CATEGORY
「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメ&美容情報から業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

敏感肌とは?肌が弱い人の症状から対策&改善方法、おすすめスキンケアの選び方!

  • URLをコピーしました!

こんにちは!ファッションエッジ編集部です。

肌質の悩みで特に改善が難しいのが「自分は敏感肌で肌が荒れやすい」というもの。

名前の通り、敏感で刺激に弱そうなイメージがあると思いますが、一体この敏感肌とは、どのような状態なのでしょうか?

ということで本日は、改めて敏感肌とはどんな肌質かをお話しした後、原因と対策、敏感肌に合いやすい特徴を持ったスキンケアアイテムをご紹介します。

敏感肌でお困りの方も、余計に肌が突っ張る季節に備えた対策をしたい方も、ぜひお読みくださいね!

目次

【そもそも】敏感肌とはどんな状態&症状?原因は?

敏感肌の状態&症状とは

敏感肌の状態は、体に細菌などの異物が入らないようにしたり、水分のバランスをつかさどる肌のバリア機能が低下した状態。

紫外線や摩擦、添加物などの外部からの刺激に弱くなり、肌が炎症を起こしやすい状態の肌です。

具体的には、肌がカサカサと乾燥しかゆくなったり、肌がかぶれ赤くなることがあったり、紫外線に弱く湿疹が出るなど

しかも、スキンケアやコスメアイテムが肌に合わないということも起こりやすくなります

一旦、敏感肌の状態になってしまうと、今までのスキンケア用品によって負のスパイラルに陥ることも。極端にメイクやスキンケアの選択肢が狭まるのも敏感肌状態の悲しい現実です。

改善するためには、敏感肌さんに適したスキンケアアイテムを選び、正しい生活習慣を送るなどが必要。だからこそ、ちゃんとした知識と対策を得て、一歩ずつ着実に改善していきましょう。

敏感肌の原因は様々な“変化”

敏感肌はバリア機能の低下が原因ですが、バリア機能を低下させる根本的な要因というものがあります。それは気温や湿度が大きく変わる季節の変化や、生活習慣の変化、ストレス、食生活の乱れ、花粉・ホコリ、紫外線など。

何となく「肌がまずいかも!」と思う際、背景にはこういった原因が隠れています。自分ではそのつもりがなくとも、肌は変化の影響を受けやすいからこそ、いつの間にか敏感肌状態になってしまったりします。

確かに、敏感肌へのなり易さは個人差がありますが、そういった変化が起こった際にはケアの重点化や原因を避けるような対処をすることで、敏感肌と上手く付き合えますよ。

敏感肌を改善させるには

敏感肌を改善させるには、敏感肌に合ったスキンケアアイテムや方法を取り入れたり、バランスの良い食生活や十分な睡眠をとること、規則正しい生活習慣を過ごすことなどでバリア機能を復活させること。

また、自分で出来る改善方法を試すのはもちろんですが、どうしても治らない!という場合は、無理せず皮膚科専門医に診察してもらうことも検討してください。

敏感肌の種類を解説!NG習慣とやるべきこと!

敏感肌状態といっても、それぞれ元々の肌質の違いで必要なケア方法が異なります。敏感肌にはどのような種類があるのか、見ていきましょう。

乾燥肌の人の敏感肌状態

乾燥肌で敏感肌の人は、水分も油分も足りない乾燥した状態の肌なので、保湿重視でスキンケアアイテムを選びましょう。

ちょっとした刺激にも弱くすぐに肌トラブルを起こしかねない状態なので、ごしごし肌をこすったり、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料は避け、肌に優しいスキンケアアイテムを使いましょう。

脂性肌の人の敏感肌状態

脂性肌で敏感肌の人は皮脂分泌が多く、肌のテカリやべたつき、ニキビの悩みが多い状態。

一見オイリーなので乾燥していないように見えますが、実際は肌が乾燥しているがために肌が皮脂分泌を過剰に促してしまい、結果的に敏感肌でオイリーな肌になってしまっているのです。

