HPがリニューアル!ブックマークをお願いします。

【プチプラ】人気の評判おすすめ美白美容液10選【ドラックストア】



こんにちは!ファッションエッジ編集部です。

夏になると、化粧品売り場や美容メディアで「美白化粧品」をよく見かけるようになりますよね。

素敵なパッケージやSNS等の影響で「今年の夏こそ美白ケア頑張りたい」「私も新しい美白美容液が欲しいな」と思っている方も多いのではないでしょうか?

とはいえ、実は美白ケアは夏だけでなく年中行うのが理想的。だからこそ、コスパが高くて無理なく続けられる美白美容液を選ぶことが、本気の美白ケアを始める第一歩なんです。

そこで今回は、編集部おすすめのプチプラ美白美容液10選を、皆さんにご紹介!自分に合う美白美容液の選び方も解説していますのぜひぜひ最後までご覧下さい。

目次

【プチプラ】人気の評判おすすめ美白美容液10選【ドラッグストア】

早速、編集部が厳選したおすすめのプチプラ美白美容液を10個紹介していきます。

また、各美容液がどんな方におすすめなのか、分かりやすく区別できるよう、

普通肌
混合肌
乾性肌
脂性肌
敏感肌
ニキビ肌

に肌タイプを分けています。

ただし、お肌の性質は十人十色。同じような肌質の方でも人によって度合いは違いますので、あくまでも目安として参考にしてみてください。

それでは見ていきましょう!

おすすめ①【無印良品】敏感肌用 薬用美白美容液

無印良品 公式HPより引用

50ml/1,390円(税込)

【有効成分】

  • ビタミンC・2-グルコシド(ビタミンC誘導体)(美白)
  • グリチルリチン酸2K(肌荒れ予防)

【特徴】

  • 乳液のようなテクスチャー
  • ホホバ油、ヒアルロン酸、コメヌカエキス配合
  • 無香料
  • アレルギーテスト済み

※すべての方にアレルギーが起きないわけではありません

【こんな方におすすめ】

  • 普通肌
  • 混合肌(皮脂が多い箇所は少なめに)
  • 乾性肌
  • 敏感肌

美容雑誌やSNSなどでも、頻繁に取り上げられる大人気美容液

一度リニューアルしていますが、その後の口コミでも「しっとりしていて保湿感もある」「シミを気にしている母と一緒に使っている」と好評で、リピーターの方も多くいらっしゃいました。

「ホホバ油」「コメヌカエキス」など、お肌の潤いや透明感をサポートしてくれる美容液成分も豊富です。

【無印良品】敏感肌用薬用美白美容液
created by Rinker

おすすめ②【アクアレーベル】シミ対策美容液

資生堂公式HPより引用

45ml/2,310円(税込)

【有効成分】

  • トラネキサム酸(美白)
  • グリチルリチン酸2K(肌荒れ予防)

【特徴】

  • ジェルと乳液の間のようなテクスチャー
  • 「アクアシナジー」配合
  • 香料あり(ラベンダー油・オレンジ油)

【こんな方におすすめ】

  • 普通肌
  • 乾性肌
  • 混合肌
  • 脂性肌
  • ニキビ肌(皮脂過剰が原因の場合は付けすぎ注意)

美容液成分の角質層への浸透をサポートする「アクアシナジー」という成分が配合されているのがポイント。

みずみずしい感触なのに、塗布後はしっとり馴染む。なのにベタつきが少ないので、季節問わず使いやすい美容液です。

「リピジュア」「ヒアルロン酸」などの保湿成分も配合されており、オイルリッチな美容液が苦手、でも乾燥は気になるという方にもオススメ。

【アクアレーベル】シミ対策美容液
created by Rinker

おすすめ③【ウテナ】ルミーチェ 美白オイルエッセンス

ウテナ公式HPより引用

30ml/1,320円(税込)

【有効成分】

テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルEX(美白)

【特徴】

  • サラッとした液状のオイル
  • シュガースクワラン、ホホバ油配合
  • 香料あり(ラグジュアリーハーブ)

【こんな方におすすめ】

  • 普通肌
  • 乾性肌
  • 混合肌(皮脂が多い箇所は少なめに)

