12月から本格的に低気温&乾燥傾向になるといわれる今冬。乾燥肌向けに特化した保湿剤を提供しているジョンソン&ジョンソンの「ニュートロジーナ」で、違いを実感してみませんか!

皆さま、こんにちは!ファッションエッジ編集部です。

乾燥しやすい時期となり、お肌のカサつきやゴワつき、粉吹きなどに悩まされてはいませんか?お肌の乾燥は様々な肌トラブルの原因となるので、早めの保湿ケアが重要です。

とはいえ「何を使ったら良いか分からない」「自分に合う保湿剤を知りたい」という方は多いはず。

そこで今回は、編集部おすすめの保湿アイテム、ジョンソン・エンド・ジョンソンの「Neutrogena(ニュートロジーナ)」をご紹介します。

ドラッグストアや量販店でも取り扱われているニュートロジーナ。ご存知の方も多いと思いますが、改めてその効果や特徴を一緒に学んでいきましょう。

また、実際に超乾燥肌の筆者がニュートロジーナの保湿剤を使用したレビューも載せています。

そちらも参考にして頂けると嬉しいです。

それでは、本日もよろしくお願いします!

目次

2021年の冬は寒い!12月から十分な乾燥対策を

https://tenki.jp/forecaster/k_shiraishi/2021/10/31/14680.html

日本気象協会によると、2021年は12月から例年と比べても気温が下がり~2月までその寒さが続く、もしくは平年よりも気温が低くなるのだとか。

2019年~2021年の年明けは全国的に暖冬でしたが、今年の冬は久しぶりに寒くなり、お肌もより乾燥しやすくなると考えられます。

しかも、

  • 極端な異常気象の頻出
  • 紫外線量の長期的な増加
  • 都市化による相対湿度の低下(特に春・冬)

といった原因により、肌へのダメージは年々増加

こうしたダメージや寒さによる乾燥からお肌を守る為にも、適切な保湿ケアが必要です。

正しい保湿剤の選び方

適切な保湿ケアとは言っても、「どんな製品が良いのか迷ってしまう」「保湿剤の選び方が分からない」といった疑問もありますよね。

そこで、あなたに合った保湿剤の選び方を3つご紹介していきます。

保湿剤の選び方①:成分で選ぶ

保湿剤を選ぶときは「グリセリン」「ヒアルロン酸」「セラミド」など、肌馴染みが良い保湿成分を配合したアイテムを選びましょう。

「グリセリン」「ヒアルロン酸」「セラミド」はお肌にもともと存在している成分で、お肌の潤いを保つ役割を担っています。お肌が乾燥しやすいということは、これらの成分が肌内に少ない状態なので、まずはこれらの成分を化粧品から積極的に補うことが大切です。

保湿剤の選び方②:製品の形状で選ぶ

保湿剤には、スプレー、泡、ローション、クリーム、オイルなど様々な形状があり、季節や年齢に応じた形状の保湿剤を選ぶことがポイントです。

特に乾燥が気になる時期には、油分を程よく含んだローションやクリームタイプの保湿剤がおすすめ。

<スプレー>
水分がメインの保湿剤です。みずみずしい使い心地で、皮脂も出やすい夏のお手入れに向いています。
<泡>
ボディーソープのようなモコモコの泡。サラッとしつつも、程よくしっとりとした保湿感があります。
<ローション>
水分と油分のバランスが取れた乳液タイプの保湿剤。伸びが良く、季節問わず使いやすいです。また、製品数も多く、しっとり~サラサラまで、好みの質感を選べます。
<クリーム>
ローションよりも油分が多い保湿剤。こってりリッチな保湿感で秋冬のお手入れに向いています。
<オイル>
マッサージを行う方にはオイルタイプがGOOD。サラサラとした液体で伸びが良いので、マッサージの滑りも良くなります。お肌にツヤが出せるのもオイルの良いところ。

