【学生限定】美容フォトコンテスト【STUDENT CUP 2021】開催中!応募はこちらから!

【井上咲楽さん】KATE「小顔シルエットマスク 第2弾」発売イベント



カネボウ化粧品のブランドKATE「小顔シルエットマスク 第2段」の発売イベントを開催。 4月24日(土)の発売に先んじて、オフィシャルメディア向けに製品情報が発表された。「MASKもMAKE。」このキャッチフレーズと共に昨年12月に発売され、瞬く間にSNS等で拡散され話題となった小顔シルエットマスク。第二弾となる今回は、「中顔面」がキーワードとなりアップデートされた。

イベントにはインフルエンサー&タレントとして、マルチに活躍している井上咲楽さんが登場。井上咲楽さん自身も「(トレードマークであった眉を整え)イメチェンしたことで、よりメイクを気にするようになった」とのこと。イベントではカネボウ化粧品美容研究所のメイクアップアーティスト、今原まゆみさんがKATEの「小顔リメイクアイシャドウ」によるメイクを実演し、「小顔シルエットマスク 第2段」とのトータルファッションを提案。

また、今回の実演は「中顔面」(眉の下~鼻先までのエリア)の距離を短くする視覚効果によって、「マスクを付けても取っても小顔」という視点からの提案。特に、初心者にも実践しやすい内容というのがキーポイントとなっており、今原さんの分かりやすい説明が新生活に際して「イメチェン」へと踏み出そうとする人を勇気づける内容となっていた。

本日は、発売イベントの実際の様子を、ファッションエッジ編集部がレポート。 

目次

カネボウ KATE「小顔シルエットマスク 第2弾」発売イベント【ポイント&第1弾との違い】

・サイド&上部のドットデザインによって「中顔面」を狭く見せる視覚効果→更に小顔に
・基本4色+WEB限定5色の9色展開→スキンカラー発想から導いた肌映えカラーで「ブルべ」「イエベ」はもちろん、その日のイメージやコーデにも幅広く対応
・小顔リメイクアイシャドウ「パーツリサイズシャドウ」と併用で、「マスクを付けても取っても小顔」へ

イベントはまず、新発売の小顔シルエットマスク第2弾」にフォーカス。製品のポイントや第1弾との違いについて、カネボウの広報担当者が解説。

サイド&上部のドットデザイン

KATE 公式HPより引用

第1弾との違いとして挙げられたのが、まずサイドのフェイスラインおよび上部のドットデザイン視覚効果によって中顔面(眉の下~鼻先まで)の距離を短く見せ、小顔効果を狙うというもの。第1弾もサイドのフェイスライン部分にストライプが配されていたが、第二段では更にマスクの上部周辺にもドットをあしらったことで、より顔が立体的に。

その結果、マスク着用時に「小さい顔」を相手に感じさせることができる。上記の比較画像の通り、通常の不織布やウレタンマスクと比べるとフェイスラインのシャープさが際立つ。ドットの視覚効果と相まって、スッキリした印象を与えた。

第1弾同様の基本4色+WEB限定5色の9色展開!

KATE 公式HPより引用

また、第1弾の基本4色(ブラック/ピンク/ライトベージュ/ラベンダー)に加え、第2弾ではWEB限定5色(ダスティーピンク/ハイライトアイボリー/シェードブラウン/クールネイビー/ブラックE)も追加。それぞれが鮮やかでカラフルというよりも、あくまで自然に肌になじむカラー展開であることがポイント。デザインだけでなく、多色展開によって「MASKもMAKE。」ひいてはファッションの一部とする姿勢を感じさせる。

「パーツリサイズシャドウ」と併用で「マスクを付けても取っても小顔」へ

KATE 公式HPより引用

また、KATEは昨冬にローンチした「小顔リメイクアイシャドウ」である「パーツリサイズシャドウ」を紹介。こちらも上下瞼を強調することで視覚効果としての中顔面の短縮を実現、結果として小顔を感じられるというもの。小顔リメイクアイシャドウとマスクの併用で、「マスクをつけても外しても小顔印象」という“新しい”トータルコーディネートを提案。

井上咲楽さん登場!小顔シルエットマスク&メイクの感想

(ミニマルでシャープなワンピースを纏って登場した井上咲楽さん)

「メイクを楽しむようになって、自分で自分を楽しめるようになった」

そして、イベントの主役である井上咲楽さんが登場。ご本人もインスタグラマーとして、インスタライブを行いつつのトークセッションが始まった。眉をイメージチェンジしたことで話題の井上さんは、「美容系の新しい仕事がどっと増えた」「美容に関わって、普段のメイクの意識も変わった」「このお話をいただいたとき、ビックリして“五度聞き”した」と語る。

また、「(眉が太かったころは)目に色を入れられなかった。なるべく薄くナチュラルにしていたが、顔の強調されるパーツが減ったので、自分の顔をパレットにしてメイクを楽しむようになった」とのこと。「メイクを楽しむようになって、(人と比べるのでなく)自分で自分を楽しめるようになりました」と前向きになったそうだ。

