CATEGORY
「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメ&美容情報から業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

ミルボンのヘアオイル全部&おすすめ紹介!プロがエルジューダやジェミールフランなど髪質別解説!

  • URLをコピーしました!

milbon(ミルボン)のヘアオイルが髪の毛がサラッサラになると、SNSや口コミサイトで評判を呼んでいます。

気になるそのラインナップ紹介&どんな髪のに人に合うのか詳細を解説しました!

milbon 公式HPより引用

皆さま、こんにちは!ファッションエッジ編集部です。

ヘアケアにこだわりを持っている方や、髪のダメージ・クセなどにお悩みの方に人気のmilbon(ミルボン) ヘアオイル

SNSや口コミサイトでも頻繁に見かけますが、「種類が多くてどれが自分に合うのか分からない」「使ってみたいけど勇気が出ない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、種類豊富なミルボンのヘアオイルを全てご紹介!どのオイルがどんな髪にオススメなのか、分かりやすく解説していきます。

最後にはヘアオイルの効果的な使い方も解説しているので、そちらも合わせてご覧いただけると嬉しいです。

それではまずは、ミルボンのヘアオイルの特徴から一緒に学んでいきましょう!

目次

MILBON(ミルボン) ヘアオイルの特徴&選び方!どうやって選べばいい?

ミルボンのヘアオイルは、とにかく種類が豊富約20種類ものヘアオイルがあり、様々な髪の悩み・目的にマッチしたオイルを探すことが可能です。

しかも、ミルボンはサロン専売ブランドですので、高品質なヘアオイルが勢揃いしています。自宅に居ながら、サロンクオリティのヘアケアができるのがミルボンの大きな魅力です。しかし、ミルボンのヘアオイルは種類が豊富なので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そんな時は以下の3点を意識して、あなたに合ったヘアオイルを探してみましょう。

<ミルボンのヘアオイルの選び方>

  • 目的に合ったものを選ぶ
  • 髪質に合ったものを選ぶ
  • 各種類の特徴を知っておく

ヘアオイルには「スタイリングが得意なオイル」「ヘアケアが得意なオイル(洗い流さないトリートメント)」の2種類があります。まずは、どちらのヘアオイルが欲しいか決めましょう。

また、ミルボンの中にもいくつかのブランドがあり、そのブランドごとに様々なヘアオイルがあります。各ブランドにどんなヘアオイルがあるのかをチェックし、あなたの髪質に合いそうなアイテムを選んでいきましょう。

milbon(ミルボン)のヘアオイルの種類

ミルボンの中でヘアオイルを取り扱っているブランドは、

  • 「milbon(ミルボン)」
  • 「milbon(ミルボン) プレミアムポジション」
  • 「Elujuda(エルジューダ)」
  • 「Aujua(オージュア)」
  • 「DOOR(ドア)」
  • 「CRONA(クロナ)」
  • 「jemile fran(ジェミールフラン)」
  • 「PLARMIA(プラーミア)」
  • 「DEESSE’S(ディーセス)」

の9つがあります。あまり詳しくない方からすると、覚えるのも大変ですが大丈夫。一緒にひとつずつ見て行って、自分に当てはまるものを中心に検討すればOKですよ。

ということで、各ブランドごとにミルボンのヘアオイルをご紹介していきます!

迷ったらコレ!:milbon(ミルボン)

milbon 公式HPより引用

<目的>

ヘアケア(洗い流さないトリートメント)

<髪質>

軟毛→ルミナス ボディファイング オイル

普通~硬毛→ルミナス ソフトニング オイル

<匂い>

ミュゲ(スズラン)&ジャスミンの香り。

<特徴>

「milbon(ミルボン)」は創業から続く毛髪研究により発見された「髪の棒状空洞化」に着目し、健やかな髪を目指すヘアケアブランド。

中でもミルボン ルミナスは、ツヤのあるなめらかな指通りを叶えるヘアオイル。

髪質に合せてオイルを選べるうえ、年齢層問わず使いやすいヘアオイルですので、「サロン専売のヘアオイルが良いけど、どれにするか迷ってしまう」という方は、こちらから試してみてはいかがでしょうか。

milbon(ミルボン)ルミナス ボディファイング/ソフトニング オイル
created by Rinker

軟毛さんのリッチなケアに:milbon(ミルボン)プレミアムポジション

milbon 公式HPより引用

<目的>

ヘアケア(洗い流さないトリートメント)

