【花王エスト(est)】GPの全種類口コミ!サイクルセラムケアの使用法、効果



こんにちは、ファッションエッジ編集部です!

201911月、花王エスト(est)から、今までにないまったく新しい美容法を取り入れたスキンケアブランド「GPサイクルセラムケア」が誕生しました。

「GPサイクルセラムケア」は、「エスト セラム ワン」「エストG.P. コンディショニング セラム」「エストG.P. エンリッチド セラム」という、タイプや働きの異なる3種の美容液から構成されています。

お手入れ方法は、とてもシンプル。泡/ローション/エマルジョン状の3タイプを、3ステップで順番に使っていくだけ。年齢と共に、お手入れのステップが複雑化して困るという方にもピッタリ

そんな「GPサイクルセラムケア」ですが、

「自分の肌にはどういいの?」

「どのように選んだらいいの?」

と感じている方も多いはず。そんな疑問を解決すべく、「GPサイクルセラムケア」「使用者の口コミ」も参考にしながら徹底解剖しちゃいます!

まずは、「GPサイクルセラムケアがどんなシリーズなのか?」というところからチェックしていきましょう!

目次

【花王エスト(est)】GPの全種類口コミ!サイクルセラムケアの使用法、効果

GPサイクルセラムケア」シリーズとは?

花王est 公式HPより引用

「GPサイクルセラムケア」は、花王エストが自らが美しくなろうとする力を「起動させ、守り、満たす」という、美のサイクルを循環させ、美肌を生み出すことをコンセプトに誕生したシリーズ。

「エスト セラム ワン」「エストG.P. コンディショニング セラム」「エストG.P. エンリッチド セラム」の3製品があり、美しさを保つために必要な血流や、健やかな肌をつくるためのタンパク質の合成、肌のリサイクル機能など、さまざまな「巡り」に着目。

3ステップすべて美容液という、贅沢かつ斬新な美容法で美の潜在力を引き出し循環させることで、自分史上最高の肌へと導いてくれる高付加価値のラインです。価格も決して安くはありませんが、それ以上の価値を提供してくれるシリーズと評判です。

ここでは、編集部がピックアップした花王エスト「GPサイクルセラムケア」魅力について詳しくご紹介していきますよ。

美容成分がすごい!<成分表>を解析してみた!

花王est 公式HPより引用

成分表を見ると、3つの美容液すべてメイン成分は「GPサイクルコンプレックス」となっています。しかし、保湿成分ひとつあげてみても、「エストセラムワン」には「ユズエキス」「エストGPエンリッチドセラム」には「ローズマリーエキス」と、美容液ごとにそれぞれ異なる保湿成分で構成されているのが分かります。

配合する保湿成分を美容液ごとに変えることで、感触や使用感、浸透性に違いをもたせ、どんなに乾燥しやすい肌質の方でも肌の内側からしっかりうるおいを実感できるよう、工夫されているのですね。

保湿力だけじゃない!その他の美容効果

例えば、「エストセラムワン」に配合されている「ユズエキス」には、保湿効果以外にも血流を促し、肌のバリア機能を高める効果が期待できます。

その他、「エストGPコンディショニングセラム」に配合されている「アミジノプロリン」には表皮と真皮の弾力を高め、乾燥による小じわを目立たなくする効果が、「エストGPエンリッチドセラム」に配合されている「ローズマリーエキス」には新陳代謝を促し、肌老化を防止する抗酸化効果など・・・。

保湿効果だけでなく、その他の優れた美容効果も期待できる成分構成になっています。

シンプルで独創的な美容法

GPサイクルセラムケアは、化粧水から始まり、乳液、クリームの流れで行う・・・という今までの美容法とは違い3ステップすべて美容液でお手入れするという独創的な美容法。

「美容液だけを3回」と考えるとシンプルで、一方で「本当に効果あるの?」と思われがち。しかし、花王エストは美容液にあるメリットと、きちんとそれぞれの成分に差を設ける独創性で、悩みに則した肌のコンディションを短い期間で最良な状態に。

何より、GPサイクルセラムケアの美容液には、普通の化粧水や乳液などでは補えないような美容成分がギュっと凝縮されています。根の深いお悩みに対しても、ダイレクトにアプローチすることが可能に。

自分好みにパーソナライズが可能

GPサイクルセラムケアの最大の魅力といってもいいのが、STEP2以降のお手入れを自分好みに組み合わせることができるところ。

詳しく説明すると、STEP2「エストGP コンディショニングセラム」の「守る」お手入れと、STEP3の「満たす」お手入れを、それぞれ肌への働きかけの異なるそれぞれ4タイプの美容液から、ご自身の肌状態や肌悩みに合わせてチョイスできるというものです。