保湿剤の選び方③:使いやすさで選ぶ

保湿ケアは毎日行うものなので、自分や家族がストレスなく使えるものを選びましょう。

具体的には、

  • 容器の形状
  • 使用感
  • 香り

などをチェック。ポンプ容器なら、お風呂上りや忙しい時もサッと出せるので、お子さまがいらっしゃる家庭にも人気です。

また、家族で使うなら、程よくしっとり感があってベタつきが少ないものや香りが強くないor無香料など、好みが分かれにくい保湿剤を選びましょう。

保湿剤の効果的な使い方

正しい保湿ケアを行うために、保湿剤は適切な量・適切な塗り方を意識することも大切です。

ということで、保湿剤の正しい使い方を一緒に学んでいきましょう。

保湿剤の効果的な使い方①:タイミング

保湿剤は入浴後や、起床後の着替えるタイミングで1日2回塗ることが理想。毎日続けることで、肌の水分量がアップし、より乾燥しにくいお肌を目指せます。

特に入浴後は、1分後からお肌の水分量が低下していくので、できれば3分以内、遅くとも10分以内に保湿するのがベターです。10分以上、お肌を放置してしまうと入浴前よりお肌の水分量が低下するので注意しましょう。

保湿剤の効果的な使い方②:量

保湿剤の使用量が少ないと、十分な保湿ができません。保湿剤は惜しみなく使いましょう。

<保湿剤の使用量目安>

  • ローションタイプ→1円玉大で手のひら2枚分
  • チューブタイプ→人差し指の第一関節まで出した量で手のひら2枚分

お肌に保湿剤を馴染ませた後、ティッシュペーパーが肌にピタッと貼り付く程度にしっとりしていればOKです。

保湿剤の効果的な使い方③:塗り方

保湿剤を塗るときは、からだのシワに沿って、優しく丁寧に塗るのがポイントです。特に乾燥が気になりやすい、手先や、足、皮膚の薄い箇所などは重ね付けしてしっかりと保湿します。

ただし、保湿剤を浸透(※1)させようと、強く擦りこむと、かえって肌の刺激となってしまうので気を付けましょう。

乾燥肌におすすめの保湿剤は、Neutrogena(ニュートロジーナ)

ここまで、保湿の重要性や保湿剤の選び方・使い方を解説してきましたが、乾燥が気になる今年の冬におすすめしたいのがNeutrogena(ニュートロジーナ)の保湿剤です。

ニュートロジーナは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社を代表する製品。90年以上世界中で愛され続けている、スキンケアの世界的なトップブランドでもあります。

そんなニュートロジーナの保湿剤を乾燥対策におすすめする理由は以下の4つ

  • 医療グレード(※2)のグリセリンを使用している
  • 様々な形状の保湿剤があって選びやすい
  • 使いやすいパッケージ・容器

1つずつ解説していきます。

医療グレード(※2)のグリセリンを使用している

Neutrogena公式HPより引用

保湿成分のグリセリンには、化粧品グレード医療(※2)グレードが存在します。

ニュートロジーナの保湿剤には、医療現場でも使用される純度の高いグリセリンが贅沢に配合されているのが大きな特徴です。

さらにグリセリンは、分子が小さいので、

  • 角層内部まで浸透(※1)しやすい
  • 角層内に長時間留まる持続性がある

といった性質があり、乾燥肌のうるおい補給にピッタリの保湿成分。

使い続ける度にしっかり角層を保湿し、健やかなお肌へ整えます。

様々な形状の保湿剤があって選びやすい

ニュートロジーナにはローション、クリーム、オイル、バームなど、様々な形状の保湿剤があります。

さらに「超乾燥肌用」「乾燥肌用」の2タイプがあり、自分の肌質や好みの質感で保湿剤を選ぶことも可能。中には香料入りでほのかな香りを楽しめるアイテムもあります。

使いやすいパッケージ・容器

ニュートロジーナの商品は、ジャータイプやポンプタイプなど容器も様々。スタイリッシュなパッケージも老若男女手に取りやすいデザインです。

さらに、どれも気軽に挑戦しやすいお手頃価格でコスパもGOOD。

このように、ニュートロジーナは、うるおい効果はもちろんのこと、テクスチャー、容器、パッケージ、価格においても毎日使い続けやすい保湿化粧品なのです。

Neutrogena(ニュートロジーナ)の商品ラインナップ~超乾燥肌用~

Neutrogena公式HPより引用

先述した通り、Neutrogena(ニュートロジーナ)は「超乾燥肌用」と「乾燥肌用」の2タイプがあります。ということで、それぞれの商品ラインナップも一緒に見ていきましょう。

