CATEGORY
「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメ&美容情報から業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

KANEBO(カネボウ)ライブリースキン ウェアの使用感&口コミ!成分や色比較、特徴を解説!

  • URLをコピーしました!



こんにちは!今回は、KANEBO(カネボウ)の新作ファンデーション「ライブリースキン ウェア」の使い方や色選びを徹底解説していきます。

芸能人や美容賢者が多く愛用しているカネボウのベースメイク。

今回、新商品が登場するとのことで、既に各美容メディアやSNSで話題になっています。

ということで、そんなKANEBO(カネボウ)の新作ファンデーション「ライブリースキン ウェア」を詳しくご紹介。

実際に使用した編集部による本音レビューもお届けしていきますので、

「私の肌に合うかな?」

「塗った感じはどう?」

など、気になる方はぜひ最後までご覧ください!

目次

KANEBO(カネボウ) ライブリースキン ウェアの特徴

KANEBO(カネボウ) ライブリースキン ウェアは、「素肌に化ける(※1)」美容液ファンデーションです。

まるで素肌そのものがキレイだったかのように、その人だけの魅力を引き立て、生命感あふれるお肌へ導きます。

そんなライブリースキン ウェアの具体的な特徴はこちらの5つ。

  • 新技術「ライブリースキンテクノロジー」搭載
  • 骨格・表情を際立たせるライブリーなツヤと色
  • 素肌っぽいのに毛穴・色ムラを自在にカバー
  • 美容液効果で長時間うるおいキープ
  • フルーティーフローラルの香り

※1 メイクアップ効果による

ひとつずつ解説していきます。

新技術「ライブリースキンテクノロジー」搭載

カネボウ ライブリースキン ウェアは、新技術「ライブリースキンテクノロジー」を搭載。これにより、肌本来のツヤ・キメ・色を活かしたままカバーし、美しい素肌の質感を再現します。