STEP2&STEP3の4タイプ

  • モイスチャライジング〈保湿〉
  • リフトモイスト〈ハリ〉
  • ルーセント〈潤いによる明るさ〉
  • ホワイトニング〈美白〉

STEP2STEP3それぞれ4タイプずつで、組み合わせは16通り季節や肌状態によって組み合わせ方を変えることができるので、使用アイテムがどんどん増えていって困るという心配がなくなりますよ。

STEP1:炭酸泡の導入美容液「エスト セラム ワン」

花王est 公式HPより引用

価格:税込 13,200円/90g〈本品〉 

<特長>

肌が本来持つ美しくなろうとする力を、「起動」させるのがエストセラムワンの役割。キメの生成効果や保湿力に優れた美容成分である、「GPサイクルコンプレックスα」を贅沢に配合しています。

毛穴より小さい濃密な炭酸泡が、伸ばしていくうちに白い乳液状に変化。へたれにくく、きめ細かい上つぶれにくいという優れた特長があります。

<肌効果>

濃密な炭酸泡の美容液が肌の角層へじわじわと浸透し、乾燥して硬くごわついた肌を柔らかくほぐしていきます。また、炭酸泡が肌の血流を促し、くすみを一掃。透き通るような明るい肌へと導いてくれます。さらに、つけた瞬間から肌がうるおいとハリで満たされていくのを実感できます。

<使用者の口コミ>

  • いつも気になっている憎き毛穴がシュワ―と縮んでいきました。美容成分でお肌が柔らかくモチモチになるので、この後の化粧ノリも良かったです。
  • 他の炭酸美容法で代用する時もあるのですが、肌の血色感、色ムラ、くすみ抜けなど、いずれにおいてもこちらは頭ひとつ抜けた肌実感が得られると感じています。ターンオーバーの乱れやざらつき、ごわつきなどの悩みにもおすすめ。
  • これを塗っただけでも肌がしっとりします。使い始めて早い段階で肌が整い透明感がでた気がします。肌がつるつるふわふわなので、ついつい触ってしまう肌に。私にとってお値段は高額ですが、それでもまた次使いたいなと思います。
  • 炭酸が入ったものはいくつか使ったことがありますが、その中でもこちらはダントツに刺激がない。シュワシュワパチパチもなく、お肌に刺激がないので使いやすいです。季節の変わり目で、花粉の影響もある時期でも、特に肌の調子を崩すことなく過ごせているので、こちらでの栄養補給が効いているのかなと感じました。

<編集部の評価>

こちらのエストセラムワンは、出したては濃密な泡。しかし、肌にのせた瞬間から緩めの液状に変わり、じんわりと肌に溶け込んでいきます。炭酸泡特有のピリピリとした刺激もなく、刺激に敏感な方でも安心して使えるという点が高評価でした。

さらに、栄養素は血流によって全身に行きわたるので、いつものスキンケアの前に導入美容液であるエストセラムワンを塗って肌を柔らかくほぐせば浸透力も高まり、確実な肌実感につながるのではと感じました。普段のお手入れの効果が実感しにくいという方には、ぜひ取り入れてみて欲しい1本です。

【花王est】 エスト セラム ワン
created by Rinker

STEP2:ローション状美容液「エストGP コンディショニングセラム」

花王est 公式HPより引用

価格:税込 13,200円/100m〈本品〉

<特長>

肌が自ら美しくなろうとする力を維持して「守る」のが、GPコンディショニングセラムの役割。先ほども述べた通り

  • モイスチャライジング〈保湿〉
  • リフトモイスト〈ハリ〉
  • ルーセント〈潤いによる明るさ〉
  • ホワイトニング〈美白〉

の、4タイプが展開されています。

肌の貯水力を高め、乾燥ダメージから肌を守る美容成分である「GPサイクルコンプレックスβ」を贅沢に配合。肌の生まれ変わりを助けバリア機能を高めることで、ゆるぎ知らずの安定した肌へと導いてくれます。透明&とろみのあるテクスチャーがピタッと肌に密着し、すばやく馴染んでいくのを実感できます。

エストGP コンディショニングセラム【モイスチャライジング】の口コミ

  • 以前はエストザローションを使用していましたが、こちらに切り替えてからさらに肌がもっちりとしたと思います。冬場は乾燥が酷くて結構粉ふく肌も、こちらに切り替えてからは乾燥しなくなりました。
  • 保湿重視なので、迷わずモイスチャライジングを選びました。セラムワンの後になじませると浸透が早くお肌がモチモチになります。スキンケアの時間が短くて済みます。
【花王est】エストGP コンディショニングセラム モイスチャライジング
created by Rinker