まずは、超乾燥肌用のインテンスリペアシリーズからチェック。特に乾燥しやすい方や、カサつきが気になりやすい秋冬の乾燥対策におすすめのシリーズです。

※価格は店舗によって異なります。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ボディローション

Neutrogena公式HPより引用

価格:1,529円(250mL)

  • 無香料
  • ミルクローション
  • ベタつかない使用感
  • アラントイン、パンテノール配合

伸びが良く全身に馴染ませやすいミルクローションです。肌をヴェールのように包み込み、なめらかでうるおいに満ちた肌へ整えます。純度99%の医療グレード(※2)グリセリンの他、アラントイン、パンテノールといった、整肌成分も配合。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ボディローション
created by Rinker

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ボディバーム

Neutrogena公式HPより引用

価格:1,620円(200mL)※Amazon価格

  • 微香
  • 濃厚なクリーム
  • ベタつかない使用感
  • アラントイン、パンテノール配合

こっくり濃厚なクリームタイプの保湿剤ですが、ベタつきにくい使用感。ガサガサなお肌にもすぐに馴染み、しっとり感が持続する柔らかな肌に整ます。こちらも、純度99%の医療グレード(※2)グリセリンの他、アラントイン、パンテノール(整肌成分)配合。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ボディバーム
created by Rinker

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ボディオイル

Neutrogena公式HPより引用

価格:1,620円(200mL)※Amazon価格

  • 微香
  • サラサラオイル
  • アラントイン、パンテノール配合
  • ローションやバームとの併用もおすすめ

フローラルな香り。アルガンオイル(※3)や、ゴマ種子油などで構成されたサラサラのオイルです。お風呂上がりの湿ったお肌に素早く乳化浸透(※1)し、お肌をうるおいで満す処方。その後、ローションやバームを重ねると、より濃密な保湿感を体験できます。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ボディオイル
created by Rinker

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ハンドクリーム

Neutrogena公式HPより引用

価格:690円(50g)

  • 無香料
  • しっとりクリーム
  • うるおいでて肌を守る
  • 1本で約200回使用可能

頻繁な手洗いや消毒でガサガサに乾燥した手先をうるおいで守るハンドクリーム。角層の隅々までうるおいを補給し、柔らかな手肌に整えます。1回の使用量は真珠粒大でOK。少量でもしっかりとうるおいを実感できます。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ハンドクリーム
created by Rinker

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア リッチバーム

Neutrogena公式HPより引用

価格:1,800円(100g)※Amazon価格

  • 無香料
  • こってりクリーム
  • かかと・ひじの集中保湿に
  • CICA(ツボクサエキス)配合

こってりとした濃厚な使用感ですが、肌馴染みが良く使い心地の良いクリームです。話題の天然由来保湿成分CICA(ツボクサエキス)配合。かかとやひじなど、ガサガサしやすい部分もしっとり柔らかなお肌に整えます。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア リッチバーム
created by Rinker

Neutrogena(ニュートロジーナ)の商品ラインナップ~乾燥肌用~

Neutrogena公式HPより引用

Neutrogena(ニュートロジーナ)の乾燥肌用 ディープモイスチャーシリーズは、先ほどの超乾燥肌用のシリーズよりも軽めの使用感が特徴。

「しっとり」よりも「さっぱり」とした使い心地がお好みの方はこちらのシリーズがおすすめ。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 乾燥肌用 ディープモイスチャー ボディローション

