【学生限定】美容フォトコンテスト【STUDENT CUP 2021】開催中!応募はこちらから!

【プチプラのシートマスク】こそ毎日使いに最適!肌質別選び方&プロ推薦おすすめ12選!



お肌にヒタヒタのうるおいをチャージできるシートマスク

顔に貼り付ている間は両手も空くので、ドライヤーしながら、スマホを触りながらなど、「ながら美容」にもうってつけのスキンケアアイテムですよね。

だからこそ、自分のお肌に合った効果的なシートマスクを選びたいもの。

そこで今回は、「乾燥」「美白」「肌荒れ」「エイジングケア」など、肌悩み別に毎日使えるリーズナブルなシートマスクをご紹介していきます。美容業界のプロであるファッションエッジ編集部が推薦する、ひったひたでぷるんっとうるおうシートマスクを教えちゃいますね。

それではまず、毎日使いできるシートマスクはプチプラこそ良い理由と、自分にあったシートマスクの選び方から一緒に学んでいきましょう!

目次

シートマスクの効果は?毎日使いにプチプラシートマスクがオススメな理由!

そもそも、シートマスクって効果あるの??→ある&入浴後が最適!

シートマスクは本来、美容液代わりに使用するもの。シート内部にひったひたになった美容液が含まれているため、美容液成分を肌の中に密閉しながら届けてくれます。マスクの密閉効果で角質層の奥まで浸透しやすく、とくに乾燥が気になる場合は毎日使用することで、より高い効果へと導いてくれます。

また、シートマスクは入浴後の毛穴が開いている状態での使用がベスト。美容成分がじゅわーっと肌の中に染み込んでくれますよ。その他、蒸しタオルを使用した後にも効果的です。

その他、朝のメイク前に使用すると、メイクのノリがさらによくなります。スペシャルな日の朝には思い切って使用してみるのも◎ですよ!

美容成分が豊富過ぎるマスクは、かえって肌の負担に!→スペシャルケア向き

気を付けて欲しいのでが、美肌を手に入れようとして、美容成分が豊富すぎるシートマスクを毎日使いしてしまうこと。毎日使いを前提としているタイプならもちろんOKですが、そうでないタイプはかえって肌に負担を掛けてしまいます

また、詳しくは後述しますが、乾燥肌さんは比較的毎日使いに向いています。一方、普通肌さんなど、そこまでうるおいに困っていない方は、適切な使用をオススメします。

コスパに優れたプチプラのシートマスクこそ、毎日使いに最適!

上述の通り、毎日使い向きではない高機能(+高価)なシートマスクは、使用し過ぎると肌の負担に。だからこそ、「コスパが高く」「毎日使いできる成分の入った」シートマスクこそ、結果的に毎日使えて良い結果へと導きます

後半では美容のプロである編集部が厳選したシートマスクもご紹介するので、ぜひ読んでみてくださいね!

シートマスクの選び方、肌質別におすすめの含有成分は??

それでは、自分に合ったシートマスクを選ぶ簡単な方法を解説していきます。ポイントはこちらの3つ。

  • 自分の肌質に合ったものを選ぶ
  • 肌悩みに対応したものを選ぶ
  • 香料の有無

1つずつ、詳しく解説していきます。

自分の肌質に合ったものを選ぶ(超重要)

シートマスクを選ぶ際は、まずは自分の肌質に合うものを選ぶことからはじめましょう。

  • 乾性肌→保湿成分豊富
  • 脂性肌→オイルフリー
  • インナードライ→オイルフリー&保湿効果◎
  • 敏感肌→香料、エタノールフリー

など。

例えば、オイルインのシートマスクは乾性肌さんには有効ですが、皮脂過剰によるニキビでお悩みの方は、ニキビを悪化させるリスクがあるので避けた方が無難

また、植物エキスが多数配合されているアイテムは様々な美容効果も期待できますが、その分、刺激のリスクも高まるため敏感肌さんは注意しましょう。

肌悩みに対応したシートマスクを選ぶ(重要)