<髪質>

軟毛やダメージ、髪の絡まりにお悩みの方に。

<匂い>

エキゾチックで高貴な、心高まる香り。 ジャスミンサンバック。

<特徴>

ミルボン プレミアムポジションは、高品質を追求したミルボンの進化版。ワンランク上のヘアケアを目指したい方におすすめのラインです。

そんなプレミアムポジション内唯一のヘアオイル「イルミネイティング グロー オイル」は、マルーラの実から採れたオイルを使用した濃厚なヘアオイル。髪の絡まりをケアしながら、長時間、髪のツヤをキープします。

milbon(ミルボン)プレミアムポジション イルミネイティング グロー オイル
created by Rinker

市販で購入したい方におすすめ:Elujuda(エルジューダ)

milbon 公式HPより引用

<目的>

ヘアケア(洗い流さないトリートメント)、スタイリング

<髪質>

髪の悩みに合わせて選べる

<特徴>

Elujuda(エルジューダ)のヘアオイルは、SNSや口コミサイトなどでも人気。種類も豊富で自分に合ったヘアオイルを手軽に見つけることができます。

ということで、エルジューダのヘアオイル全種類をチェックしていきましょう。

髪が広がりやすい方には「エルジューダ MO」

milbon 公式HPより引用

硬毛や毛量が多い方、髪が広がりやすい方にはエルジューダ MOがおすすめ。しっとまとまる髪に整えます。また、コテやアイロンなどの熱で髪のゴワついている方にもぴったりです。