Neutrogena公式HPより引用

価格:1,529円(250mL)

  • 無香料
  • なめらかローション
  • ベタつかない使用感

純度99%グリセリンを含むニュートロジーナの独自処方で、1回の使用で角層までしっかりと浸透(※1)。お肌にスッと馴染むので、すぐに衣服が着られ、日中の保湿にも使いやすいです。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 乾燥肌用 ディープモイスチャー ボディローション
created by Rinker

Neutrogena(ニュートロジーナ) 乾燥肌用 ディープモイスチャー ボディクリーム

Neutrogena公式HPより引用

価格:1,450円(250mL)※Amazon価格

  • 微香
  • 濃厚クリーム
  • しっとりとした使用感

フレッシュでやさしい香り。医療グレード(※2)グリセリンが肌に素早く溶け込むように浸透(※1)し、乾燥肌にも十分なうるおいを与えることが可能です。使い続けることで、乾燥で硬くなった肌も柔らかく、すこやかに整えます。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 乾燥肌用 ディープモイスチャー ボディクリーム
created by Rinker

Neutrogena(ニュートロジーナ) 乾燥肌用 ディープモイスチャー ハンドクリーム

Neutrogena公式HPより引用

価格:1,450円(250mL)※Amazon価格

  • 微香
  • なめらかなクリーム
  • ベタつかない使用感

超乾燥肌用のハンドクリームは無香料でしたが、こちらは微香タイプです。角層のすみずみまで素早く馴染み、手肌の柔らかさとなめらかさを1日中キープ。濃厚な保湿感なのにベタつきが少ないので作業中や出先でも使いやすいです。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 乾燥肌用 ディープモイスチャー ハンドクリーム
created by Rinker

Neutrogena(ニュートロジーナ) リップモイスチャライザー

Neutrogena公式HPより引用

価格:550円(250mL)

  • 無香料
  • SPF15、PA+
  • リッチな保湿成分配合

紫外線防止成分配合で、アウトドアでも唇を優しくガードするリップクリームです。リッチな保湿成分配合で、荒れがちな唇にもしっかりと潤いを与え、キープします。

Neutrogena(ニュートロジーナ) リップモイスチャライザー
created by Rinker

【レビュー】超乾燥肌がNeutrogena(ニュートロジーナ)を実際に使ってみた

筆者も超乾燥肌なので、Neutrogena(ニュートロジーナ)は大好きな保湿剤。

特にボディローションには毎年お世話になっているのですが、今年はオイルやハンドクリームもゲットしたので、実際に使ってみた感想をレビューしていきます。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ボディローションを使ってみた感想

ニュートロジーナのボディローションは、塗り始めはしっとり感が強めなのですが、素早く馴染んでベタつきも残りません。

なので、塗布後すぐに着替えても不快感がなく、冬の寒い時期でも使いやすくて助かっています。

夏は夜だけ保湿していましたが、最近は寒くなってきて乾燥が気になるので、必ず朝も塗るようにしています。おかげで一日中乾燥に悩まされず、夜までしっとり肌です。

ニュートロジーナのボディローションは、ワンプッシュでこれくらいの量が出ます。この量で片腕にたっぷり、もしくは両腕に軽く伸ばせる程度です。

伸ばした感触はとってもミルキーで、濃密な塗り心地。ですが広範囲に伸ばしやすく、全身ササっと保湿できます。

馴染んだ後はとてもしっとりして、なめらかな肌に。ベタベタやぬるぬる、テカリといった不快感はありません。

また、無香料で実際に匂いもほとんどありません。おかげでお気に入りのボデーソープや香水の香りも活かせますし、家族や恋人とのシェアもしやすいです。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ボディローション
created by Rinker

