CATEGORY
「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメ&美容情報から業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

パックの順番は?顔へのスキンケアに効果的な使い方&おすすめシート&ジェルをプロが紹介!

  • URLをコピーしました!

MINON 公式HPより引用

皆さま、こんにちは!ファッションエッジ編集部です。

毎日のスキンケアや、週に数回のスペシャルケアとして人気のフェイスパック。ですが、スキンケアのどのタイミングで使えばいいか分からないことってありますよね。

そこで今回は、フェイスパックを使用する順番や、効果的な使い方について詳しく解説してきます。

「シートパックと美容液の順番が分からない」「パックはどのタイミングで使うのが効果的?」「スリーピングマスクって、クリームの前?後?」

といった疑問をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

目次

スキンケアでパック(マスク)を使う順番・基本の使い方

パック(マスク)を使うベストな順番

早速、スキンケアにおいてパック(マスク)を使う順番をチェックしていきましょう。

パックにも様々な種類があり、各パックによって使用するベストタイミングは異なります。

<パック(マスク)を使う順番>

  1. クレンジング・洗顔
  2. ピーリングジェル
  3. 拭き取り化粧水(角質ケア)
  4. 洗い流すパックやピールオフパック
  5. 先行型の美容液や乳液
  6. 化粧水
  7. 貼るタイプのパック(シートマスク)
  8. 美容液
  9. 乳液
  10. クリーム
  11. 塗ったまま寝るスリーピングマスク
  12. 一晩中貼っておくパック(マイクロニードルパッチなど)

もちろん、これら全部を使う必要はありません。ご自身にとって必要な工程だけ取り入れて、自分に合ったスキンケアをカスタムしてきましょう。

また、どのパック(マスク)もパッケージや公式サイト等に記載されている使い方に従って使用することが基本。よって、製品によっては上記の順番が入れ替わる場合もあります。

パックの使用時間(放置時間)

パックの使用時間(放置時間)についても、各商品に記載されている内容に従いましょう。傾向としては、洗い流すパックは5~10分程度、ピールオフパックは15~30分程度(塗ったパックが固まるまで)放置することが多いです。

また、貼って剥がすパック(シートマスク)は3~5分、10分、20分など、商品によって目安の放置時間に幅があります。いずれにせよ、シートが乾く前に剥がすのがコツ。「10分放置」と書かれていても、乾きが気になるようでしたら早めに剥がしましょう。

また、どのパックも目安の時間より長く放置することはNG。長く放置しても効果が高まることはなく、むしろお肌が逆に乾燥してしまうので要注意です。

パックの使用頻度

各パックの使用頻度についても、商品に記載されている頻度に従って使用します。「週に2、3回」と指定されているものを毎日使うことはおすすめできません。

なぜなら、毎日使いを想定して作られた商品ではないから。週に数回使用することで、バランスの良いお手入れができるように設計されているのであって、毎日使用すれば、お肌が乾燥しやすくなったり、肌荒れの原因になることもあります。

逆に頻度の指定が無ければ、毎日使用してもOK。例えば、不織布のシートパックは化粧水の代わりとして毎日使うことができます。

以上が、スキンケアでパック(マスク)を使用する際の基本的な順番や使い方です。とにかく、使い方・順番に困ったときは、まずは商品パッケージや公式サイトなどをチェックすることが大切。

しかし、それでも適切な順番や、具体的な使い方が分からないこともありますよね。

ということで、パック(マスク)の種類別に、使うタイミングや使用方法をさらに詳しく解説していきます。

洗い流すパックやピールオフパックの使用方法・順番

塗った後に洗い流すパックや、ピールオフパック(剥がすパック)古い角質を除去したり、保湿成分・美容液成分をお肌に届ける効果があります。

ピールオフパックは、毛穴の中の角栓や産毛も一緒に除去することが可能です。

基本的には、どちらもクレンジングや洗顔の後、化粧水や先行美容液の前に使用します。商品に朝or夜の指定が無ければ朝でも夜でも使ってOK。

拭き取り化粧水やピーリングジェルとの併用について

洗い流すパックやピールオフパックと同じく、拭き取り化粧水ピーリングジェルにも古い角質を除去する効果があります。

こうした商品を併用すると、お肌の角質や皮脂を落とし過ぎてしまい、乾燥肌や肌荒れの原因になる可能性があるので要注意。できればどれか1つに絞って使用しましょう。

どうしても併用したい場合は、使用量や放置時間を少なくしたり、保湿ケアを念入りに行うなどの対策を。ただし、お肌が敏感なときは、両方ともお休みすることをおすすめします。

洗い流すパックをキレイに洗い流す方法

洗い流し用のパックは、何度すすいでもパックが肌に残ってしまう場合があります。対策としては

  • パックは薄めに塗る
  • 本格的に洗い流す前に少量の水かぬるま湯を予め馴染ませておく(乳化)

などを心がけましょう。

貼るタイプのパック(シートマスク)の使用方法・順番

貼るタイプのパック(シートマスク)を浸している液は、化粧水のように水分感の強いもの~乳液のようにオイル感のあるものまで様々。化粧水・パック(シートマスク)・美容液・乳液の順番に迷うこともありますよね。

基本的には化粧水が先。その後、「みずみずしい液体→オイル感の強い液体」の順で使っていけばOK!