<匂い>

トランスパレントフローラルの香り

milbon(ミルボン)エルジューダ MO
created by Rinker

猫っ毛や髪にツヤやコシが欲しい方には「エルジューダ FO」

milbon 公式HPより引用

髪が柔らかくハリやコシがない、髪がぺたんとなりやすい方にはエルジューダFOがおすすめです。適度なコシを与えつつ、手触りの良いツヤツヤ髪に整えます。

<匂い>

トランスパレントフローラルの香り

milbon(ミルボン)エルジューダ FO
created by Rinker

髪がパサつきやすい方には「エルジューダ グレイスオンセラム」

milbon 公式HPより引用

髪がパサつきやすく、指通りが悪い方におすすめなのは、エルジューダ グレイスオンセラム

リッチな保湿効果のあるバオバブオイル配合で、髪のキューティクルを整え、するんっとなめらかな指通りの良い髪に整えます。

<匂い>

みずみずしいフルーティーフローラルの香りに、温かみのあるイリスをプラス

milbon(ミルボン)エルジューダ グレイスオンセラム
created by Rinker

髪をふんわりさせたい方「エルジューダ リンバーセラム」

milbon 公式HPより引用

エルジューダ リンバーセラムはエルジューダ FOと同じく、髪が柔らかくボリューム感やハリ・コシが欲しい方にオススメ。

地肌付近にも付けやすい成分構成で、FOよりもさらにボリューム感や動きを出しやすいです。

<匂い>

甘くやさしい香りに、スパークリングアップルとシトラスミックスのさわやかさをプラス

milbon(ミルボン)エルジューダ リンバーセラム
created by Rinker

ゴワつきが気になる髪には「エルジューダ メロウセラム」

milbon 公式HPより引用

エルジューダ メロウセラムはエルジューダ MOと同じく、髪が硬い方や、ゴワつきが気になる方におすすめ。

MOよりも軽い質感なので顔周りの髪を軽く整えたい時や、重たい質感が苦手な方に使いやすいオイルです。

<匂い>

甘くやさしい香りに、スパークリングアップルとシトラスミックスのさわやかさをプラス

milbon(ミルボン)エルジューダ メロウセラム
created by Rinker

ブリーチ毛のケアには「エルジューダ ブリーチケアセラム」

milbon 公式HPより引用

エルジューダ ブリーチケアセラムはその名の通り、ブリーチによる毛先の絡まりや、ふわふわと広がってしまう髪のお手入れにおすすめです。

シリコーンオイル主成分で髪の指通りを良くし、美容液成分・保湿成分も豊富で傷んだ髪もしっかりとケアします。

<匂い>

透明感あふれるクリスタルムスクの香り

milbon(ミルボン)エルジューダ ブリーチケアセラム
created by Rinker

髪の日焼け対策には「エルジューダ サントリートメントセラム」

milbon 公式HPより引用

エルジューダ ブリーチケアセラムは、重たすぎず、サラッとまとまる髪に整えるので幅広い髪質の方におすすめです。

紫外線防止成分(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)配合で、髪を紫外線ダメージから守ります。

<匂い>

上品な甘さにグレープフルーツのさわやかさをプラス

milbon(ミルボン)エルジューダ サントリートメントセラム
created by Rinker

上質なヘアケアを求める方におすすめ:Aujua(オージュア)

<目的>

ヘアケア(洗い流さないトリートメント)

<髪質>

髪の悩みに合わせて選べる

<特徴>

Aujua(オージュア)は充実したラインナップで、一人一人の髪と地肌に寄り添い、その人にとって最適なヘアケア・プログラムを提案するブランド。

特徴的でカッコいいそのデザインを、美容室で見たことある方も多いのではないでしょうか。

全国にあるオージュア取扱いサロンへ行くと美容師さんと相談しながら自分に合ったヘアオイルを探すことができ、髪の悩みにとことん向き合いたい方におすすめです。

髪にハリ・ツヤが欲しい方には「ディオーラム エンゲージセラム」 

milbon 公式HPより引用

オージュア ディオーラム エンゲージセラムは、年齢による髪の悩みや、ブリーチやパーマによる髪の痛みが気になる方におすすめです。

弾力やうるおいを実感できる髪に整えます。水分含んだみずみずしいオイルなので付け心地もGOOD!

<匂い>

ハチミツにも似た甘い香りを持つイモーテルの花を中心に調香

milbon(ミルボン)オージュア ディオーラム エンゲージセラム
created by Rinker

内側からダメージケアをしたい方には「イミュライズ エクシードセラム」

milbon 公式HPより引用

オージュア イミュライズ エクシードセラムは、髪の内側と外側の潤い補給・ダメージ補修ができるヘアオイル。

毛髪強度をケアしてくれるので、カラーリングやコテ・アイロンなどで様々なヘアスタイルを楽しみながら、美しい髪を目指したい方におすすめです。

<匂い>

5月にしか収穫できない希少なバラ、ローズ・ド・メイを中心に調香

milbon(ミルボン)オージュア イミュライズ エクシードセラム
created by Rinker

髪にまとまりが欲しい方には「クエンチセラム」

millbon 公式HPより引用

オージュア クエンチセラムは、髪が広がりやすい・乾燥してパサつきやすいという方にピッタリのオイル。

髪のうるおいをキープして、柔らかな状態に整えてくれます。水分を補えるミストとの併用もおすすめです。

<匂い>

淡くスイートな牡丹の花をイメージした香り

milbon(ミルボン)オージュア クエンチセラム
created by Rinker

クセ・うねりが気になる方には「アクアヴィア セラム/アクアヴィア モイストセラム」

milbon 公式HPより引用

オージュア アクアヴィア セラムは、髪の水分を均一に整えることで、髪のクセやうねりを抑え、扱いやすくしてくれるヘアオイルです。

猫っ毛の方やサラサラな仕上がりがお好みの方はアクアヴィアセラム、硬毛や髪が広がりやすい方はアクアヴィア モイストセラムがおすすめです。

<匂い>

やわらかな印象を持つ桜の花をイメージした香り

milbon(ミルボン)オージュア アクアヴィア セラム/アクアヴィア モイストセラム
created by Rinker

髪が絡まりやすい方には「スムースセラム」

milbon 公式HPより引用

オージュア スムースセラムは、絡まりやすい髪もサラッサラに整えてくれるヘアオイルです。

毛髪保護成分が髪表面に疑似キューティクルを形成し、なめらかな指通りを実現します。

オージュアのオイルの中でも最も軽い質感なので、髪がペタっとしやすい猫っ毛さんも使いやすいです。

<匂い>

控え目な甘さを上品さを持つ白薔薇をイメージした香り

milbon(ミルボン)オージュア スムース セラム
created by Rinker

濡れ髪スタイリングにおすすめ:DOOR(ドア)