お肌のキメをふっくら整え、乾燥や刺激から保護してくれるオイル美容液

洗顔後、化粧水の前に使う導入(先行)美容液なので、角質層をやわらかくほぐし、その後のスキンケアの馴染みも良くしてくれるのも魅力的です。

【ウテナ】ルミーチェ 美白オイルエッセンス
created by Rinker

おすすめ④【ちふれ】美白美容液W

ちふれ公式HPより引用

30ml/1,210円(税込)

※詰め替え用は1,100円(税込)

【有効成分】

  • アルブチン(美白)
  • L−アスコルビン酸 2−グルコシド(美白)

【特徴】

  • とろみのある、ジェルっぽいテクスチャー
  • ヒアルロン酸、トレハロース配合
  • 無香料

【こんな方におすすめ】

  • 普通肌
  • 乾性肌
  • 混合肌
  • 脂性肌

伸びも良く、ぷるんっと艶やかなお肌に整えてくれるジェル美容液です。

プチプラなのに美白有効成分が2つも入っているのが魅力的。それぞれが違った方向からメラニン生成抑制に働きかけ、効果的にシミを予防します。

【ちふれ】美白美容液W
created by Rinker

おすすめ⑤【ファンケル】ホワイトニングエッセンス

ファンケル公式HPより引用

18ml/3,300円(税込)

【有効成分】

  • ビタミンC・2-グルコシド(美白)
  • グリチルリチン酸2K(肌荒れ予防)

【特徴】

  • 乳液に近いとろんっとしたテクスチャー
  • 独自技術採用
  • 無香料

【こんな方におすすめ】

  • 普通肌
  • 乾性肌
  • 混合肌
  • 脂性肌

有効成分「ビタミンC・2-グルコシド」「グレープフルーツエキス」「ムラサキシキブ果実エキス」を一緒に配合することで、有効成分の安定性・浸透性・効果の発揮力をサポートするという独自技術を採用し、シミの原因に効果的に働きかけます。

その他、「スクワラン」「植物エキス」といった美容液成分も豊富。独自技術や成分内容を踏まえると、とってもコスパの高い美容液です!

【ファンケル】ホワイトニングエッセンス
created by Rinker

おすすめ⑥【ミノン】薬用マイルド ホワイトニング

ミノン公式HPより引用

30g/2,750円(税込)

【有効成分】

  • L−アスコルビン酸 2−グルコシド
  • グリチルリチン酸2K

【特徴】

  • なめらかなジェル
  • セラミド機能成分、アミノ酸 配合
  • 無香料

【こんな方におすすめ】

  • 普通肌
  • 混合肌
  • 乾性肌
  • 敏感肌
  • ニキビ肌

敏感肌、乾燥やインナードライが気になる肌に嬉しい「セラミド機能成分」「アミノ酸」を配合。

これらの保湿成分がバリア機能をサポートし、紫外線や乾燥によるダメージからお肌を守ります。ジェルタイプですが、使用後はしっとり感があるので乾燥が気になる季節にも使いやすいアイテムです。

【ミノン】薬用マイルド ホワイトニング
created by Rinker

おすすめ⑦【メラノCC】薬用しみ 集中対策 プレミアム美容液

ロート公式HPより引用

20ml/1,628円(税込)

【有効成分】

  • 活性型ビタミンC(美白)
  • ビタミンB6(皮脂抑制)
  • アラントイン(肌荒れ予防)
  • イソプロピルメチルフェノール(殺菌)

【特徴】

  • しっとりした液体タイプ
  • 美白、ニキビ予防の2つの効果が狙える
  • 香料あり(柑橘系の香り)

【こんな方におすすめ】

  • 普通肌
  • 混合肌
  • 脂性肌
  • ニキビ肌

大人気「メラノCC」の最新版。

従来品よりも少ししっとり感が増し、より低刺激性な設計となっていますが、オイリー肌の方も使いやすい美容液です。

保湿よりも、美白やニキビ予防に特化したような成分内容で、シミやニキビ、皮脂が気になる部位・範囲にスポット的に使うのがオススメ

「メラノCC 集中対策プレミアム美容液」こちら「毛穴の黒ずみ対策」記事でもご紹介しています!)