第一弾の発売時、SNSでも“大バズ”っていたKATE小顔シルエットマスクについては、「前々から気になっていた。前回は残念ながら手に入らなかったので、新発売を楽しみにしていた」とのこと。実際に並べられると「どれも絶妙で可愛い!」と興味津々。中でもラベンダーは「大人っぽく、チャレンジしてみたい」と好印象だった。

「こんなにマスクを外したくない、付けたいと思ったことは初めて」

セッションは、いよいよ「小顔シルエットマスク 第2段」および「パーツリサイズシャドウ」による実演に入る。カネボウ化粧品の今原まゆみさんが実演を担当し、まずは当日のクールでスタイリッシュな服装に合わせ「小顔シルエットマスク」のブラック(基本色)に「パーツリサイズシャドウ」レッドの1番(RD-1)をチョイス。

「パーツリサイズシャドウ」は初心者にも使いやすい構成となっており、上から順番に重ねていくだけで立体感ある下瞼を実現。透け感のあるチップなので付け過ぎ感が少なく、色付きラメをどこまで入れて良いか分からない初心者にも、導入しやすくなっているとのこと。今原さんは「アイシャドウをチップの幅で入れることがポイントで、目じりに合わせてスッと入れることができ、失敗がない」と語った。

仕上げとしてアイシャドウを下瞼まで少し入れることで、自然で大人っぽい瞼が浮かび上がった。井上さんも「中顔面が短くなり、顔の重心にパーツがキュっと集まった!」と驚いていた。その後、マスクを着用すると「フェイスラインをスッキリ見せて、しかも唇部分がマスクにあまり当たらない。呼吸をしてもマスクが『カパカパ』せず、呼吸もしやすい!」と感動していた様子。

続いて、ピンク「小顔シルエットマスク 第2弾」に合わせ「パーツリサイズシャドウ」ピンクの1番(PK-1)を使用。アイメイクを「肌馴染みの良い春らしいピンク色に変えるだけで、ガラッと印象が変わる」ということで、遊びごころを求めるニーズにも対応。 

色ラメの使い方が分からない人へのアドバイスとしては、今原さん曰く「黒目の目尻側1/3へ広く入れるのがポイント。締めの色を細いチップで目じりのラインを描くだけで、簡単に目を大きくはっきりと見せられる」とのこと。

アイシャドウを施し、マスクを付けると井上さんは「名前が“咲楽”なので、桜色に一層親近感が沸く。華やかな顔になってメイクみたいに色を足している感覚」と語った。また、ピンク1番のパーツリサイズシャドウはそのままに、井上さんが気になっていたラベンダーカラーも装着。すると、「マスクの色が変わっただけで、“お姉さんになりました感”ある!大人になった気分!」と喜んでいた。

 

実際にアイメイクを施され、マスクを着用した井上さんは「こんなにマスクを外したくない、付けたいと思ったことは初めて」と語った。今は「付けなきゃいけない」というマスクにファッション性を取り入れる。まさに「MASKもMAKE。」であり、そしてファッションの一部となったことを感じさせた。

また、メイクで新しい挑戦する人へ対しても「SNSのDMでも、“イメチェンしたい”とメッセージをいただく。また、変わろうとしてみても『変われなかったらどうしよう』という気持ちも凄くよく分かる。自分自身、『自分なんか』という気持ちが強くストッパーになっていたが、踏み出す勇気が必要」と語った。

加えて、「SNSは人と比べてしまい、“羨ましいな”という気持ちも強くなる。そんな時代だからこそ、いろんなメイクやイメチェンに取り組むことで、いい意味で自分を狭く見れる、自分で自分を楽しめる」ことが重要ではないかと、自身の経験談に基づいて話した。「私もマスクを付ける機会、外す機会、どんなときもキレイでいたい。『小顔シルエットマスク 第2段』は、付けても外しても小顔でいられることに感動した。これからは寝る前に(翌日の)服を決めるのと同時にマスクも決めたい」と抱負を述べていた。

 

まとめ:KATE 小顔シルエットマスク&メイクのポイント!

・中顔面を短く見せる
・下瞼に自然な発色&透け感ある色を入れる
・勇気をもって下瞼の目じり1/3にアイシャドウを幅広く入れる

「マスクを楽しむ。」この感覚は、私たちのほとんどがコロナ禍前では身に着けていなかった感覚ではないだろうか。多くの人にとって、風邪や花粉症といった一時的な機会のみ身に着けていたマスクだが、コロナ禍で私たちは一年以上もの間、マスクを当たり前のように着用し、外を歩くようになった。マスクを付ける時間が劇的に長くなり、「マスクを付けいている自分」も社会に生きる自分の立派な一部となりつつある。

「小顔シルエットマスク 第2弾」は、小顔の“新生活“を送りたい!という人にとって、望まずして付けてきたマスクに対し、少しでも楽しく。そして、新たなファッションの一部として、「未来」を感じさせるイベントとなった。

「小顔シルエットマスク 第2段」は、424日(土)発売。全9色、5色がWEB限定カラーで、それぞれ1パックに2枚入り、レギュラーサイズのみ。20日頃から順次店頭に並ぶ予定、ドラックストア、化粧品専門店、オンラインストアなどで取り扱い予定とのこと。

 



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!
目次
閉じる