milbon 公式HPより引用

<目的>

スタイリング。軽めのウエットヘア-作りに。

<髪質>

様々な髪質に対応

<匂い>

軽やかに香るクリアなレモンと都会的なセダーウッドの香り。

<特徴>

DOOR(ドア)は流⾏をおさえつつ、エッジの効いた表現にも挑戦できるブランド。そんなドアの「シャイニーオイル」では、濡れすぎないツヤ感で今っぽさを演出しつつ、やり過ぎないラフなスタイリングができます。

各美容メディアでも人気で、「濡れ髪が上手くできない!」「オイルやスタイリングの加減が分からない!」とお悩みの方にとってもおすすめです。

milbon(ミルボン)DOOR(ドア)シャイニーオイル
created by Rinker

ヘアカラーを長持ちさせたい方におすすめ:CRONA(クロナ)

milbon 公式HPより引用

<目的>

ヘアケア(洗い流さないトリートメント)、スタイリング

<髪質>

まとまりやツヤが欲しい髪に

<匂い>

清潔感のあるホワイトフラワーに、ハーブとフルーツの香りをプラス

<特徴>

CRONA(クロナ)は、「シンプルにキレイが欲しい大人たちへ」をコンセプトに、習慣を変えずに効果が見えるシンプルケアを目指すブランドです。

そんなクロナのヘアオイル「クロナ デイアンドナイトオイル」は、ヘアカラーを長持ちさせてくれるのが特徴。

また、濡れた髪・乾いた髪どちらにも使用できるので、アウトバスのヘアケアにはもちろん、お出かけ前に髪のおさまりを良くしたい方にもおすすめです。

milbon(ミルボン)CRONA(クロナ)デイアンドナイトオイル
created by Rinker

軽くイメチェンしたい方におすすめ:jemile fran(ジェミールフラン)

milbon 公式HPより引用

<目的>

スタイリング。自然な束感を出す。

<髪質>

様々な髪質に対応。細かい束感を出したい方に。

<匂い>

トップノートはシトラス、グリーン。ミドルノートはミュゲ、ローズ。ラストノートはムスク、ホワイトシダーウッド。

<特徴>

jemile fran(ジェミールフラン)は、「楽してキレイを楽しむ」を叶えるヘアケア&ヘアメイクアップブランドです。ジェミールフランのヘアオイル「オイルデュウ」は、天然由来の軽い質感のオイルを主成分とし、自然な束感を演出。

毛先や顔周りにちょっとした変化を出して、いつもと違う自分を楽しめます。キュートなパッケージで、シャンプーやトリートメントも人気。

milbon(ミルボン)ジェミールフラン オイルデュウ
created by Rinker

大人のヘアケアにおすすめ:PLARMIA(プラーミア)

milbon 公式HPより引用

<目的>

ヘアケア(洗い流さないトリートメント)

<髪質>

髪にハリやコシ、弾力感が欲しい方→プラーミア ヘアセラム オイル F

しっとりとしたうるおい感が欲しい方→プラーミア ヘアセラム オイル M

<匂い>

みずみすしいフルーツと優しいホワイトフローラルにローズが垣間見えるブルーミングフローラルの香り

<特徴>

PLARMIA(プラーミア)はエイジングケア(※)を目的とし、ポジティブな気持ちで今のキレイを楽しむヘアケアブランド。

ヘアオイルにも美容液成分が豊富で、イキイキとした印象の髪に整えます。Mはしっとりまとまりのある仕上がりですが、軽い質感のオイルなので「ペタっと重たいのは嫌だけど、おさまりは良くしたい」という方も使いやすい使用感です。

milbon(ミルボン)プラーミア ヘアセラム オイル F/M
created by Rinker

自然なツヤを出したい方に:DEESSE’S(ディーセス) レミューセラム

milbon 公式HPより引用

<目的>

ヘアケア(洗い流さないトリートメント)