具体的にはこちらを参考にしてみてください。↓

<貼るタイプのパック(シートマスク)を使用するタイミング>

  1. 化粧水
  2. 水分感の強い液体のパック(大容量なシートマスクはこのタイプが多い)
  3. 水分感の強い美容液(サラサラorとろみ関係なく油分が少ないもの)
  4. ジェルっぽくとろみの強いパック
  5. 乳液やクリーム状の美容液
  6. 乳液タイプのパック
  7. 乳液・クリーム

もちろん、これらを全部使用してくださいという意味ではありません。美容液の代わりに貼るパック(シートマスク)を使用することも可能です。

貼るタイプのパック(シートマスク)は、化粧水や乳液の代わりにもなる!

化粧水のように水分感の強い液体に浸ったパック(シートマスク)は、洗顔直後、化粧水の代わりに使用することもできます。あるいは、乳液のようなオイル感のあるパックを、一般的な乳液の代わりに使用してもOK。

ただし、乾燥肌さんの場合はそれだけでは油分の補給が足りない場合もあります。必要に応じてクリーム等を重ね、お肌にフタをしてあげましょう。

オールインワンジェル(クリーム)と貼るパック(シートマスク)の順番

オールインワン化粧品と貼るパック(シートマスク)の順番は、基本的に貼るパックが先、オールインワンが後です。

理由は、貼るパックよりもオールインワンの方が油分が多い傾向にあるから。

ただし、オイルフリーのオールインワンジェルと、乳液タイプやオイルインの貼るパックの場合は逆でもOK。パックに配合されたオイルでお肌にフタができるので、保湿効果を高めることができます。

しかし、配合されている美容液成分によっては、乳液タイプやオイルインの貼るパックでも、オールインワンジェルより先に使った方が良いという考え方もあります。

どんなときも一番大切なのは、各商品の公式の使い方に従うこと。それでも迷ったときは、どちらも試してみて、自分が「心地良い」「効果がありそう!」と感じる順番で使っていきましょう。

オイル美容液と貼るパック(シートマスク)の順番

水分がほぼ(もしくは全く)配合されていないオイル美容液(ピュアオイル)を使用する場合は、オイルを使用する目的に応じて順番を決めます。

  • 角質をやわらげる目的→化粧水や貼るパックの前にオイル
  • お肌にフタをする目的→スキンケアの一番最後にオイル

油脂(アルガンオイルやコメヌカ油)は、角質をやわらげるためのお手入れにおすすめ。炭化水素油(ミネラルオイルやスクワラン)はスキンケアの最後に使用するのがおすすめです。

スリーピングマスクの使用方法・順番

スリーピングマスクは、就寝中のお肌に訴求成分を効果的に届けるようサポートしたり、翌朝のお肌にハリ感をもたらす効果があります。

使用する順番は、基本的には化粧水~乳液・クリームまで塗ったしかし、中には乳液やクリームの前に使用するスリーピングマスクもあるので、商品の使い方をしっかり確認しておきましょう。

ジェル状のスリーピングマスクを最後に塗っても、お肌は乾燥しない?

「水分が多いジェル状のスリーピングマスクを最後に塗ってしまうと、逆に肌が乾燥しそう」というイメージがあるかもしれません。しかし、マスク前に適切な保湿ケアができていれば大丈夫。「いつもよりやや多めに油分を補う」のがコツです。

また、ジェル状のスリーピングパックは、乳液やクリームよりも前に塗った方が良いという考え方もあります。

お肌の乾燥を予防するためには、その考え方も正解です。

しかし、オイルリッチな状態になっている肌の表面に、あえてジェル状(水分が多い材質)のパックを塗ることで、パック内の訴求成分が角層内へ届きやすくなる場合があります。クリームの後に塗るスリーピングマスクがあるのはこのため。

もちろん、結果的に乾燥してしまっては元も子もありません。よって、乾燥しやすい方は、ジェル状のスリーピングマスク前に多めに油分を補うことが大切です。

スリーピングマスク後に乾燥したときの対処法

もし、乳液・クリームの後に使うスリーピングマスクを塗った後で、お肌の乾きを感じるようでしたら、再度、上からクリーム等を重ねて、お肌にうるおい(油分)を補いましょう。

ただし、これではメーカーが推奨する使い方ではないので、そのスリーピングマスクの効果があまり実感できない場合があります。

そんなときは、

  • スリーピングマスク前のスキンケアを見直す
  • クリーム状のスリーピングマスクに変更する
  • スリーピングマスクの使用をやめ、同じような効果を持つ美容液やシートパックを探す

などを検討しましょう。

普段の乳液・クリームと、クリーム状のスリーピングマスクは併用していい?