次に、シートマスクでどんな肌悩みをケアしたいのか明確にしましょう。

  • 乾燥対策→高保湿
  • 美白・肌荒れ対策→有効成分配合
  • ハリ・ツヤ対策→高保湿+美肌成分豊富

各肌悩みにおすすめの成分はこちらです。

<乾燥対策①>

  • セラミド類
  • アミノ酸類
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • リピジュア

これらは、肌質問わず使いやすい保湿成分。なのでインナードライさんも注目です。また、お肌が乾燥していては美白ケアもニキビケアも成り立ちませんので、乾燥以外の肌悩みにもおすすめの成分です。

<乾燥対策②>

  • アルガニアスピノサ核油
  • ホホバオイル
  • スクワラン
  • シア脂

これらはオイル成分で、高保湿なシートマスクを使いたい乾性肌さんや、お肌にハリやツヤを与えたい方に特におすすめ。一方で脂性肌さんや、ニキビ肌さんでオイルフリー化粧品が好ましい方は避けたい成分でもあるので、製品の成分内容を要チェックです。

<美白対策>

  • アスコルビン酸2-グルコシド
  • 3-O-エチルアスコルビン酸
  • ナイアシンアミド
  • プラセンタエキス
  • トラネキサム酸
  • アルブチン

成分表示の欄に「有効成分」の文字があり、そこにこれらの成分名が記載されていれば、メラニンの生成を抑制し、シミ・ソバカスを防ぐ美白効果が期待できます。

<肌荒れ対策>

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • アラントイン

ニキビや肌荒れが気になる方は、これらが有効成分として配合されているものがおすすめ。とはいえ、シートマスクの場合、美白成分と一緒にこれらが有効成分として配合されていることの方が多いです。シートマスクで肌荒れ予防を行いたい方は、美白効果を狙ったフェイスマスクをチェックしてみましょう。

<ハリ、ツヤ対策>

  • ユビキノン(コエンザイムQ10)
  • ビタミンE誘導体
  • アスタキサンチン
  • レチノール

これらは、お肌のハリやツヤ感を与えるなど、大人のお肌にうれしい成分です。年齢に応じたスキンケアを意識したい方は、保湿成分に加え、こういった美肌成分もチェック。

香料の有無

シートマスクは一定時間、肌に貼り付けるものなので、香料の有無も大事なチェックポイント。香りによって癒されたい方は香料が配合されているタイプが◎。お肌への刺激や負担が気になる方は無香料タイプがおすすめです。使っていてストレスにならないシートマスクを選びましょう

ではここからは、編集部おすすめの毎日使えるプチプラシートマスクを「乾燥」「美白・肌荒れ」「ハリ・ツヤ」の3つの肌悩み別にご紹介していきます。まずは、高保湿でしっかりうるおいをチャージできる乾燥対策編から見ていきましょう!

毎日使えるおすすめプチプラシートマスク【乾燥対策編】

【ルルルン】フェイスマスク 青のルルルン

ルルルン公式HPより引用

<価格>

税込1,760円/32枚入り

<特徴>

  • 無香料
  • オイルフリー
  • リピジュア配合

肌にうるおいを巡らせ、キープする力に着目して作られたフェイスマスク。水で洗ってもお肌に残るうるおい成分「リピジュア」や、肌にもともと存在する天然保湿因子のPCA-Naなど、保湿効果が期待できる成分がたっぷり皮脂が気になるインナードライさんも使いやすいです

【ルルルン】フェイスマスク 青のルルルン
created by Rinker

【無印良品】保湿シートマスク

無印良品公式HPより引用

<価格>

税込999円/30枚入り

<特徴>

  • 無香料
  • オイルフリー
  • 保湿&お肌引きしめ

薄手のシートですが、ルルルンと同じくリピジュアやPCN-Na、その他保湿成分配合でしっとりとしたうるおい効果が期待できます。また、シンプルな成分内容ながらも、お肌を引き締めてくれるスベリヒユエキスが配合されているのも魅力的です。

【無印良品】保湿シートマスク
created by Rinker

【ボタニスト】ボタニカルシートマスク

ボタニスト公式HPより引用

<価格>

税込1,980円/25枚入り

<特徴>

  • 香料あり
  • オイルイン
  • その他保湿成分多数

コメヌカ油やツバキ種子油といった、美肌に嬉しいオイル成分配合。さらに、ヒト型セラミドやシロキクラゲ多糖体、エクトイン、アミノ酸類といった様々な保湿成分が配合され、人一倍乾性肌にお悩みの方におすすめお肌にしっかりフィットする肉厚シートでリッチな保湿ケアが可能です。