<髪質>

絡まりやすい髪に。

<匂い>

甘く爽やかな香り

<特徴>

DEESSE’S(ディーセス)は毛先までナチュラルに、素髪のままの美しさを引き出すシリーズ。

そんなディーセスのヘアオイル「レミューセラム」は、髪が濡れた状態と乾いた状態の2ステップで使用します。軽い質感のオイルが髪に馴染み保湿成分が浸透。キューティクルを整え、毛先まですべりの良いサラサラの指通りにしてくれます。

milbon(ミルボン)ディーセス レミューセラム
created by Rinker

サロン帰りの髪質感を目指せる:DEESSE’S(ディーセス)エストクアル

milbon 公式HPより引用

<目的>

ヘアケア(洗い流さないトリートメント)

<髪質>

広がりやすい髪に→ディーセス エストクアルSO

指通りの悪い髪に→ディーセス エストクアルSL

<匂い>

グリーンフローラルフルーティの香り

<特徴>

DEESSE’S(ディーセス)のエストクアルは、カラーヘアをより楽しむためのヘアオイル。

サロン帰りのような美しい髪を自宅に居ながら再現できるのが魅力的です!毛先までまとまり、触りたくなるような柔らかさを与えます。

milbon(ミルボン)ディーセス エストクアル SO/SL
created by Rinker

終わりに:milbon(ミルボン) ヘアオイルの効果的な使い方

お気に入りのヘアオイルが見つかったら、少しでも効果的に使いたいですよね。

ということで、ミルボンのヘアオイルをしっかり活かすための使い方を解説していきます。

濡れた髪に使う場合

お風呂上りなど、濡れた髪へのヘアオイルの使い方はこちらです。

  1. タオルでしっかりと水気を取る
  2. オイルを手のひらに伸ばす
  3. 毛先や髪の内側(中間)にオイルを馴染ませる
  4. 髪表面にオイルを軽く馴染ませる
  5. 髪を乾かす

お風呂上りの濡れた髪にヘアオイルを使用する場合は、しっかりとタオルドライすることがポイントです。

髪に水気が多いと、オイルがうまく髪に馴染まないので、できるだけ水気は取っておきましょう。3割程度ドライヤーをかけてからオイルを付けるのもGOOD。

乾いた髪に使う場合

お出かけ前など、乾いた髪へのヘアオイルの使い方はこちら。

  1. オイルを手のひらに伸ばす
  2. 毛先や髪の内側(中間)にオイルを馴染ませる
  3. 髪表面にオイルを軽く馴染ませる

オイルを付ける手順は髪が濡れている時と同じです。

コテやアイロンを使う場合は、なりたいスタイルに合わせてヘアオイルを塗布するタイミングを変えましょう。

  • 熱ダメージから髪を守りたい→コテやアイロン前にヘアオイルを使う
  • しっかりとクセ付けしたい→コテやアイロン後にヘアオイルを使う

ただし、コテやアイロン前にオイルを付けると、クセづきは穏やかになります。

ということで、今回はmilbon(ミルボン)のヘアオイルを一挙ご紹介していきました。気になるヘアオイルは見つかりましたでしょうか?

美しい髪は、「キレイな人」の条件と言っても過言ではありません。

milbon(ミルボン)なら、種類豊富なサロンクオリティーのヘアオイルが揃っているので、髪のお手入れにこだわりたい!という方はぜひ、公式サイトや取り扱い美容室などをチェックしてみて下さいね。

最後までご覧おただき、ありがとうございました!

※エイジングケアとは、年齢に応じたお手入れのこと



シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

化粧品成分上級スペシャリスト。日本化粧品検定1級&化粧品成分検定1級取得。プチプラ~デパコスまで、キレイ&可愛いを叶えるメイクやスキンケアの情報をお届け。

目次
閉じる