CATEGORY
「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメ&美容情報から業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

花王、アジアおよび日本企業で唯一、16年連続で「世界で最も倫理的な企業」に選定

  • URLをコピーしました!
World's Most Ethical Companies
Home 2022 JOIN US LIVE 2022 HONOREE GALA VIRTUAL EXPERIENCE APRIL 12, 2022 Keynote addresses by: Academy Award-winning actor Matthew McConaughey and six-time Emmy Award-...

花王は、米国のシンクタンク「Ethisphere Institute(エシスフィア・インスティテュート)」が発表した2022年の「World’s Most Ethical Companies®(世界で最も倫理的な企業)」に選定されました。

アップルやマイクロソフト、スターバックスといった「グローバルカンパニー」が名を連ねる中、日本企業の受賞(現地法人を除く)は、花王とソニーの2社に留まった2022年。その他、化粧品分野の企業では、仏ロレアル(13回受賞)およびブラジルのナチュラ・コスメティコス(12回受賞)が選定されました。

また、2007年の同賞創設以来、花王は16年連続での選定。これは、アジアおよび日本企業で唯一の記録となります。16年連続で受賞しているのは、全体でもアフラック、エコラボ、インターナショナルペーパー、ミリケンアンドカンパニー、ペプシコ、花王の6社のみ。花王以外は全て、米国籍企業となっています。

「世界で最も倫理的な企業」:透明性、誠実さ、倫理、コンプライアンスに関して高い評価を受けた企業を選定

「World’s Most Ethical Companies®(世界で最も倫理的な企業)」は、米国のシンクタンクである「Ethisphere Institute(エシスフィア・インスティテュート)」が毎年選定し、発表する賞。企業倫理や社会的責任を専門とする同シンクタンクの基準によって、透明性、誠実さ、倫理、コンプライアンスに関する優れた成果を挙げる世界の企業を表彰しています。

具体的な評価項目としては、

  1. 企業倫理と法令順守に関する取り組み
  2. 企業市民としての責任ある活動
  3. 倫理的企業風土
  4. コーポレートガバナンス
  5. リーダーシップ・イノベーション・社会からの評価

の5項目。これらを総合的に勘案し、優秀と認められた企業に付与されるもの。

花王:創業者の残した「正道を歩む」堅持をもとに、企業理念を刷新しつづける

「花王ウェイ」の基本モデル

花王の企業行動の原点は、創業者である故・長瀬富郎氏の残した「正道を歩む」というもの。花王は法と倫理に則り行動するだけでなく、誠実で健全な事業活動を行う基本的な精神を表すとしており、同社の企業理念となる「花王ウェイ」の中にも「基本的価値観」として盛り込まれています。

その一方、花王は2021年7月、「花王ウェイ」を刷新。同理念は2004年に制定され、企業文化と哲学を、内外へわかりやすく伝えるものとして機能と役割を果たしてきましたが、基本的価値観を堅持した上で「世情を鑑みた上で必要に応じた改革を行う」という企業姿勢に他なりません。

地球環境問題や感染症によるパンデミックがグローバル規模の社会課題となった現在、新たな「花王ウェイ」では、企業責任としてのESG視点や、ダイバーシティ&インクルージョンへの挑戦を明確に表明しています。

「豊かな共生社会の実現」へ臨機応変、ESG視点の導入とともに発展目指す

ESG戦略に注力する花王は、2019年4月には「Kirei Lifestyle Plan(キレイライフスタイルプラン)」を策定。また、2021年には中期経営計画「K25を打ち出し、「Sustainability as the only path」をヴィジョンに掲げています。

「K25」の目標のひとつである「持続的社会に欠かせない企業になる」へ向かって、刷新を重ねてブラッシュアップし続ける姿勢は、同社の製品コンセプトや企業としての取り組みにも表れています。

いずれにせよ、花王は売上規模だけではなく、社会に求められる“新たな企業姿勢”としても、名実ともに日本企業をリードする存在となっていることが、今回の受賞に繋がりました。

受賞に際し、長谷部佳宏(花王 代表取締役 社長執行役員)のコメント

「このたび、『世界で最も倫理的な企業』に16年連続で認められたことを光栄に思います。花王は『正道を歩む』を基本的な価値観としており、外部機関からのこのような評価をとても大切にしています。一方で、『正道を歩む』と同時に、現状に甘んじることなく進化しなければならないという危機感があり、2021年は企業理念『花王ウェイ』を刷新しました。行動原則に『果敢に挑む』を掲げ、今後さらに変化する社会においても、高い目標に向かって挑戦していくことを新たに決意しています。」

ティモシー・エルブリッチ(Ethisphere Institute 最高経営責任者)のコメント

「このたびの受賞をお祝い申し上げます。花王は『世界で最も倫理的な企業』の創設以来、毎年受賞しているアジアで唯一の企業です。この栄誉は、創業以来『正道を歩む』を基本となる価値観のひとつとして経営を進めてきた花王グループの企業姿勢を裏打ちするものです。花王グループがESG経営を推進し業界をリードすることを期待します」

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメから美容室、業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

コスメやファッションといった美に関わる業界に興味のある、全ての人にお役立てられるメディア運営を心掛けています。どこよりも濃い情報発信を目指していますので、応援よろしくお願いします!