エストGP コンディショニングセラム【リフトモイスト】の口コミ

  • ややとろみかかったような化粧液。4プッシュだとハンドプレスを念入りにしないといけないので、急いでいる時には向かないかも?でもハンドプレス後はしっとり好感触!
  • リフトモイストはとろみのあるローション状で、エターナルフローから切り替えてからは皮脂なども維持できるようになって、肌チェックも数値が上がっていました。
  • 大好きな美容液です!少しとろみのあるテクスチャーで、しっかり浸透してくれ、私の肌に透明感とハリを与えてくれました。
【花王est】エストGP コンディショニングセラム リフトモイスト
created by Rinker

エストGP コンディショニングセラム【ルーセント】の口コミ

  • 化粧水と美容液の中間のようなとろみのあるテクスチャー。うるおいもUPするし肌色もクリアになり、いい気がします。
  • 私は乾燥くすみが気になるのでルーセントを選びました。とろみがあるので伸びが良く、顔全体に行きわたり、水分を抱え込んでくれるので、手が吸い付く位もっちり肌になりました。
  • 長年使っているエターナルフローから乗り換えました。美白ケアをしながらしっかり保湿もしたいとBAさんに伝えたところ、こちらをおすすめされました。ホワイトニングタイプでは保湿力に物足りなさを感じたのですが、こちらはしっかり保湿もしてくれるし、使用感も良くとっても気に入りました。
【花王est】エストGP コンディショニングセラム ルーセント
created by Rinker

エスト GPコンディショニングセラム【ホワイトニング】の口コミ

  • 美白にしては保湿力があると思います。夏場には使いやすいテクスチャーです。
  • 塗ったそばからくすみ抜け!まだ1日しか使用していないので、美白はもうしばらく様子を見ないとわかりませんが、ハリもでてきてかなり好感触です。
  • 赤みやそばかすが気になる肌ですが、使った途端トーンアップというか色ムラが目立たなくなり驚きました!
花王est エストGP コンディショニングセラム ホワイトニング
created by Rinker

STEP3:乳液状美容液「エストGP エンリッチドセラム」

花王est 公式HPより引用

価格:税込 13,200円/80g〈本品〉

<特長>

肌をリッチなうるおいで「満たす」のが、エストGPエンリッチドセラムの役割。こちらも、STEP2同様、

  • モイスチャライジング〈保湿〉
  • リフトモイスト〈ハリ〉
  • ルーセント〈潤いによる明るさ〉
  • ホワイトニング〈美白〉

の、4タイプが展開されております。

保湿力や肌の消炎効果に優れた美容成分「GPサイクルコンプレックスγ」を贅沢に配合しています。ニキビや肌荒れによる赤みや炎症を抑えツヤやかでぷるんと弾むハリのある肌へ導きます。濃厚でまるでクリームのようなコクのあるテクスチャーですが、とても伸びが良く、なめらかな上にべたつきません。使い心地の評価も高い美容液です。

エストGP エンリッチドセラム【モイスチャライジング】の口コミ

  • ホワイトニングタイプが物足りなかったので、保湿重視でこちらに切り替えました。まだ3日位しか使っていないので、飛びぬけた効果は実感できていないです。
  • ひどく乾燥して粉をふいていたのですが、一晩でウソのように落ち着いて感激しました。
  • 伸びも良く、使用感もそこまで重くないです。使用後もべたべたすることなく、しっとりなめらかな肌になります。日中の乾燥も軽減されたように感じました。
【花王est】エストGP エンリッチドセラム モイスチャライジング
created by Rinker

エストGP エンリッチドセラム【リフトモイスト】の口コミ

  • 使うと肌がもっちり、ふっくらする感じがして気に入っています。
  • 冬場にもってこいの保湿力で、乾燥知らずになりました。リフト効果はまだわかりませんが、ピタッとフィットする感覚があります。期待しています!
  • これを使うようになってからファンデのヨレが大幅に改善されました。自分にしか分かりませんが、肌がツヤツヤ、リフトアップしてきています。
【花王est】エストGP エンリッチドセラム リフトモイスト
created by Rinker

エストGP エンリッチドセラム【ルーセント】の口コミ

  • 乾燥肌で、肌のくすみがきになっていたのでこちらを選びました。とっても濃厚な感触なので、保湿力抜群!クリームに近いテクスチャーです。
  • 保湿で明るさを出だすシリーズみたいです。乾燥敏肌ですが、トラブルはありませんでした。保湿感はありますが、私には物足りない気がしますので、次回はモイスチャライジングの方にします。
  • ルーセントとホワイトニングはどちらも美白目的ですが、ルーセントは肌表面の乾燥によるトーンダウンの改善、ホワイトニングは角層の中のメラニン生成物質にアプローチするものだそうで、働きかける場所が違います。ホワイトニングの次にさっぱりした感触ということで、こちらを選びました。
【花王est】エストGP エンリッチドセラム ルーセント
created by Rinker

