策を)」「14海洋資源(海の豊かさを守ろう)」にも配慮した。

シオノギヘルスケア株式会社について

シオノギグループは創業以来140年以上にわたって、人々の健康に奉仕してきた。その中で、シオノギヘルスケアは、“常に人々の健康を守るために必要な、最もよいヘルスケア価値を提供する”という経営理念のもと、2016年1月に設立された。

多層的な事業/アライアンスなどによる付加価値でヘルスケア事業の競争力を高め、優れた製品・情報・サービスを通じて健康寿命延伸に貢献するとしている。

FASHION EDGE
美になる、ワクワクを。
「FASHION EDGE」は、美容や化粧品の新製品情報や使用感および業界ニュース、美容室情報などを、広くお届けするWEBメディアです。
弊社誌面「Beauty Business」「CATs」「TOKYO FASHION EDGE」および「PROFESSIONAL TOKYO」のご購読は、TOPページの「刊行物/Magazine」からお願いします。
シェアお願いします!