いつもの乳液やクリーム、クリーム状のスリーピングマスクの併用についても、まずは商品(スリーピングマスク)の公式の使い方に従いましょう。特に記載がなければ、乳液・クリームと、クリーム状のスリーピングマスクは併用してもOK。

ただし重たく感じたり、翌朝いつもよりテカリ出ているなと感じたら、今後そのスリーピングマスクを使う夜は、いつもの乳液やクリームは省た方が良いです。

また、週に数回の使用が推奨されているスリーピングマスクを毎日、乳液やクリームの代わりとして使うことは避けましょう。

一晩中貼っておくパックの使用方法・順番

一晩中貼っておくパックは、就寝中に訴求成分を持続的に肌に届けることができるアイテムです。顔全体に貼るものよりも、目元やほうれい線など、部分的に貼るものが多いです。

シート状で長時間貼りっぱなしにしておくものなので、スキンケアの一番最後に使用します。お肌にフタをするクリーム、ワセリン、オイルや、スリーピングマスクよりも後です。

「長時間貼っておくと、パックが乾いてしまうのでは?」といった疑問もあるかもしれません。しかし一晩中貼っておくパックは、

  • そもそもお水が含まれていない
  • 貼りっぱなしでも乾かないシート

など、長時間貼っていても乾きにくい設計になっています。シートのイメージとしては絆創膏やシップに近いです。

ビオレ TEGOTAE(てごたえ)寝ている間のうるおい集中ケアパック

Biore 公式HPより引用

「モイストパッキング処方」の高気密ジェル状パック。寝ている間に集中的に角層深部までうるおいを届け、翌朝ふっくらしなやかなお肌に整えます。

乾燥による小じわを目立たなくする効能評価試験済み。

ビオレ TEGOTAE(てごたえ)寝ている間のうるおい集中ケアパック
created by Rinker

コーセー クリアターン ヒアロチューン マイクロパッチ

KOSE COSMEPORT 公式HPより引用

100%ヒアルロン酸を針状に結晶化させたマイクロニードルパッチです。極小針が気になるところにチクッと密着。

寝ている間にヒアルロン酸ニードル(針)が溶け出し、お肌にハリを与えます。

コーセー クリアターン ヒアロチューン マイクロパッチ
created by Rinker

【こんなときに使いたい!】パックの効果的な使い方

最後に、パックの効果を高めるために、「どんなときに、どのパックを使うと良いか」について解説していきます。

保湿効果を高めたいとき

保湿効果を高めたいときは、貼って剥がすパック(シートマスク、フェイスパック)がおすすめです。

特に、セラミドやヒアルロン酸、コーラゲンなどを配合した高保湿タイプがGOOD。油分が平気な方は、オイルインや乳液タイプも効果的です。

MINON(ミノン)アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク 

MINON 公式HPより引用

ジェル状のシートパックです。アミノ酸や合成セラミドなどバリア機能をサポートする保湿成分配合。うるおいをたっぷりと抱えた、みずみずしいお肌に整えます。

MINON(ミノン)アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク
created by Rinker

汚れの蓄積によるくすみや、ゴワつき・ザラつきを除去したいとき

メラニンを含んだ古い角質や皮脂汚れなどの蓄積により、お肌がくすんでしまっているときは、洗い流すパックがおすすめ。不要な汚れを除去して、透明感のあるお肌へ導いてくれますよ。

タンパク質を分解する酵素や、角質をやわらげる成分を配合したものであれば、肌のゴワつき・ザラつき除去にも効果的。ピーリング後のような、よりツルンとした感触のお肌に整います。

洗い流しが面倒な場合は、使用後に拭き取ることで古い角質も軽くオフしてくれるシートパックがおすすめです。

pdc ワフーメイド 酒粕パック

pdc 公式HPより引用

古い角質をオフしながら、お肌にうるおいを与え、キメを整えてくれます。伸ばしやすく、落としやすいテクスチャーも魅力的。本当の酒粕のような心地の良いもろもろ感で、楽しみながらお手入れができます。

pdc ワフーメイド 酒粕パック
created by Rinker

コーセー クリアターン 毛穴小町マスク

Maison KOSE 公式HPより引用

話題のツボクサエキスを配合したシートパック。凸凹のある高密着シート使用しており、使用後にお顔全体をシートで撫でることで角質ケアができます。うるおい効果もあり、美容液が馴染んだ後はしっとり肌に。