エストGP エンリッチドセラム【ホワイトニング】の口コミ

  • こちらは今あるシミも、これからのシミにも効果があると聞いて購入しました。効果は、気になっていたシミが少し薄くなってきたかも?というような感じ。こればかりは続けないとわからないですね。
  • 肌の透明感が上がり、くすみが気にならなくなって嬉しいです。べたべたしないで使いやすいです。
  • 使用したらなんだかニキビの治りが早いような気がします。べたべた感もなく、スキンケア後の肌の感じはいいですし、ハリも感じられます。
  • 使い始めて1ヵ月ほどですが、なんとなく元々あったシミが薄くなってきた感じがします。
花王est エストGPエンリッチドセラム ホワイトニング
created by Rinker

なりたい肌に合わせて選べる4タイプ!→あなたの肌のベストな組み合わせは??

STEP2の「エストGPコンディショニングセラム」STEP3「エストGPエンリッチドセラム」においては、それぞれ働きの異なる「モイスチャライジング」「リフトモイスト」「ルーセント」「ホワイトニング」4×4タイプの中から選べ、自分好みに組み合わせることができます。

ここでは、「それぞれのタイプ別に」ご自身の肌悩みやなりたい肌にはどのタイプの美容液がぴったりなのか」「使用者の口コミ」を参考にチェックしてみましょう。

【モイスチャライジング】タイプは、こんな人におすすめ!

  • うるおいが欲しい保湿重視の方
  • 乾燥して肌荒れしやすいという方
  • 肌が乾燥してごわつきやすい方

【リフトモイスト】タイプは、こんな人におすすめ!

  • いきいきとしたハリ感が欲しい方
  • ほほの毛穴が気になる方
  • 小じわやフェースラインのたるみが気になる方

【ルーセント】タイプは、こんな人におすすめ!

  • 乾燥によるくすみが気になる方
  • 顔が疲れて見えやすい方
  • うるおいも明るさも両方欲しいという方

【ホワイトニング】タイプは、こんな人におすすめ!

  • シミ/ソバカスが気になる方
  • 紫外線を浴びやすい方
  • ニキビや吹き出物の跡が気になる方

【組み合わせ方のポイント!】16パターンでお悩みのあなたへ

これだけの種類があると、

「いろんな肌悩みが複合している自分には、どの組み合わせ方がベストなんだろう?」

と迷ってしまう方も多いと思います。

組み合わせ方のポイントとしては、1番優先度の高い肌悩みは「エンリッチドセラム」から、2番目に気になる肌悩みは「コンディショニングセラム」からタイプを選ぶと、肌悩みを解決する近道になります。

例えば、一番気になっているお悩みがシミの場合、「エンリッチドセラム」の4タイプの中からまずはホワイトニング(美白ケア)を選び、2番目に気になっているお悩みが毛穴の場合、「コンディショニングセラム」の4タイプの中からリフトモイスト(毛穴ケア)を選ぶ、というような流れで組み合わせてみましょう。

それでもご自身のお悩みが分からない!といった方は、花王ソフィーナ「お肌の相談室」で、お気軽にご相談ができます。エストのWEBサイトTOPページからもリンクがありますので、(製品と併せて)ぜひ一度ご相談ください。

「花王ソフィーナお肌の相談室」は↓こちらから!

https://www.sofina.co.jp/customer/

大手メーカーならではのサポート体制が整っている点も嬉しいですよね。

まとめ:花王エスト(est)は使用感の差が細かく、様々なニーズに応えている!

いかがでしたでしょうか。

編集部で使用してみて&今までの使用者の口コミをチェックして分かったのが、「エストGPコンディショニングセラム」「エストGPエンリッチドセラム」共に、4タイプごとに少しずつ使用感が違うということ。

自分の肌悩みにアプローチしてくれるタイプを選ぶのはもちろんですが、使用感や肌なじみなどが自分の好みに合うかなども、選ぶ際の重要なポイントになりそうです。

今回取り上げさせていただいた花王エストGPサイクルセラムケア、「3つの美容液を揃えてお手入れするのは正直難しい」というマイナスな声も確かにありました。しかし、そんな声がある中でも、使ってすぐに肌効果を感じている方もたくさんいたので、お値段以上の効果には期待が持てそうです。

ファッションエッジ編集部でも、GPサイクルセラムケアを愛用しているファンがいます。それぞれの品質が高いので、まずは1本から始めてみて肌の変化を見ながら、徐々にアイテムを揃えていくという方法でもアリだと思いますよ!

【花王est】 エスト セラム ワン
created by Rinker



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!
目次
閉じる