CATEGORY
「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメ&美容情報から業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

【第9回】アジアビューティエキスポ(ABEX/2022):久々となる大型イベントを盛大に開催

  • URLをコピーしました!

4年に一度の美容業界の祭典「第 9 回アジアビューティエキスポ」(主催:全国美容用品商業協同組合連合会)が、5 月 30 日・31 日の 2 日間、パシフィコ横浜にて盛大に開催されました。

2018年に行われた第8回は、国内外から 4 万人を超える来場者となったものの、コロナ禍で時代が急変。リアルでの人と人との繋がりが難しくなった一方で、美容業界も急速にデジタル化が進みました。

そんな世の中の変化に対応すべく、今回はヘア ショーをオンラインで鑑賞できるなど、リアルとオンラインのハイブリッ トという新しい形での開催。今回のテーマは「HOW ARE YOU ?~ LONG TIME NO SEE YOU. ~(元気だった?)」。

会場では過去最多155社・ 502小間の美容商材の展示や、計63ステージのヘアショーを実施。

久々の再会を祝うかのように、会場への来場者数は2日間で30,138人を数え、目標の 25,000 人を大きく上回る結果となりました。

イベント当日のオンライン視聴も7,040view(二日間合計)にのぼり、イベント終了後、1カ月間にわたりアーカイブ配信も視聴できるようになっています。

公式サイト:https://www.asiabeautyexpo.jp

業界を牽引する美容師たちが圧巻のヘアショーで観客を魅了

リアルと多様性を追求するステージ会場では、3種類のステージが用意されました。

最新のヘアコレクションが行われる洗練された「BLUE STAGE」、大型ライブハウスをイメージしたエネルギッシュな「RED STAGE」、サテライトスタジオをイメージしたオープンな「GREEN STAGE」がそれぞれ用意され、美容業界を牽引する美容師たちによるヘアショーが、多くの観客を魅了していました。

その中 から、ファッションエッジ編集部が注目した、RED STAGEにて行われた3つのヘアショーを紹介します。

M.SLASH 下村幸弘氏/ RED STAGE

ギターとキーボードの生演奏とともに始まったM.SLASH下村氏のステージ。 「クリエイションに絶対的な自信がある」と語る下村幸弘氏と小山大輔氏の2名によるステージは、動画や5Gという今の時代の流れの中で美容師としてどういう表現ができるのかに挑戦。

「現代社会の流れの速さや進化において我々美容師に求められていることは、限られた時間の中で個性を大切にした完成度の高いデザインを表現できることだと考えます。つまり美容師としての本質はデザインであり、ステージもサロンワークの延長線上なんです。」と下村氏。

今回のステージでは、ロングのフルウエットのモデルを10 分の中で大胆にショートスタイルに変化。久々のリアルな大型イベントについて、下村氏は「オンラインでは味わうことのできなかった臨場感、緊張感があることは刺激的です。久しぶ りにリアルで開催された大きなイベントにおいて、美容師同士の交流や自分たちの表現したかったことをヘアショーを通して直接 メッセージできたことはすごく嬉しかったです。」と手応えを感じるステージを完成させていました。

ASCH 大林敬幸氏/ RED STAGE

今回のASCHのステージテーマは「リモートとリアル」大林敬幸氏のステージでは「コロナ禍以降セミナーやコンテスト等のイベントなどはリモートでの開催 が多くなりました。リアルでのコミュニケーションを主とする僕達美容師からすれば、やったことがない遠隔でのコミュニケーショ ンやその利便性に心を躍らせていました。しかし、この生活も2 年半が経ち、「リモートとリアル」それぞれの良悪を理解した私達 は両方を使ってより効果的に物事を進めることが出来るようにな りました。今回、私達はこの二つをうまく組み合わせてヘアショー を作っていきたいと思いました。」とのこと。

前半はサロンで行った仕込み風景動画を映像で流し、後半はステージ上でクリエイティブワークを展開。ボリュームのあるヘアを短時間で一気に作り上げました。

今回の出演に際し、大林氏は「やはり、リアルでのイベントは迫力があるなと思いました。音で空気が動 く感覚、光の使い方、施術者やモデルの細かい動き、観客の声。 画面上の平面で感じていたものとは比べ物にならない感動を感じ ることができました。私自身ここまで大きいイベントのステージ に立つことが初めてだったのでかなり緊張しましたが、リハーサルの際、音響で体が震えるのを感じ、ステージ上から観客で一杯 になった観覧スペースを想像すると、スイッチが切り替わった様に緊張が興奮に変わって本番が楽しみになっていました。」とステージを存分に楽しんだ様子。

TONI & GUY JAPAN 雑賀英敏氏/ RED STAGE

TONI&GUY JAPAN雑賀英敏氏は、コロナの影響で新しいものを生み出す気概を失い、現状維持が続いていた中で、少しずつみんなが一歩を踏み出す気分になってきた。特に、若い世代の人たちはこの失われた2年間の埋め合わせをするためにもABEXで刺激あるヘアショーを見て、「クリエイティブって楽しいんだ!」ということを知り、未来に備えて感性を磨く準備をしてほしい、という思いで臨んだとのこと。

「王道のトニーアンドガイ」「from catwalk to clients」「simplicity」というテーマで取り組んだステージ。人々が共感するのは、普遍的な美しさと見たことのない斬新さ。それらを入れないと誰も興味を持っ てはくれない。「ぶっ飛んでいるけど、なんかいいよね、気になるよね。」という、雑賀氏が目指すアバンギャルドを存分に表現したステージ。

今回のイベントを通じて雑賀氏は「久々に満席の客席を見て、観客の熱量がマックスでしたので武者振るいし、気合いが入りました。アジアビューティーエキスポを皮切りに美容業界も前向きに良い方向になると感じました。」と、コロナ禍を経た新しい美容業界に期待を寄せていました。



シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメから美容室、業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

コスメやファッションといった美に関わる業界に興味のある、全ての人にお役立てられるメディア運営を心掛けています。どこよりも濃い情報発信を目指していますので、応援よろしくお願いします!