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ボディオイルを使ってみた感想

Neutrogena(ニュートロジーナ)のボディーオイルは、入浴後、脱衣所に行く前にマッサージずるように全身に塗っています。

先ほどのローションだけでも十分な保湿感があるのですが、ローションの前にこちらをプラスしておくと、さらにお肌がふわんっと柔らかな質感に。

また、サラサラとした使い心地にこだわりたい方は、ローションやクリームを併用せず、こちらのオイル1本でも保湿できます。

ほのかなフローラルの香りも楽しめるので、しっかりお手入れをして自分を労わりたい日や、特に乾燥を感じた日のスペシャルケアとしてもおすすめです。

テクスチャーは、手に出すとサーっと流れてしまうくらいサラサラ。

ボトルに入っていると透き通った黄色の液体ですが、手に出してみると無色透明に見えます。着色料が入っているわけではないので、お肌に色は付きません。

こちらは手の甲にオイルを伸ばした状態です。サラサラオイルなのでかなり伸びが良く、お肌にツヤ感が出ます。

オイルを塗布する前後を比べてみると、こんなにツヤ感が違います。

左:塗布後

右:塗布前

腕や足のマッサージにはもちろん、デコルテなどキレイに見せたい部分に馴染ませるのもおすすめです。

ベタつきも全くと言っていいほどなく、しっとり、うるツヤなお肌を体感できます。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ボディオイル
created by Rinker

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ハンドクリームを使ってみた感想

Neutrogena(ニュートロジーナ)のハンドクリームは、濃密なしっとり感が特徴。クリームタイプなので、水分も油分も同時に補給できます。

私は普段の家事や、出先のアルコール消毒で手がパッサパサに乾燥するんですが、こちらを塗った後の手はしっとりなめらかな感触に。

パッケージもかっこよくて、外出先でも気兼ねなく使えます。

テクスチャーは、ほんの少し粘り気のある乳白色のクリーム。適度に柔らかく手のひら・手の甲全体にしっとりと伸ばすことができます。

伸ばした後は一度白く変化しますが素早く馴染んで、お肌に浸透(※1)。

馴染んだ後はローションよりも被膜感があります。これが乾燥しやすい手先に丁度良い保湿感で、お肌を乾燥や刺激からしっかりとガードできます。

ちなみに無香料で香りをほぼ感じないところもおすすめポイント。食事の際も手の香りが気にならないので、家の中でも出先でもとても使いやすいハンドクリームなのです。

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア ハンドクリーム
created by Rinker

Neutrogena(ニュートロジーナ)で本気の乾燥対策を始めよう!

いかがでしたか?

Neutrogena(ニュートロジーナ)の保湿剤は、医療品グレード(※2)グリセリンが角質層まで浸透(※1)し、お肌の隅々まで潤いを届け、キープしてくれるアイテム。その使い心地やうるおい感にきっと虜になるはずです。

また、ニュートロジーナの保湿剤は、様々な形状が揃っており、お肌やお好みに合わせて使い続けやすいものが選べます。

寒い冬の乾燥対策に、ニュートロジーナの保湿アイテムを是非チェックしてみて下さい。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

※1 角質層まで

※2 USP(米国薬局方) grade

※3アルガニアスピノサ核油

Neutrogena(ニュートロジーナ) 超乾燥肌用 インテンスリペア リッチバーム
created by Rinker
Neutrogena(ニュートロジーナ) 乾燥肌用 ディープモイスチャー ボディローション
created by Rinker
Neutrogena(ニュートロジーナ) 乾燥肌用 ディープモイスチャー ボディクリーム
created by Rinker
Neutrogena(ニュートロジーナ) 乾燥肌用 ディープモイスチャー ハンドクリーム
created by Rinker
Neutrogena(ニュートロジーナ) リップモイスチャライザー
created by Rinker
FASHION EDGE
美になる、ワクワクを。
「FASHION EDGE」は、美容や化粧品の新製品情報や使用感および業界ニュース、美容室情報などを、広くお届けするWEBメディアです。
弊社誌面「Beauty Business」「CATs」「TOKYO FASHION EDGE」および「PROFESSIONAL TOKYO」のご購読は、TOPページの「刊行物/Magazine」からお願いします。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!
目次
閉じる