メラノCC 集中対策プレミアム美容液
created by Rinker

おすすめ⑧【美白専科】すっぴん白雪美容液

SENKA公式HPより引用

35g/1,650円

【有効成分】

トラネキサム酸

【特徴】

  • 柔らかいクリームのようなテクスチャー
  • コメ胚芽油、ハチミツ 配合
  • 無香料

【こんな方におすすめ】

  • 普通肌
  • 混合肌(皮脂が多い箇所は少なめに)
  • 乾性肌
  • 敏感肌

乳液やクリームのようにコクのある質感が好きな方にオススメしたい美容液

有効成分は「トラネキサム酸」のみですが、トラネキサム酸自体に抗炎症効果があるので、肌荒れが気になる方にも嬉しい有効成分です。

さらに、お肌を潤すコメ胚芽油やお肌を柔軟にしてくれるハチミツなど、保湿成分が豊富でシミも乾燥も防いでくれます

【美白専科】すっぴん白雪美容液
created by Rinker

おすすめ⑨コーセー【グレイスワン】薬用 美白保湿液

メゾンコーセー公式HPより引用

230ml/1,628円(税込)

【有効成分】

L−アスコルビン酸 2−グルコシド

【特徴】

  • ミルク状のオールインワン
  • 乾燥小じわを目立たせない効能評価試験済み
  • 香りあり(ローズフローラル)

【こんな方におすすめ】

  • 普通肌
  • 混合肌
  • 乾性肌
  • 脂性肌

1本でもスキンケアが完了できるオールインワンで、ベタつかず、みずみずしい使用感。

シミ予防効果はもちろん、大人のお肌に嬉しい「アスタキサンチン」「エラスチン」などの美容液成分も豊富に配合されており、お肌にハリ・ツヤを与えます。

容量が多いので、たっぷり使えるのも魅力的。首元やデコルテまで一緒にケアしちゃいましょう!

【グレイスワン】薬用 美白保湿液
created by Rinker

おすすめ⑩【白潤】プレミアム 薬用ジュレ状美白美容液

ロート公式HPより引用

200ml/1,540円(税込)

【有効成分】

トラネキサム酸

【特徴】

  • ジュレ状で清涼感のある使い心地
  • ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体 配合
  • 香りあり(ハッカ系のスーッとした香り)

【こんな方におすすめ】

  • 普通肌
  • 混合肌
  • 脂性肌
  • ニキビ肌

さっぱりとした使用感がお好きな方にオススメしたい美容液。

水分をたっぷり含んだぷるぷるのジュレが、お肌をひんやり潤します。

「ビタミンC誘導体」「ビタミンE」「ヨクイニンエキス」「アーティチョークエキス」といった美肌成分も豊富で、キメの整ったなめらかな肌へと導きます。

【白潤】プレミアム 薬用ジュレ状美白美容液
created by Rinker

【効果・検証】プチプラ美白美容液の選び方

ここまで、編集部オススメのプチプラ美白美容液をご紹介してきましたが、ご自身で一から美白美容液を探す場合は、以下の5つのポイントを参考にしてみて下さい

  1. 医薬部外品(薬用美白化粧品)を選ぶ
  2. 有効成分の種類をチェック
  3. テクスチャー、使用感をチェック
  4. 香料の有無をチェック
  5. オールインワンジェルも選択肢に入れる

それぞれ、簡単に解説していきますね!

「医薬部外品(薬用美白化粧品)」を選ぶ

医薬部外品(薬用化粧品)とは、厚生労働省に認めた有効成分を規定量配合し、その成分による特定の効果が期待できると承認を受けた化粧品のこと。

そして、「美白」「ホワイトニング」という表記ができる商品は、この医薬部外品(薬用化粧品)に限られています。なので「医薬部外品」「有効成分」の表記がある美白美容液を選びましょう!

