【花王】ユニリーバと日用品のプラスチック容器包装の資源循環推進に向けて協業



東京都東大和市で、リサイクルによる新しいボトル容器を製造

花王ユニリーバ・ジャパンは、日用品のプラスチック容器包装の資源循環の推進に向けて協業する。その一環として、6月1日より、東京都東大和市において「みんなでボトルリサイクルプロジェクト」をスタートし、日用品の使用済み容器を回収し、ボトル容器からボトル容器へのリサイクルを目指す。既報のように、花王はすでにライオンとの取り組みで、内閣府が新たな物流基盤の構築に向けて推進している、戦略的イノベーション創造プログラム「スマート物流サービス」に参加。サプライチェーン全体の最適化を目指して両社拠点間の往復輸送を開始するなど、暮らしやすい生活環境づくりに向けた持続可能な各種施策において、同業大手との取り組みを積極的に推進している。

販売量を超える容器の回収・再生を支援するユニリーバ&リデュース・リサイクルでプラ循環社会実現目指す花王

ユニリーバは、成長戦略「ユニリーバ・コンパス」の下、25年までに全世界で非再生プラスチックの使用量を半減するとともに、販売量よりも多くの容器の回収・再生を支援することを目指している。日本でも、19年下期から「ラックス」「ダヴ」「クリア」などの容器に再生プラスチックを採用。さらに、20年11月には「UMILE(ユーマイル)プログラム」をはじめ、小売店頭で使用済み容器を回収し、エコグッズなどに再生加工して消費者に届けるプログラムを進めている。

花王は、製品ライフサイクル全体を通じた環境負荷低減に取り組み、19年4月にESG戦略「Kirei Lifestyle Plan(キレイライフスタイルプラン)」を策定した。プラスチックごみ問題に対しては、リデュース、リプレイス、リユース、リサイクルという4Rの観点で包装容器に使用されるプラスチック資源の削減に努めている。19年9月には、「リデュースイノベーション」「リサイクルイノベーション」で、プラスチック循環社会の実現を目指すことを発表している。

このように、両社は、消費者、小売業、リサイクル業、自治体をはじめ多くの関係者の支援の下、プラスチックの資源循環を推進してきた。しかし、日本の日用品においては、メーカーによって使用しているプラスチック素材が異なることや、使用済み容器を素材別に分別回収する仕組みがないこと、プラスチックの品質劣化を防ぎながらリサイクルする技術が確立されていないことなどから、多くの容器が再び容器へとリサイクルされていない。

東京東大和市と容器の回収・再生プログラム【新ソリューションとして日本から世界へ発信】

そこで、両社は、日用品のボトル容器をボトル容器にリサイクルする水平リサイクルの仕組みの構築に、企業の枠を超えて取り組む。

その一環として、資源回収の取り組みで知られ、ユニリーバ・ジャパンとの連携協定を締結している東京都東大和市の協力の下、使用済み容器の回収・再生プログラム「みんなでボトルリサイクルプロジェクト」を実施。プログラムを通して、消費者が参加しやすく、商業的にも持続可能な使用済み容器の分別回収の仕組みの検討とリサイクル技術の検証を進めるとともに、得られた知見を基に企業・業界の枠を超えて共通利用が可能な日用品の容器のガイドラインの策定に貢献していく。

 また、プログラムに関して、CLOMA(クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス)において積極的に発信し、呼びかけることで多様なステークホルダーの理解と協力を得ながら、社会全体の取り組みとして進めていく。さらには、資源循環社会の実現につながる新たなソリューションとして、日本から世界へ発信していくことを目指す。

FASHION EDGE
美になる、ワクワクを。
「FASHION EDGE」は、美容や化粧品の新製品情報や使用感および業界ニュース、美容室情報などを、広くお届けするWEBメディアです。
弊社誌面「Beauty Business」「CATs」「TOKYO FASHION EDGE」および「PROFESSIONAL TOKYO」のご購読は、TOPページの「刊行物/Magazine」からお願いします。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!