【ボタニスト】ボタニカルシートマスク
created by Rinker

【コーセー クリアターン】美肌職人 はちみつマスク

メゾンコーセー公式HPより引用

<価格>

税込1,540円/30枚入り

<特徴>

  • 香料あり
  • オイルイン
  • 温泉水配合

お肌をやわらげ、うるおいを与える温泉水をベースに、アミノ酸や糖を豊富に含むハチミツやしっとり感を付与するエステル油を配合ゴワつきを感じる肌のキメを整え、ふっくらツヤ肌に仕上げます

【コーセー クリアターン】美肌職人 はちみつマスク
created by Rinker

毎日使えるおすすめプチプラシートマスク【美白・肌荒れ対策編】

【ジャパンギャルズ】 ホワイトエッセンスマスク

ジャパンギャルズ公式HPより引用

<価格>

税込1,650円/30枚入り

<有効成分>

  • 水溶性プラセンタエキス(美白)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(肌荒れ予防)

<特徴>

  • 無香料
  • オイルフリー
  • 敏感肌さんにもおすすめ

みずみずしいエッセンスで、水分をたっぷり含んだようなぷるぷるの後肌に。比較的シンプルな成分設計も魅力的です。美白・肌荒れ予防の有効成分の他に、保湿成分のコラーゲン、ビタミンC誘導体やアロエエキス、クワエキスなど、お肌を健やかに整える成分が、バランス良く配合されています

【ジャパンギャルズ】 ホワイトエッセンスマスク
created by Rinker

【コーセークリアターン】薬用美白 肌ホワイト マスク

メゾンコーセー公式HPより引用

<価格>

税込1,408円/50枚入り

<有効成分>

ナイアシンアミド

<その他特徴>

  • 香料あり
  • オイルインでしっとり
  • 美白&乾燥小じわ対策に

化粧水に近いエッセンスですが、オイルの配合もあるので使用後はお肌がしっとり。さらにアスタキサンチンやエラスチン、天然ビタミンEなどの美容液成分も多数配合されています。シミだけでなく乾燥小じわ対策もできる、とてもコスパの良いシートマスクです。

【コーセークリアターン】ホワイト マスク (ビタミンC)

メゾンコーセー公式HPより引用

<価格>

税込638円/5枚入り

<有効成分>

  • アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)

<その他特徴>

  • 無香料
  • オイルフリー
  • 脂性肌さんにおすすめ

オイルフリー&ビタミンC(誘導体)による皮脂抑制効果で、脂性肌さんも使いやすいシートマスクです。肌を引き締める植物エキスや、アミノ酸やミネラルを含む海藻エキスも配合。程よい保湿感で、なめらかなお肌に整えます

【コーセークリアターン】薬用美白 肌ホワイト マスク
created by Rinker

【肌美精】うるおい浸透マスク (深層美白)

肌美精公式HPより引用

<価格>

税込711円/5枚入り

<有効成分>

  • L-アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(肌荒れ予防)

<その他特徴>

  • 香料あり
  • オイルフリー
  • ニキビ肌さんにも

肌荒れ予防の有効成分に加え、角質をケアするレモンエキスや、お肌を健やかに保つヨクイニンエキス配合肌荒れケアを意識しながら美白対策ができるマスクです。しっかりとお顔を覆える大きめでやや厚手のシートも人気の秘密。

【肌美精】うるおい浸透マスク (深層美白)
created by Rinker

毎日使えるおすすめプチプラシートマスク【ハリ・ツヤ対策編】

【コーセークリアターン】超濃厚保湿 マスク EX

メゾンコーセー公式HPより引用

<価格>

税込1,408円/40枚入り

<特徴>

  • 無香料
  • オイルイン
  • コエンザイムQ10配合

リピジュアやヒアルロン酸に加え、アルガンオイルやメドウフォーム油配合で濃厚なうるおい感。さらに、お肌にハリ・ツヤを与えるコエンザイムQ10やトコフェロールも配合し、乾燥小じわを目立たなくする効果が認められたリッチなシートマスクです。