コーセー クリアターン 毛穴小町マスク
created by Rinker

お肌がゆらぎやすいとき

肌あれや、お肌のゆらぎが気になるときは、低刺激性な貼って剥がすパック(シートマスク・フェイスパック)を使用しましょう。例えば、

  • 成分内容がシンプルなもの
  • ベース成分がBG、グリセリン
  • 香料やエタノールが配合されていないもの

など。保湿成分も肌馴染みの良いアミノ酸やPCA-Na、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ、セラミドなどが好ましいです。

LuLuLun(ルルルン)プレシャス GREEN(バランス)

LuLuLun 公式HPより引用

低刺激処方で高保湿なシートマスク。みずみずしい使い心地でありながら油分も配合され、乾燥しがちなゆらぎ肌・敏感肌にも、しっかりとうるおいをチャージできます。

LuLuLun(ルルルン)プレシャス GREEN(バランス)
created by Rinker

お肌にハリやツヤが欲しいとき

「お肌にハリやツヤが欲しい」「お肌の年齢サインをケアしたい」というときは、エイジングケア(※1)成分を配合したシートパックやスリーピングマスクがおすすめ。

目元やほうれい線部位を集中的にケアしたい方は、一晩中貼っておくパックやマイクロニードルパッチも効果的です。

KANEBO(カネボウ)スマイル パフォーマー

KANEBO 公式HPより引用

数々の美容メディアでベストコスメを受賞している、実力派シートパックです。頬・口角、フェイスラインを、こめかみに向かって引き上げながら密着させ、しっかりとホールド。ハリ・ツヤのあるふっくら肌に整えます。

KANEBO(カネボウ)スマイル パフォーマー
created by Rinker

雪肌精 MYV アクティライズ ゴールデン スリーピング マスク

Maison KOSE 公式HPより引用

翌朝、深く眠った日のような、ぷるんっと弾力のあるハリ肌に導くスリーピングマスクです。モイスチュアラップ3Dゲルが肌表面を包み込み、うるおいを密封。また、柚子を基調とした香りが心地よい眠りへいざないます。

SEKKISEI(雪肌精) MYV アクティライズ ゴールデン スリーピング マスク
created by Rinker

美白(※2)効果が欲しいとき

パックで美白(※2)効果を得たいときは、美白有効成分を配合したシートパックやスリーピングマスクを利用しましょう。

EXIA(エクシア)AL ホワイトニング エクストリーム チャージ セラムマスク

ALBION 公式HPより引用

美白有効成分トラネキサム酸配合のシートパック。コクのある濃厚な美容液でしっかりとうるおいもチャージでき、美白(※2)ケアをしながら、引き締まったハリのあるお肌へ整えます。

EXIA(エクシア)AL ホワイトニング エクストリーム チャージ セラムマスク
created by Rinker

AdryS(アドライズ)モイスチュアナイトジェル(医薬部外品)

AdryS 公式HPより引用

保水有効成分と美白有効成分を配合したスリーピングマスクです。ぷるんと弾力のある形状記憶ジェルが、ピタッとお肌に密着。寝ている間に有効成分や保湿成分をお肌に届け、翌朝もっちりぷるぷるのお肌に整えます。

AdryS(アドライズ)モイスチュアナイトジェル(医薬部外品)
created by Rinker
アドライズ定期初回購入

 

最後に:パックの順番を間違えた!どうしたらいい?

今回はスキンケアでパックを使う順番や、効果的な使い方を詳しく解説していきました。しかし「うっかりパックの順番を間違えちゃった!」なんてハプニングも、ときにはあるはず。

そんなときは、そのままお手入れを続けても大丈夫。

「ピールオフパックをスキンケアの最後に使ってしまった!」となると、保湿ケアをやり直した方が良いですが、そうではない限り、パックの順番を間違えてしまっても、スキンケアの効果が全くなくなってしまうことはありません。

もしやり直したい場合は、ホットタオルを顔に当てたり、ぬるま湯ですすぐなどして、化粧水や先行美容液からもう一度スタート。

順番を間違ってしまっても、焦らず、無理のない範囲でお手入れを楽しんでいきましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

※1:加齢に応じたお手入れのこと

※2:シミやそばかすを防ぐこと

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

化粧品成分上級スペシャリスト。日本化粧品検定1級&化粧品成分検定1級取得。プチプラ~デパコスまで、キレイ&可愛いを叶えるメイクやスキンケアの情報をお届け。

目次
閉じる