【資生堂】エリクシール クリアホットクレンジングジェル AD:「つや玉」温感メイク落とし発売



14 年連続売上 No.1のエイジングケアブランドがさらに商品を強化

資生堂は、14 年連続売上 No.1のエイジングケアブランド「エリクシール」から、9月21日に温感メイク落とし「エリクシール クリアホットクレンジングジェル AD」を発売した。販売チャネルは、ドラッグストアやGMS、化粧品専門店など約2万店。資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」などのECサイトでも販売している。

同時に、TVCM「エリクシール 温感メイク落とし・すっきり篇』(15秒)の全国放映をスタートした。新CMでは、同ブランドのミューズを務める女優の石田ゆり子を起用している。

資生堂 エリクシール クリアホットクレンジングジェル AD
created by Rinker

毎日のスキンケアで「つや玉」輝く肌を実現、エイジングケア3シリーズでNo.1ブランドに

「エリクシール」は、1983年に誕生したエイジングケアブランド。日本はもとより、中国などアジアを中心に海外でも展開しているが、日本国内ではスキンケア市場で14 年連続売上 No.1となっている。「エリクシール」は、頬の高い位置に光る、みずみずしいつやの「つや玉」を、すこやかに満ち足りている美しい肌のしるしとしている。毎日のスキンケアでハリや透明感、うるおいを満たし、内側から輝くような「つや玉」をつくることは、肌のコンディションのよさを鏡で見てすぐに実感できる簡単な指標となる。

商品体系としては、従来の「エイジングケアシリーズ」に加え、17年には、若い世代が将来直面するエイジングケアに備えた「ファースト エイジングケアシリーズ」を、19年には、年齢とともに悩みが増えている層に向けた「アドバンスド エイジングケアシリーズ」をそれぞれ導入。これにより、No.1エイジングケアブランドとして、あらゆる世代にその時々の肌悩みと向き合いながら、共通したベネフィットである「つや玉が輝く肌」へ導くエイジングケアブランドとして進化してきた。 

うるおいを守りながら不要な角層まで取り去る、メイク落としの時間を疲れ落とす特別な時間に

「アドバンスド エイジングケアシリーズ」から発売した今回の温感メイク落としは、メイクとともにくすみやごわつきのもとまですっきりと落とし、「つや玉」として輝く肌に導く。発売に当たり、最近のお客ニーズの変化と、年齢による肌の変化に着目した。

ニーズの変化では、コロナ禍で洗って落とすものへの関心が高まり、洗顔・メイク落とし市場では、付加価値の高い中価格帯市場が伸びている。コスパよくメイクを落とすことに加え、もっと肌によいものにこだわりたいという意識の高まりが背景にある。

肌の変化という視点では、年齢を重ねることで若い頃より肌表面のターンオーバー遅くなるため、角層が厚くなりがちで、くすみやごわつきの原因となっていることに着目した。

メイクを落としながら、くすみやごわつきのもとまですっきり落として「つや玉」が輝く肌に導く

リフィルも発売している

特徴としては、ジェルタイプで、肌に乗せるとじんわり熱くなり、肌本来のうるおいを守りながら、メイクの汚れとともに、不要な角層まで取り去る。また、蒸しタオルを載せているような心地よさや、リラックス感のあるこだわりのハーバルグリーンアロマの香りでメイクを落とす時間を、一日の疲れを落とすスペシャルな時間に変える。

「エリクシール クリアホットクレンジングジェルAD」

(180mL・参考小売価格1800円、税込1980円=以下同、レフィル1350円、1,485円

くすみ・ごわつきのもとまで落として「つや玉」輝く肌へ導く温感メイク落とし。

ホットジェルが、肌本来のうるおいを守りながら、メイク汚れとともに、くすみやごわつきの元となる不要な角層まで、やさしい使い心地で取り去る。メイク落としの時間がスペシャルな時間に変わるような、リラックス感のあるハーバルグリーンアロマの香り。W洗顔が不要。

資生堂 エリクシール クリアホットクレンジングジェル AD
created by Rinker
FASHION EDGE
美になる、ワクワクを。
「FASHION EDGE」は、美容や化粧品の新製品情報や使用感および業界ニュース、美容室情報などを、広くお届けするWEBメディアです。
弊社誌面「Beauty Business」「CATs」「TOKYO FASHION EDGE」および「PROFESSIONAL TOKYO」のご購読は、TOPページの「刊行物/Magazine」からお願いします。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!