CATEGORY
「FASHION EDGE」は美の「なぜ」を知るためのWEBメディア。コスメ&美容情報から業界ニュース、ファッション全体までお届けします。

【セザンヌ 】グロウリキッドライナーレビュー:実際の使用感と見え方、写真付きでご紹介!

  • URLをコピーしました!



こんにちは! 今回は7月に発売されたCEZANNE(セザンヌ)グロウリキッドライナーをご紹介していきます。

グロウリキッドライナーは、セザンヌ初のリキッドタイプのラメライナー(ラメグリッター)

韓国コスメをはじめ、トレンド真っ只中のリキッドグリッターが、あのセザンヌから発売されたとのことで、SNSや口コミサイトでは既に多くの注目を浴びています。

ということで、そんなセザンヌグロウリキッドライナーの使い方や編集部の本音レビューをお届け!

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

目次

CEZANNE(セザンヌ)グロウリキッドライナーの特徴は?

まずは、セザンヌグロウリキッドライナーの特徴を詳しく見ていきましょう!

セザンヌグロウリキッドライナーの特徴はこちらの5つ。

  • 8種のラメを配合! 大人っぽい繊細な輝き
  • ナチュラルに使いやすいクリアカラー
  • しっとり高密着処方
  • お湯で落とせる(※)
  • 美容保湿成分配合

※単品使用時

カラーは10 クリアシュガーの1色のみ。

価格は税込み638円(編集部調べ)です。

それでは、セザンヌグロウリキッドライナーの特徴をひとつずつ解説していきます。

8種のラメを配合!大人っぽい繊細な輝き 

セザンヌグロウリキッドライナーには、8種類ものラメが配合されています。

角度によって輝き方が変化する8種類のラメが、目元に光を集め、透明感のある”うるみ目”を演出。

また、ラメ粒が大きすぎず、大人っぽい繊細な輝きを楽しめます。

ナチュラルに使いやすいクリアカラー

セザンヌグロウリキッドライナーは、どんなメイクとも合わせやすいクリアカラーです。

筆もとても細く、涙袋や目尻などの細かい箇所にもピンポイントでラメを乗せることがきます。

色味や筆の扱いやすさから、リキッドラメ(ラメグリッター)初心者さんにもおすすめしたい1本です。

しっとり高密着処方

セザンヌグロウリキッドライナーは、乾いた後もパリッと固まらず、しっとりとした質感でお肌に密着

塗布後の肌のツッパリ感も気になりません。

また、ラメがお肌にピタッと密着してくれるので、長時間きれいな仕上がりをキープ。

時間が経ってもうるうるな目元を持続します。

お湯で落とせる(単品使用時)

セザンヌグロウリキッドライナーは、単品使用時であればお湯で落とすことができます

高密着処方でメイク中は仕上がりをキープしてくれるのに、クレンジングは楽なのでありがたいですね!

保湿成分配合

セザンヌグロウリキッドライナーには、以下の成分が美容保湿成分として配合されています。

  • ヒアルロン酸Na
  • ビルベリー葉エキス
  • ハイビスカス花エキス

乾燥しやすい目元にもうれしい設計です。

【レビュー】CEZANNE(セザンヌ)グロウリキッドライナーを実際に使ってみた!

それでは、編集部が実際にセザンヌのグロウリキッドライナーを使ってみたレビューをお伝えしていきます。

結論、繊細ながらも美しい輝きで、年代問わず使いやすいアイテムです!

  • 極細筆で操作性が高い
  • 目元に光が宿ってうるんだ印象に
  • ラメ粒が細やかで悪目立ちしない
  • パリパリにならず痛みを感じにくい
  • 透けカラーでどんなアイシャドウ、肌色ともマッチする