【コーセークリアターン】超濃厚保湿 マスク EX
created by Rinker

【なめらか本舗】リンクルシートマスク N

SANA公式HPより引用

<価格>

税込1,540円/20枚入り

<特徴>

  • 無香料
  • オイルイン
  • レチノール配合

エイジングケア成分として人気の純粋レチノール配合乾燥小じわを目立たなくする効果が認められています。液体はとろんっとした乳液ジェルで、ヒト型セラミドやPCA-Na、豆乳発酵液といった保湿成分も豊富に配合されています。

【なめらか本舗】リンクルシートマスク N
created by Rinker

【サボリーノ】オトナプラス 夜用チャージフルマスク ハリ

サボリーノ公式HPより引用

<価格>

税込1,760円/30枚入り

<特徴>

  • 無香料
  • オイルイン
  • 美容液成分多数の5in1マスク

角層に馴染み、うるおいを与えるマイクロコラーゲンや、肌表面に留まりうるおいをキープするシールドコラーゲン配合。さらに角質ケアに効果的なリンゴ酸や、ハリ・ツヤを与えるコエンザイムQ10、トコフェロール、プラセンタなど様々な美容液成分配合。オイル成分も入っているので、これ1つでスキンケアを完了させることも可能です。

【サボリーノ】オトナプラス 夜用チャージフルマスク ハリ
created by Rinker

【プリュ】EGF ディープモイストマスク

プリュ公式HPより引用

<価格>

税込1,390円/20枚入り

<特徴>

  • 香料あり
  • オイルフリー
  • ペプチド成分配合

お肌にハリや弾力を与えるペプチドをはじめ、アルブチンやプラセンタ、白金など11種類もの美容液成分を配合したシートマスク。ヒト型セラミドやプロテオグリカンが配合されているので、ノンオイルでもしっかりと保湿効果を実感でき、インナードライにお悩みの方にもおすすめです。

【プリュ】EGF ディープモイストマスク
created by Rinker

シートマスクは毎日使っていい?➡良い!&正しい使い方!

不織布のシートマスクは、化粧水や美容液の代わりとして毎日使用してOK!むしろ大容量で美白や肌荒れ予防効果を狙ったシートマスクなどは、毎日使った方がじわじわと効果を感じられます。

シートマスクを使うタイミング・順番

シートマスクの使用方法は、製品の袋や箱などに記載されている通りに使うのが基本

一般的には、

  1. 洗顔・クレンジング
  2. 導入美容液
  3. 化粧水
  4. シートマスク
  5. 美容液
  6. 乳液やクリーム

の順番です。もちろん、シートマスクを化粧水や美容液の代わりとして使用する場合は、化粧水や美容液は省いてOK。

シートマスクの使用時間

シートマスクを顔に貼り付けるのは5~10分程度が一般的。こちらも各製品の使い方に従いましょう。

また、長時間シートマスクを付けたままにしておくのはNG。マスク自体が乾燥し、今度はマスクがお肌の水分を奪ってしまうので逆効果です。

最後に:その他、よくある質問にも答えてみました!

シートマスクと美容液、どっちが先?

シートマスクにも美容液にも使用順が記載されておらず、美容液とシートマスクの順番に迷った時は、それぞれの質感で判断しましょう

  • みずみずしい質感、オイル配合なし→先
  • とろっと重ため、オイルの配合あり→後

シートマスクを冷蔵庫で冷やすのはOK?

製品の箱や袋、もしくは公式サイト等に冷蔵庫で冷やして良いと記載があるなら可能です。そうでない場合は冷蔵庫でシートマスクを冷やすのは避けた方が無難。成分や品質に良くない影響が出ることもあるので気を付けましょう

シートマスクとローションパックの併用はOK?

化粧水を浸したコットンをお肌に貼り付けるローションパックですが、シートマスクとローションパックを併用するのはあまりおすすめできません。水分の与え過ぎでお肌(角層)がふやけ、逆にお肌のバリア機能が低下してしまう恐れがあるからです。

ローションパックをしたい時はシートマスクをお休み。逆にシートマスクをする時は、ローションパックはお休みしましょう。

今回は以上となりますが、いかがでしたでしょうか。ぜひ、お気に入りのシートマスクを見つけて、忙しいあなたの毎日の心強い味方にしてくださいね!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!
目次
閉じる