厳密に言えば、医薬部外品の申請を出していないから「美白」と表記できないだけで、本当は医薬部外品と同量の美白成分を配合している化粧品もあると思いますが、それを一般消費者が正確に見抜くことは難しい。よって、まずは「美白」「ホワイトニング」「医薬部外品」「有効成分」といったキーワードが目印になります。

「有効成分」の種類

先ほども解説したように、美白化粧品には必ず美白効果が認められた有効成分が配合されています。

そして美白有効成分は数種類あり、それぞれ特徴があるので、自分の気になるものやお肌に合いそうなものを選びましょう。プチプラ美白美容液によく使用される美白有効成分は以下の4つ。

トラネキサム酸

肌の中でメラニン生成指令が発令されるのをストップします。炎症を抑える働きも持っているのが特徴的。

アルブチン

メラニンができる原因の酵素(チロシナーゼ)の働きを抑え、メラニンの合成を阻害。強力な美白作用を持つと言われるハイドロキノンの誘導体ですが、ハイドロキノンより低刺激性で安定性があります。

ビタミンC誘導体

メラニンの生成を抑えたり、メラニン色素の還元(無色化)作用がある。

基本的に

  • 速攻性をもつ水溶性
  • 持続性のある油溶性

の2種類がありますが、水溶性ビタミンC誘導体を配合している美白美容液の方が品数が多く選びやすいです。また、美白美容液に配合されるビタミンC誘導体の成分表示名はこちら。

【水溶性ビタミンC誘導体】

  • L−アスコルビン酸(ビタミンC) 2−グルコシド
  • 3-O-エチルアスコルビン酸
  • リン酸アスコルビルMg

など。

【油溶性ビタミンC誘導体】

テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル(EX)

など。

プラセンタ

保湿効果も期待でき、低刺激性で敏感肌さんにもオススメの美白成分。

保湿成分としてはよく一般化粧品(医薬部外品でない化粧品)にも配合されていますが、美白有効成分として配合している化粧品はやや少なめ。見つけたときはお見逃しなく!

「テクスチャー&使用感」のチェック

「美容液」と言っても、液状・ジェル状・乳液状と様々ですし、さっぱり系もあれば、しっとり系もあります。

こういったテクスチャや使用感だけで美白効果の有無を判断することはできませんが、美白ケアは根気よく続けることでじわじわ効果が出てくるものなので、

  • 自分の肌と合いそうか
  • 好みの質感か
  • 手持ちのスキンケアと併用できそうか

という点も意識して長く使えそうな美白美容液を選びましょう。テスターがあればそれが一番ですが、無ければ口コミサイトの意見や写真などが参考になりますよ。

「香り」の有無

香りは個人の好みや使いやすさに関わるので、需要なチェック項目です。香り付けされているかどうかを見抜くポイントは、全成分表示に

  • 「香料」と記載があるか
  • 精油の名前が入っているか

の2点。

「香料」と書かれていれば何かしら香り付けされているのが一目瞭然ですが、「香料」とは書かずに精油の名前で表記されている場合があります。

例えば

  • ラベンダー油
  • オレンジ油
  • グレープフルーツ果皮油

など。逆に、無香料が望ましい方は、こういった表記のない美白美容液を探しましょう。

美白オールインワンジェルを見逃すな!

「お気に入りの美白美容液が見つからない…」という時は、「美白オールインワン」を美容液として使ってみるのも手です。

オールインワンには、メーカーがそれ1本でもスキンケアが完了できるように

  • 様々な美容液成分を配合
  • それでいて使い心地の良いテクスチャー

を叶えた、コスパの高い商品が沢山揃っています。もちろん、オールインワン「ジェル」でも「クリーム」でもOK

どちらかと言えばジェルの方が軽やかな使用感で、後でクリームや乳液を重ねやすい傾向があります。ですが、オールインワンだけで保湿効果・美容効果を十分に感じられた場合は、無理に他のアイテムを併用する必要はないです。

ただし、美白美容液の代わりとしてオールインワンを選ぶときも「美白」「医薬部外品」などの表記があるものをチョイスしましょう。

まとめ:コスパの良い美白美容液で根気よくシミ対策!

いかがでしたでしょうか?

美白美容液を含め、基礎化粧品だけでも高価なものを使った方が良いのかな…と悩むときもありますが、お家でのスキンケアは長く使い続けることが効果を実感する最大の秘訣

使用感や成分だけでなく、価格も考慮して、3ヵ月~半年は使い続けられそうなものを選ぶことが大切です。今回の内容が、そんな美白美容液選びの参考になると嬉しいです。

最後までご覧頂きありがとうございました!



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる