CATEGORY
「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメ&美容情報から業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

花王、PFNと「仮想人体生成モデル」のプロトタイプを共同開発:モデルの実用化に向けた検証を実施へ

  • URLをコピーしました!

花王、PFNと「仮想人体生成モデル」のプロトタイプを共同開発。モデルの実用化に向けた検証を実施へ

花王株式会社Preferred Networks(以下PFN)は、「仮想人体生成モデル」のプロトタイプを共同開発したことを発表。今後、協業する複数の事業者とともに、このモデルの実用化に向けた検証を実施していくとのこと。さらに、花王PFNの協力のもと、このモデルをAPI(※)経由で提供する、新規デジタルプラットフォーム事業の開始に向けて準備を進めることを発表しています。

※:API(Application Programming Interface)は、ソフトウェアの機能を外部に向けて公開することにより、他のアプリケーションと連携できるようにする仕組み。

1600以上の身体項目の現出パターンを示す統計モデルは、一定の予測精度を保ち多種多様な項目の推定が可能に

「仮想人体生成モデル」とは、健康診断などで得られる身体に関する項目から、相関関係や統計を基に現在・これから起こり得る推論を導き出すもの。

具体的には、ライフスタイル(食事、運動、睡眠など)や性格傾向、嗜好性、ストレス状態、月経などの日常生活において関心の高い項目まで、幅広く多種多様な1600以上の項目を網羅的に備えています。

各項目のコンビネーションが、どのようなパターンで現れるのかを示すことが可能。

本モデルの画期的な部分として、一定の予測精度を保ったまま、今までにない多種多様な項目の推定が可能になった点が挙げられます。データセット間の質の違いや巨大な欠損部分の取り扱いが課題となるアプローチではあるものの、PFNが独自の試行錯誤を重ねた結果、一定の予測精度を確保することが可能になったとのこと。

「デジタル・ライフ・プラットフォーム」の構成機能:エンドユーザーに価値提案をする際などの活用を想定

人生100年時代と言われる中、自分らしい生活を長く送るためには身体的に健康であるだけでなく、生活全般の質も良好に保たれていることが重要。そのために、自分自身の身体や健康度、ライフスタイルや性格傾向、嗜好性なども併せてより精緻に把握し、今、対処すべきことを知って的確に対応する、「一人ひとりに合った最適なライフケア」が重要となります。しかし、個人でこれらすべての情報を網羅的にかつ精緻に把握するには、身体的・心理的・金銭的・時間的な負担が大きいうえ、適切なソリューションを導き出すことも非常に困難になります。

そこで、人の身体や心理、生活など、多岐にわたって長年研究し、数多くの研究資産を持つ花王と、深層学習などの最先端の計算科学技術を有するPFNが協業し、「仮想人体生成モデル」の構築を進めてきたという背景があります。このモデルは、花王中期経営計画「K25」で示す「デジタル・ライフ・プラットフォーム」を構成する重要な機能の一つと位置づけています。

本モデルは、花王がPFNの協力のもと、協業する事業者や研究機関などにAPI経由で研究資産を提供し、各事業者がエンドユーザーに対してさまざまな価値創造や提案をする際に活用することや、各研究機関が仮説構築の際に使うことなどを想定しています。なお、このモデルを使って推定する際に入出力したデータを両社が収集・蓄積し、二次利用することはなく、個人情報の入力は必要ないとしているプライバシーにも配慮されています。医療機器プログラムにおいても、疾病の診断や予防を目的としたものでもなく、健康の維持や増進のための行動変容につながるきっかけを提供することを想定しているとのこと。

内臓脂肪へのアプローチや仮定に基づくシナリオ検討など、23年初頭めどに新規デジタルプラットフォーム事業を開始

活用が想定される事例は以下の通り。

例1:内臓脂肪へのアプローチ

内臓脂肪量の測定には、通常、コンピュータ断層撮影(CT)検査が必要で、健康診断の結果など手元にあるデータから、内臓脂肪量を統計的に推定可能。さらに、内臓脂肪量以外のさまざまなデータと組み合わせることで、その人のライフスタイルや運動・食事習慣などに合わせた最適なソリューションの提案につなげることも期待できます。

例2:仮定に基づくシナリオ検討

仮定のデータを入力し、さまざまなシナリオを検討可能。たとえば、現在の状態から2kg体重が少ないと仮定すると、どの項目がどの程度異なるのかを推定可能なため、個々に適した健康目標の策定などに活用することなどが考えらます。

現在、このモデルのプロトタイプが完成し、協業する複数の事業者と活用について、2022年中の実用化を目標に検証を進めています。さらに、花王PFNの協力のもと、23年初頭を目標にこのモデルをAPI経由で提供する、新規デジタルプラットフォーム事業の開始を目指すとのこと。

将来的には、より多くの事業者と協業し、本モデルを活用したさまざまなライフケア・ソリューションの提供を支援する事業として成長させることで、「多くの人々が健康で充実した生活を送ることができるように貢献していく」としています。

丸山宏東京大学人工物工学研究センター特任教授/花王エグゼクティブ・フェロー/株式会社Preferred Networks PFNフェローのコメント

『仮想人体生成モデル』は、花王が持つ人の身体や生活に関する幅広い知見と、PFNが持つ深層学習や生成モデルの高度な技術を組み合わせたことで可能となった、さまざまな可能性を秘めた汎用の統計モデル。いくつかの活用例を提示したが、おもしろい使い方は、これから次々に出てくると思う。そのようなアイデアを持つ方々とのコラボレーションを楽しみにしている。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメから美容室、業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

コスメやファッションといった美に関わる業界に興味のある、全ての人にお役立てられるメディア運営を心掛けています。どこよりも濃い情報発信を目指していますので、応援よろしくお願いします!