容器に入った状態だと「白色がしっかり発色されるのかな?」と思っていたのですが、伸ばすとかなり透け感があります。

仕上がりイメージ

たっぷり付けてもこの通り。

先に仕込んでおいたアイシャドウやお肌の色を隠さないので、さまざまなアイシャドウと合わせやすいです。

また、こういった白っぽいグリッターは、ブルべさんの方が得意なイメージがあるかもしれません。

しかし、実際はパーソナルカラーも気にせず、使いやすいカラーですです。

セザンヌのグロウリキッドライナーはクリアタイプで肌色をしっかり透かし、偏光ラメの主張も穏やか。

なのでイエベさんも挑戦しやすいアイテムですよ。

ラメをアップで見てみましょう。

仕上がりイメージ

小さめなラメ粒がたっぷりと配合され、自然光でも室内光でも濡れたようなツヤ感。

とっても美しいですね。

特に自然光だと偏光ラメの輝きがよりハッキリと分かりやすいです。

実際に目元に塗った感じがこちら。

仕上がりイメージ

下まぶたの目頭~黒目の終わりまで塗っています。

このくらい繊細な仕上がりだと、大人も使いやすいですし、リキッドラメ初心者さんも失敗しにくいです。

また、筆が細く柔らかいのも使いやすさの秘密。

細かい箇所にも少しずつラメを乗せることができるので、丁度いい塗布量を調節できます。

筆も柔らかめでチクチクしません。

もちろん、二重幅や黒目の上など広めな範囲にも乗せやすく、ぼかしやすいです。

理想的なラメ感・扱いやすさ・仕上がりで、1本持っておいて損なしのラメライナーと言えるでしょう。

CEZANNE(セザンヌ)グロウリキッドライナーの口コミ

続いて、セザンヌグロウリキッドライナーの購入者を対象に、編集部が独自調査した口コミもまとめてみました。

  • 細かいところにピンポイントで描きやすく、お肌にしっかり密着します。乾いた後もカピカピにならないところがイイです! あと落としやすいのも助かっています。
  • 筆も使いやすいですし、サラッとしたリキッドで指でもぼかしやすいです。数あるリキッドタイプのグリッターの中でもとてもナチュラルで、さりげなく輝きます。
  • 完全に乾けば、擦っても落ちにくいです。全く落ちないわけではないですが、許容範囲内! 朝から付けても長時間うるうる、キラキラの目元がキープされます。
  • 指でポンポンなじませると、目元にぐっと透明感が出ます! 派手過ぎないキラキラ感が、大人っぽいけどあざとくてすごく可愛いです。
  • 持ち手が長くて持ちやすいのと、筆のしなり具合・細さに感動です。不器用な私でも失敗しにくく、キレイに塗れます。

CEZANNE(セザンヌ)のグロウリキッドライナーの使い方

最後に、セザンヌグロウリキッドライナーの使い方を解説していきます。

とはいえ、使い方は簡単。

筆にラメを取り、涙袋や目頭などお好みの部分に塗布すればOKです。

  1. ①下まぶた:うるんだ目元をつくりたい時に。黒目下は少し多め&太めに乗せると、よりウルウル感が出ます。
  2. ②二重幅に:ナチュラルなツヤ感やさりげない輝きを足したい時に。
  3. ③上まぶた中央に:黒目の上にポンポン馴染ませるとまぶたの丸みが強調され立体感アップ。

アイシャドウの上から使うときは、筆を寝かせるようにしてポンポン置くように塗布するのがコツ。指でなじませる時は乾く前になじませましょう。

また、涙袋をしっかり強調したい方は、涙袋の影を描くのもおすすめ。同じくセザンヌの「描くふたえアイライナー」が涙袋の影を描くのにぴったりです。

CEZANNE公式HPより引用

「10 影用ブラウン」「20 影用グレージュ」の2色があり、肌色にあったカラーを選べます。

CEZANNE(セザンヌ)グロウリキッドライナーでうるみeyeをゲットしよう!

今回は、2022年7月に発売されたCEZANNE(セザンヌ)のグロウリキッドライナーについて、詳しく解説していきました!

「リキッドのラメを上手く使いこなせない」「ついつい付けすぎちゃう」とお悩みの方にもぴったりなアイテム。

繊細な輝きで、丁度いい”うるみアイ”が完成します。

気になる方はセザンヌ取扱店舗や、公式オンラインストア「MAKE UP SOLUTION」などをチェックしてみてくださいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!



シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

化粧品成分上級スペシャリスト。日本化粧品検定1級&化粧品成分検定1級取得。プチプラ~デパコスまで、キレイ&可愛いを叶えるメイクやスキンケアの情報をお届け。

目次
閉じる