【学生限定】美容フォトコンテスト【STUDENT CUP 2021】開催中!応募はこちらから!

評判のカラーアイライナー【プチプラ&デパコス】おすすめ&使い方!



ここ最近、柄や素材にこだわった個性あふれるマスクで、オシャレを楽しむ方がグンっと増えましたよね。でも、せっかくならアイメイクにもこだわって、さらにワンランク上のオシャレを楽しんでみませんか?

ということで今回、ファッションエッジ編集部では、美容雑誌やSNSでも特集が組まれるほど話題の「カラーアイライナー」について、まとめてみました。

ご紹介する「カラーアイライナー」いつものアイメイクにプラスオンすれば、誰でも簡単に旬な目元に早変わりできちゃいますよ。

前半では「2021年のアイメイクトレンド情報」「【一重さん・奥二重別】仕上げ方のコツ」、後半では「おすすめのアイライナー」についてもご紹介していくので、「まだカラーアイライナーを使ったことがない」「使ってみたいけど、どんな風に仕上げたらいいか分からない」という方も、ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

【初心者も簡単!】優秀おすすめの【プチプラ】カラーアイライナー5選!

【デパコス】カラーアイライナーおすすめ!違いとペンシル&リキッド5選!

【2021年春夏】最新のアイメイク事情【トレンド】

トレンド感ある目元に仕上げる為にも、まずは、ここ最近の「トレンドカラー」「仕上がりのイメージ」は、どのような傾向なのか知るところから始めてみましょう!

【2021年春夏】のトレンドはニュアンスカラー!!【トレンドカラー】

ファッションエッジ編集部がおすすめする「2021年春夏のトレンドカラー」は、【くすみピンク、グレー、オリーブ、バイオレット、ベージュ】などのニュアンスカラー

また、「ヌーディーカラー」や、明るい色にややくすみがかったような「シャーベットカラー」が、昨年に引き続きトレンドインしています。

今期は、アイシャドウの色味はやや控えめに仕上げるも、「カラーマスカラ」「カラーアイライナー」で目元にアクセントを持たせ、自然体だけど生命力に満ちあふれたアイメイクが人気です。

アイライナーの引き方にも遊び心が見られ、ブラックやブラウンの色でフレームをしっかり際立たせた上から「カラーアイライナー」を重ねる入れ方が人気。また、「カラーアイライナー」を目頭や目尻、下まぶたなどにアクセント的に使う入れ方がトレンドです。

「イエベ」や「ブルべ」など自分に似合うカラーと同時に、その中で好みの色で自分らしさを表現することも大切。使用したことのないカラーにもどんどん挑戦して、イメチェンを楽しみましょう!

【一重さん・奥二重さん別】カラーアイライナーで旬の目元に仕上げるコツ

<一重さんへのワンポイントアドバイス>“トレンドアイ”に仕上げるコツ

メゾンコーセー 公式HPより引用

一重さんの目元は、まぶたの重みでアイライナーが隠れてしまいやすいので、アイライナーを普通に入れるやり方ではNG!腫れぼったさを目立たせないような入れ方をマスターしましょう。

■ 使用するアイテム

  • ブラウンの「リキッドアイライナー」
  • 「リキッドorペンシルタイプ」のカラーアイライナー
  • 「クレヨンタイプ」のカラーアイライナー(ニュアンスカラーがおすすめ)

■ ブラウンの「リキッドアイライナー」で目元を引き締める

ブラウン「リキッドアイライナー」でまつ毛の隙間を埋めるように描き、目元を引き締めていきます。

■「キャットライン」は7mm外側に「太め」に入れる

Watashi+公式HPより引用

そのまま、目尻から7mmほど外側に向かい「キャットライン」を引いたら、その上に「カラーアイライナー」をオンして太さを出します。

※ まつ毛の隙間をしっかり埋めてから、「カラーアイライナー」を目尻のみにポイントで重ねることで、一重さん特有の目の腫れぼったさが引き締まり、目力UPも期待できます。

下まぶたにも「カラーアイライナー」をオン

「クレヨンタイプ」のカラーアイライナーで、涙袋をつくるように下まぶたに入れます。すっきり目の一重さんに涙袋をつくることで、ぱっちりした存在感ある目元に仕上がります。

使用する色はニュアンスカラーの「ライトブラウン」「アプリコット」などがおすすめ。また、鮮やかな色の「カラーアイライナー」を下まぶたの目尻3分の1にポイントとして入れれば、トレンド感が出てさらにGood!

※下まぶたはにじみやすい部分なので、ウォータープルーフやスマッジプルーフ処方のものを使うとにじみ防止になります。パウダーなどで油分を抑えてから引くと、さらに失敗しにくいですよ。

<奥二重さんへのワンポイントアドバイス>“トレンドアイ”に仕上げるコツ

二重幅が狭めな奥二重さんは、アイライナーを二重幅いっぱいに入れてしまうと、逆に目を小さく見せてしまいがち。二重幅より「細め」に入れるのがポイント。

■ 使用するアイテム

  • 「リキッドorペンシルタイプ」のカラーアイライナー
  • 目頭2分の1はインライン、目尻2分の1はアウトライン

まずは「リキッドorペンシルタイプ」のカラーアイライナーで、上まぶたのインラインとアウトラインを埋めてフレームを強調していきます。奥二重さんの場合は、目を縦半分に分けたとき、目頭側はインラインを、目尻側はアウトラインを埋めるように描いていくのがポイント。

※奥二重さんの場合、アウトラインを二重幅いっぱいに入れてしまうと、逆に小粒な目に見えてしまうので、できるだけまつ毛の際ぎりぎりに「細め」に入れていきましょう

■「キャットライン」は5mm外側水平に描く

そのまま「キャットライン」を引いていきます。「キャットライン」は水平に真横に流すように描くのがポイント。奥二重さんの場合、目尻を跳ね上げすぎるとまぶたの重みで隠れやすく、また長めに伸ばしてしまうと目の形上アンバランスになってしまうので、上まぶたの延長ライン5mm程外側を目安に、色が少し見える位まででOK

「キャットライン」を太めに描き、アクセントを持たせることでよりトレンド感がUPしますよ。

■ 下まぶたは黒目の真下に「カラーアイライナー」をON

「カラーアイライナー」を黒目の真下に入れていきます。こうすることで、ぱっちりとした目元に見せることができます。ラインを入れたら綿棒や細チップなどでぼかしてしっかりなじませましょう。

※上まぶたに入れた色と同色にすれば、まとまり感が出ますし、上下で色を変えれば、上級者っぽい仕上がりになりますよ。

<一重さん・奥二重さん共通>

「カラーアイライナー」は、アイシャドウ代わりに使うこともできます

目の際に入れたラインにチップなどを使い、まぶたまでぼかしていきます。広げる範囲は、目を開けて色味が少し見えるところまで。あまり広範囲にぼかしすぎると、逆に腫れぼったく見えてしまうので気をつけて!

使用するアイテムは、ぼかしやすい「ペンシルタイプ」「クレヨンタイプ」カラーアイライナーがおすすめです。

おわりに:アイメイクは楽しんだもん勝ち!

今回、デパコスからプチプラまで幅広く、今話題の「カラーアイライナー」についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

カラーアイライナーは、質感や色、入れ方によってさまざまなイメージに仕上がるので、奥が深くて面白いですよね。お持ちのアイシャドウと組み合わせれば、さらに世界は広がります。

ここでお気に入りの1本を見つけて、ぜひ自分らしさを表現して楽しんでくださいね!



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!
目次
閉じる