とにかく過剰に皮脂を摂りすぎるのがNG。食生活も重要ですが、過剰に洗顔回数を増やしたりスキンケアを怠るのだけは避け、きちんと肌を保湿して水分と油分のバランスを保ちましょう

普通肌で敏感肌

普通肌は水分と油分のバランスがとれている肌ですが、ストレスやホルモンバランスの乱れなどの原因で敏感肌になる人も。

普通肌で敏感肌の人は、敏感肌用のスキンケア用品に変えてみたり、食生活や生活習慣を見直しましょう。

混合肌で敏感肌

混合肌は、部分によって乾燥している部分と脂っぽい部分が混合している肌。

混合肌で敏感肌の人は、乾燥している部分にはしっかりと保湿することが大切です。混合肌だからと言ってスキンケアを省いたりせず、全体的に油分と水分をバランスよく補いましょう。しっかりと乾燥とオイリー箇所を見極めることも大切ですね。

敏感肌のスキンケア選びで大切なこと!保湿を選ぶコツ&避けるべき成分!

敏感肌の人はスキンケア選びに苦戦するという声も多く聞きます。スキンケア選びで大切なこととはどのようなことなのでしょうか。

肌に優しく、極力無添加なアイテム

スキンケアアイテムには品質を維持するため、保存料などが入っているものも多くあります。しかし、(全てという訳ではありませんが)保存料によっては肌に刺激を与えてしまい、敏感肌の人にとっては肌トラブルの原因にもなります。

なので、香料や防腐剤、アルコール、界面活性剤、着色料といった保存料が入っていないスキンケアアイテムを使いましょう。

自分好みのパッケージやテクスチャーのもの

スキンケアアイテムは毎日使うものなので、自分好みのパッケージやテクスチャーのものを選びましょう。

また、容器の形状なども地味に重要。そうでないとストレスに感じてしまったり、使わなくなってしまうこともあるかもしれません。

見た目に関しては気分の問題もありますが、毎日寄り添ってくれるアイテムなら妥協はしたくないところ。実際には、敏感肌関係なくスキンケア用品は好みも重要ですが、敏感肌さんは特に頼ることになるので重要。

惜しみなく適量を使えるくらいの価格帯であること

スキンケアアイテムは多くの場合、長く使うものですよね。よって、ご自身の生活の負担にならない価格帯で、コスパの高いものをケチらずに使うことが大事。もちろん、適量の範囲内でですよ。

こちらも敏感肌以外にも言えることではありますが、特に敏感肌さんはケアを怠ることが許されない状態。折角の成分も適量を使えなければ効果も半減です。自分の肌に合っていて、尚且つ、長く使いやすいアイテムを選びましょう

種類別、敏感肌におすすめのスキンケア用品をご紹介!【クレンジング編】

敏感肌のクレンジング:肌に負担の少ないタイプを

クレンジングにも様々なタイプがありますが、敏感肌さんのクレンジングは、刺激が強く肌に負担となるようなものはオススメできません。

肌に負担が少ないミルクタイプやジェルタイプ、クリームタイプのクレンジング剤を使い、優しく肌に馴染ませて、ぬるま湯でメイクを落としましょう。

一方、オイルタイプは洗浄力が強いものが多いので、敏感肌の人が使う際には注意が必要。また、グリセリンやスクワラン、BGといった保湿成分の入ったものであると、クレンジング後の肌を保湿する役割もあるので安心です

また、アイシャドウやマスカラ、リップなど落ちにくいメイクはポイントリムーバーを使い、肌を刺激しないように優しくメイクオフしましょう

カウブランド 無添加 メイク落としミルク

カウブランド無添加 公式HPより引用

まずは、無添加処方で有名な カウブランド メイク落としミルク。その名の通りミルクタイプのクレンジングで、保湿成分としてセラミド配合でクレンジング後もしっとりと潤いを保ちます。

またアミノ酸洗浄成分で肌に優しくクレンジングし、着色料・香料・防腐剤・鉱物油・アルコールなど6つのフリーで肌に優しい処方です。

カウブランド 無添加 メイク落としミルク
created by Rinker

ORBIS(オルビス)オフクリーム

ORBIS 公式HPより引用

オルビス オフクリームは、ヒアルロン酸Naとセラミドネットワーク成分で肌を潤しながら、クレンジングできるクリーム。

テクスチャーはクリームですが、肌に馴染ませていくとオイルっぽくなるのも新感覚で使いやすいです。メイクや汚れをしっかりとオフしつつ保湿できるクレンジングクリームです。

また、無添加で有名なオルビス製品ということで、特に信頼性が高いと思います。アレルギーテスト済み、ノンコメドジェニックテスト済※の敏感肌さん定番のスキンケアシリーズで、その他のアイテムも要注目。

※全ての方にアレルギーやコメド=ニキビができないという訳ではありません

使い続けたい100%!大人気クレンジングクリーム

 

ちなみに、オルビスはWEBで肌悩みを簡単にスキンチェックするサービスを展開しており、チェック後に無料会員登録をすることで悩みにあったサンプル品を送付してくれます

ご自身の肌質を調べるのにもとても良いサービスですので、ぜひ下記のバナーから試してみてください。

オルビス スキンケアチェックはこちらから!

 

dプログラム エッセンスイン クレンジングオイル

watashi+公式HPより引用

続いては、資生堂のdプログラム エッセンスイン クレンジングオイル

敏感肌用のクレンジングオイルで、濃いメイクや落ちにくいマスカラなどもすっきりとオフしてくれます。テクスチャーはさらさらとしたオイル上で、肌にのせるとスルスルとメイクとなじんでくれます。

アルコールやパラベン不使用で肌に優しい処方なのも◎。 また、7日間のバランスケアセットもお得になっているので、気になる方はぜひお試しください。

資生堂 dプログラム エッセンスイン クレンジングオイル
created by Rinker
資生堂 dプログラム バランスケア セット MB
created by Rinker

 

種類別、敏感肌におすすめのスキンケア用品をご紹介!【洗顔料編】

敏感肌の洗顔料:とにかく刺激しないように

洗浄力が強すぎると肌に必要な皮脂までをも洗い流してしまうので、アミノ酸系や脂肪酸石鹸のような汚れはすっきりと落とすけれども、肌のうるおいは残すような洗顔料を選びましょう。

また、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が入っているものであると、保湿という面でも突っ張る感じを抑えてくれます。

クレンジング同様、防腐剤やアルコールといった肌に刺激となるようなものが含まれていない肌に優しいものがおすすめ。

洗顔料は低刺激のものを選び、よく泡立てて、手で摩擦せずに優しく洗いましょう。そして、洗顔料が残らないようにぬるま湯でしっかりと落とします。

なめらか本舗 豆乳イソフラボン薬用純白泡洗顔

マツモトキヨシ 公式HPより引用

なめらか本舗 豆乳イソフラボン薬用純白泡洗顔はドラッグストアで購入できる、入手性の高い洗顔料。

肌荒れを防ぐ、グリチルリチン酸ジカリウムが入ったアミノ酸系の洗顔料です。国産大豆雪ピリカを使用した肌に優しい洗顔料の上、プッシュ式のボトルなので泡を作る手間がいらないのも楽ちんで◎。

なめらか本舗 豆乳イソフラボン薬用純白泡洗顔
created by Rinker

Arouge(アルージェ)モイスチャーフォーム

全薬工業株式会社 公式HPより引用

続いては、 全薬工業のアルージェ モイスチャーフォーム。少しお値段を出しても良いなぁという方にはこちらがオススメ。

抗炎症成分としてグリチルリチン酸、保湿成分としてナノ化天然セラミド・カンゾウ葉エキス・トリメチルグリシンなどが配合されたアミノ酸系の洗顔料です。

ふわふわのきめ細かい泡でしっかりと汚れを落とし、しっとりと肌を保湿してくれます。

全薬工業 アルージェ モイスチャーフォーム
created by Rinker

種類別、敏感肌におすすめのスキンケア用品をご紹介!【化粧水編】

敏感肌の化粧水:肌タイプをみて調節して!

敏感肌用の化粧水でも、肌タイプに合わせて選ぶのがおすすめです。例えば、乾燥性敏感肌の人は、セラミドなどの保湿成分が含まれている化粧水がおすすめ。

一方、脂性敏感肌の人はニキビなどができやすいので、殺菌効果と保湿力のある化粧水といったように選びましょう。

また、ここでもアルコールや着色料、防腐剤などの肌の負担になるような成分が含まれていないかチェックしましょう。

naturie(ナチュリエ)スキンコンディショナー ハトムギ化粧水

i-mju 公式HPより引用

化粧水として有名なナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水低価格でコスパも高く、500mlのボトルに入った大容量の化粧水なので、毎日たっぷりと使えるのが大きな魅力。

まさしく、ばしゃばしゃと使用するためのアイテムです。

保湿成分のハトムギエキス配合で、さっぱりとしたテクスチャーなのに、肌をしっかり保湿できます。手に取って肌を保湿するのはもちろん、コットンなどにとって肌を保湿パックするのもおすすめ。

ナチュリエ スキンコンディショナー ハトムギ化粧水
created by Rinker

ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX

DR.CI:LABO 公式HPより引用

ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX は、高濃度ビタミンCと発酵コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸など多くの高保湿成分配合で、角質層の深部までトロっとしたテクスチャーで肌をしっとりと潤します。

口コミでの評価も非常に高く、予算がある方はこちらが非常にオススメです。

香料・着色料・鉱物油・アルコール・界面活性剤不使用なので肌に優しいのも◎。乾燥肌・敏感肌・混合肌など幅広い肌質で使えます。

ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX
created by Rinker

種類別、敏感肌におすすめのスキンケア用品をご紹介!【乳液編】

敏感肌の乳液:敏感肌仕様可表記に注目!

「敏感肌の人でも使える」などと書いてある乳液を選ぶこと。

内容成分的には、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンといった保湿効果の高い成分が配合されているものを選ぶと肌を保護し、潤いを保ってくれるのでおすすめです。

また、季節感でテクスチャーを調節するのも手。人それぞれ好きなテクスチャーはありますが、その時の肌の調子や季節の気温や湿度などを考慮して、その都度肌に合ったテクスチャーのものを選びましょう。

ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク

第一三共ヘルスケア 公式HPより引用

ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク は、フェイスケアブランドとして2009年に発売されて以来、敏感肌向けの乳液として不動のポジションを占めるアイテムです。

とろりとしたテクスチャーで、肌に馴染ませるとすっと浸透して、しっかりと肌を保湿してくれるアイテム。9種類のアミノ酸、アミノ酸系セラミドを配合し、肌に潤いの膜を作ってくれます。着色料や鉱物油、香料、アルコール、パラベンなどがフリーなので肌にも優しいです。

MINON(ミノン)ミノンアミノモイスト モイストチャージ ミルク
created by Rinker

FANCL(ファンケル)エンリッチ 乳液Ⅱ しっとり

FANCL 公式HPより引用

シワ対策としても有名なファンケル エンリッチ 乳液Ⅱ しっとり も、敏感肌対策としてとても評判の高いアイテムです。

コラーゲンと月見草エキス配合で、肌の深層部にまでコラーゲンをいきわたらせ、ふっくらとした健康的な肌へと導きます。敏感肌にも使いやすい乳液で、ハリや弾力が気になりエイジングケアも同時にしたいという人にもおすすめです。

防腐剤・石油系界面活性剤・香料・紫外線吸収剤などが不使用で肌に優しいのも◎。下記バナーから美容液と乳液がセットになったお得なトライアルキットも販売中ですので、一度試してみてリピートを検討するのも良いですよ

【ファンケル】初回半額!肌本来の美しさを引き出す無添加スキンケア

 

Curel(キュレル)潤浸保湿 乳液【医薬部外品】

KAO 公式HPより引用

花王の キュレル 潤浸保湿 乳液。肌に保湿成分のセラミドやユーカリエキスで保湿を補い、肌を乾燥から守ります。

有効成分アラントインも配合し、肌荒れを防ぎ、しっとりとかさつき間ゼロの肌へと導きます。

また、こちらも20日分のフェイスケアセットも販売されているため、シリーズで試してみたい人は検討してみてください!

Curel(キュレル)潤浸保湿 乳液【医薬部外品】
created by Rinker
Curel(キュレル)潤浸保湿 フェイスケアセット【医薬部外品】
created by Rinker

種類別、敏感肌におすすめのスキンケア用品をご紹介!【クリーム編】

敏感肌のクリーム:低刺激のオススメを厳選しました

敏感肌のクリーム選びに関してもほかのアイテムと同様に、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分の入ったものであることや、敏感肌でも使える低刺激なものがおすすめです。

クリームは全体的に濃厚で保湿力の高いものが多いですが、肌の乾燥具合に合わせて、テクスチャーを変えてみるのも良いです。

WHOMEE(フーミー)モイストエイジングケアクリーム

WHOMEE 公式HPより引用

フーミー モイストエイジングケアクリームは、セラミドや3種類のプラセンタエキスなど30種類以上の美容・保湿成分を配合。パール粒1~3個分を手に取り肌を包むように保湿するだけで、しっとりとした柔らかな肌を目指せます。

保湿力が高いのにべたつかない使用感も◎。こちらも香料・着色料・鉱物油の3点が不使用で肌に優しい処方です。

WHOMEE(フーミー)モイストエイジングケアクリーム
created by Rinker

Curel(キュレル)フェイスクリーム【医薬部外品】

花王 公式HPより引用

ドラッグストア価格ならこれ、花王のキュレル フェイスクリームセラミドを配合し、肌に潤いを与え、肌の水分量をアップさせることが期待できるクリームです。

肌荒れを防ぐアラントインも配合されているので、乾燥などによる肌荒れも鎮静してくれます。また疑似セラミドも配合されているので、肌の潤いを持続的に保ちたい人におすすめです

Curel(キュレル)フェイスクリーム(医薬部外品)
created by Rinker

ドゥ・ラ・メール クレーム ドゥ・ラ・メール

西武そごう公式HPより引用

予算に余裕がある方向けの最高峰クリーム、 クレーム ドゥ・ラ・メール

整肌成分のミラクルブロスとライムティーを配合した濃厚な保湿クリームです。乾燥などの外部の刺激から肌を守り、健康的な肌を実現。とにかく贅を尽くした構成で、敏感肌の方もそうでない方も一度は試したい憧れのクリーム。

ドゥ・ラ・メール クレーム ドゥ・ラ・メール
created by Rinker

敏感肌の、その他おすすめアイテム選びはこちら!

【敏感肌用】美白スキンケアシリーズ5選!化粧水/乳液/クリームおすすめと選び方

こちらの記事は、敏感肌だけれど美白ケアも頑張りたい!という方向けです。夏で蓄積したメラニンをどうにかしたいという方にもピッタリの記事なので、ぜひ覗いてみてください。

毎日使いできる?おすすめプチプラのシートマスク12選!選び方&使い方も解説

朝のメイク前や夜のケアに。たっぷり使えてじっくりケアしたいけれど、ランニングコストが気になる方向けです。プチプラで敏感肌さんへ向けたアイテムも紹介しています。

スリーピングマスクとは?おすすめ11選と肌質別の選び方&使い方【ラネージュ/ファミュ/シカ】

寝ている間にケアしてくれる忙しい人向けのスリーピングマスク。敏感肌にもピッタリのアイテムを紹介しているので、じっくりは苦手だけれど、敏感肌を何とかしたい!」という方は、ぜひ覗いてみてください。


今回は以上となります。いかがでしたか?

敏感肌の人にとっては、「肌を常に健やかな状態に保つ」ということが大変と思う人も多いですよね。

季節や体調など様々な要因で肌は揺らぎやすいので、そんな自分の敏感肌に合った生活習慣やスキンケアを心掛け、健康的な美肌を取り戻しましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメから美容室、業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

コスメやファッションといった美に関わる業界に興味のある、全ての人にお役立てられるメディア運営を心掛けています。どこよりも濃い情報発信を目指していますので、応援よろしくお願いします!

目次
閉じる