ライブリースキンテクノロジーとは、粉体顔料のカラーオイル化×独自開発の透明ジェルによって誕生した、なめらかで均質な新塗膜(※2)のことです。

粉体顔料のカラーオイル化

すべての粉体顔料を油剤に高分散。薄膜でハイカバー、うるおったようなツヤ、くすみにくい鮮やかな発色を実現。

独自開発の透明ジェル

油相の中に水相を分散させた、ぷるぷるなジェル素材。肌・水・油・粉体となじみがよく、軽い付け心地で肌に吸いつくように均一に密着します。

この新塗膜(※2)が、肌のキメの形状に従って均一に付着し、みずみずしいツヤを付与。さらに、本物の肌っぽい質感を表現しつつ、美しいカバー効果を発揮します。

※2カネボウ化粧品において

骨格・表情を際立たせるライブリーなツヤと色

カネボウ ライブリースキン ウェアは、新塗膜(※2)によるみずみずしいツヤと、時間が経ってもくすみにくい発色が魅力的です。

ツヤ感が強く、くっきりとしているので立体的な顔立ちを演出。さらに、肌の色を消しきらない発色で骨格を引き立たせ、表情までも豊かに、イキイキと見せてくれるのです。

また、先述したジェルがつくる柔軟な塗膜により、化粧崩れも防止。つけたての美しいツヤと発色が長時間続きます。

※2カネボウ化粧品において

素肌っぽいのに毛穴・色ムラを自在にカバー

カネボウ ライブリースキン ウェアは、薄く塗れば程よいカバー力。重ねればカバー力が自然にアップし、毛穴も色ムラもするりと隠し、目立たせません。

重ね塗りしても粉感・厚塗り感がなく、肌らしい質感はきちんとキープ。しっかりカバーしつつも軽い付け心地で、素肌っぽく仕上げてくれます。

しかも化粧下地やパウダー、コンシーラーも不要。顔全体にはもちろん、部分用ファンデーションとしても使用できて、時短メイクにもぴったりです。

美容液効果で長時間うるおいキープ

カネボウ ライブリースキン ウェアは、“美容液ファンデーション”というだけあって、保湿効果も期待できます。

その理由の一つが、「モイスチャーセラムコンプレックス」(※3)を配合しているから。これは、美容液成分をジェルに抱え込ませた保湿成分です。

おかげで夕方まで乾燥が気にならず、うるおいをキープ。お肌がカサつきやすい時期や、乾燥しやすい肌質の方にもおすすめです。

※3 ジプロピレングリコール(DPG)、ポリシリコーン-9

フルーティーフローラルの香り

カネボウ ライブリースキン ウェアは、茶花の香り「ティートピア」をアクセントに、ミュゲとローズ、ガーデニアが織りなすフルーティフローラルの香りです。

ほのかに甘くみずみずしい生花のような香りが、ふわっと香ります。

香りはそんなに強くなく、長くも残らないので、きつい香りが苦手な方も挑戦しやすい印象です。

KANEBO(カネボウ) ライブリースキン ウェアの色選び

続いて、KANEBO(カネボウ) ライブリースキン ウェアの色の選び方を解説していきます。

KANEBO(カネボウ) ライブリースキン ウェアは、全8色展開。どのカラーも5Rレッドニュアンスを織り込み、肌を美しくみせる血色感を与えてくれます。

KANEBO公式HPより引用

基準色はオークルC標準的~どちらかと言えば明るめなトーンのお肌に対応してくれるカラーです。

ライブリースキン ウェアの中で最も明るいトーンはオークルA自他ともに認める色白さんや、明るいお肌に仕上げたい方に。

オークルCより少し明るいのがオークルB。やや暗めなのがオークルDです。より健康的で引き締まった印象のカラーが好ましい場合はオークルEがあります。

また、オークルCと同じ明度で、黄味よりのお肌(イエベさん)に対応しているのがベージュCです。反対に、もともと血色感が出やすい方や、ブルべさんに対応しているのがピンクオークルCです。

ピンクオークルに関しては、さらにもう1トーン明るいピンクオークルBもあります。明るめなトーンのブルべさんにはこちらがおすすめ。

ちなみに、オークルDはSPF5・PA+、オークルEはSPF7・PA++、それ以外はSPF5・PA++の日焼け止め効果があります。

【レビュー】KANEBO(カネボウ) ライブリースキン ウェアを使ってみた

それでは、実際にKANEBO(カネボウ) ライブリースキン ウェアを使ってみたレビューをお伝えしていきます。カラーは基準色のオークルCを使用。

結論、すっぴん肌に自信がなくても、毛穴レスでなめらかな素肌感を演出してくれるファンデーションです!

  • お肌がイキイキして見える
  • リアルな素肌っぽい仕上がり
  • なのに毛穴もくすみもきちんとカバー
  • つるん!とつややか、崩れ方もキレイ
  • 付けていることを忘れる軽やかなフィット感

「素肌感のあるファンデ=カバー力が控えめ」というイメージも覆されます。

テクスチャーはなめらかなクリーム。少しぷるんっとした弾力もあるのが、なんとも不思議です。

のびも良くて、指先でムラなく広げられます。肌に溶け込むようになじみ、ピタッとした密着感もありますよ。

オールシーズン使いやすい質感です。

仕上がりイメージ(オークルC使用)

塗った後はこのような仕上がりに。

塗布前と比べると、毛穴や血管の青み、くすみがなめらにカバーされています。とても軽い付け心地で、ファンデーションを塗っている感覚がありません。

筆者は毛穴が特に気になるのでしっかり塗っていましたが、それでも厚塗り感ゼロ。ちゅるんっとしたツヤと近くで見てもキレイなカバー効果で、感動的な仕上がりです!

ちなみに専用のスパチュラ付き。いつでも衛生的に使えます。

本体には内蔵できないので、なくさないように保管しておきましょう。

KANEBO(カネボウ) ライブリースキン ウェアの使い方

ここからは、KANEBO(カネボウ) ライブリースキン ウェアの使い方を解説していきます。

  • いつ?(タイミング)⇒スキンケアの後。下地は省いてもOK。
  • どのくらい?(量)⇒お好みの仕上がりに合わせて。パール1粒大くらいで全顔を軽めにカバー。

KANEBO(カネボウ) ライブリースキン ウェアを使う際は、添付のスパチュラでなでるようにファンデーションをすくい、手の甲や指先に取ります。

その後、ファンデをムラなくお肌に伸ばして完了です。

下地やコンシーラー、フェイスパウダーは使わなくても良いです。ただし、紫外線対策をしっかりと行いたい場合は、ライブリースキン ウェアを使う前に、日焼け止めを塗りましょう。

使用後はスパチュラをティッシュなどで拭き取り、清潔に保管してください。

最後に:KANEBO(カネボウ) ライブリースキン ウェアの予約・購入方法

ということで、今回はKANEBO(カネボウ)の新作ファンデーション「ライブリースキン ウェア」をご紹介していきました。

ライブリースキン ウェアの発売日は2022年9月9日。デパート、百貨店などに入っているKANEBO(カネボウ)の店舗や公式サイト等で購入できます。

価格は、各色税込み11,000円/30gです(編集部調べ)。

また、KANEBO(カネボウ) 公式サイトでは、7月22日9時半から予約が開始されます。

素肌っぽいのにちゃんとカバーして、イキイキとした印象のツヤ肌を再現する美容液ファンデーション、ライブリースキン ウェア。

気になる方は是非チェックしてみてくださいね!

最後までご覧頂き、ありがとうございました。



シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

化粧品成分上級スペシャリスト。日本化粧品検定1級&化粧品成分検定1級取得。プチプラ~デパコスまで、キレイ&可愛いを叶えるメイクやスキンケアの情報をお届け。

目次
閉じる