ファンケルから、無添加のシワ改善美容液「サインズエフェクター<医薬部外品>」が登場



弾力の要に集中アプローチ

株式会社ファンケルは12月16日から、弾力の要に集中アプローチしてシワを改善する無添加の美容液「サインズエフェクター<医薬部外品>」(18g、7480円=税込)を通信販売と直営店舗で新たに発売する。

同製品は、気になる肌のシワを改善し、ハリや弾力に満ちた肌に導く美容液。同社は創業以来、「無添加アンチストレス研究」と「肌本来の機能を高める研究」を行っており、その成果を集大成させた先行型エイジングケア(年齢に応じたケア)美容液「コアエフェクター」は、昨年発売来、高機能と確かな効果実感で多くの顧客から好評を得ている。

それらで培った研究技術を、今回は独自のシワ改善ケアという視点に生かし、「コアエフェクター」に続く高機能シリーズの第二弾となる製品だ。

※ファンケルの「無添加化粧品」は、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使っていない

「サインズエフェクター<医薬部外品>」 は真皮に働きかけ、コラーゲン産生を促進するシワ改善有効成分「ナイアシンアミド」を配合。気になる部分に、深く働きかける無添加のシワ改善美容液。メイン成分として「サインズコンプレックス」(ホエイエキス/酵母エキス)を配合し、肌を支える弾力の要に集中アプローチする。肌の弾力を高めながら維持し、押し返すようなハリや弾力に満ちた肌に整える。

また、サポート成分の「フィトポリアミン」と「低分子ヒアルロン酸」で、肌のコア(角層の深部)に働きかけ、弾力を生み出す力をサポートする。また、「密着ハリ処方」で、気になる部分にしっかりと肌に密着させ、うるおいとハリが実感できる使用感となっている。お手入れの最後に使うことで、濃厚なコクのある美容液が気になる部分にとどまり、目もとや口もとなどのシワ悩みに効果を発揮する。

容器の一部には、これまで廃棄されていた“サトウキビの搾りかす”から作られた植物由来プラスチックを採用し、石油由来プラスチック量を12.6%削減している。

開発背景

シワ訴求化粧品市場は、2017年に医薬部外品の「シワ改善美容液」が登場してから、大幅に成長した。さらに年々新製品が発売され、今後も拡大が見込まれている期待の市場だ。またシワは、加齢とともに増加する肌の悩みであり、同社調べで小ジワは30代後半から、本格的なシワは40代から顕在化する傾向が見られた。

シワについては、各社でさまざまな研究がされており、同社でも長年の研究を行っている。その成果から、シワの深さについては40歳前後から個人差が広がること、そしてその要因は、肌の弾力の要にあることが分かっている。そこで、肌本来の機能を高める研究から得られた最新の知見を生かし、独自のアプローチを確立させた美容液を開発した。

シワ部位のエラスチンの「質」低下を発見、新たなシワやたるみ対策に応用

同社は、シワやたるみのメカニズムの解明の一つとして、加齢によりエラスチンの「量」が減少するだけでなく、形などの「質」が変化することにまで着目して研究を行っている。肌内部にあるエラスチン線維は、肉眼で見ることのできないため、肌を傷つけずに直接観察をして加齢によりどのような変化をするかという検証は非常に難しかったが、フェムト秒レーザー(※)搭載の最新機器技術を導入して肌を傷つけることなく、肌内部のエラスチン線維の状態を可視化の観察に成功。その結果、年齢によるエラスチン線維の質を表す形状の違いや肌表面のシワとの関係に関する知見を得ることができた。

この新たな技術により、今後さまざまな年代におけるエラスチン線維の解析を行うことで、それぞれの状態に最適なスキンケアアプローチが提案できるようになることが期待される。また、スキンケアによる肌変化の一つの指標として、エラスチン線維の変化を捉えることが可能となる。今後も加齢による線維構造の変化の要因に関する研究を進め、次世代のアンチエイジング化粧品の研究開発を進めていくとしている。

※:フェムト(1×10-15)秒という超短いパルス幅を持つパルスレーザー(超短パルスレーザー)。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!