【学生限定】美容フォトコンテスト【STUDENT CUP 2021】開催中!応募はこちらから!



こんにちは!ファッションエッジ編集部です。

アイメイクで欠かせないマスカラですが、最近は「マスカラ下地」もよく話題になっていますね。

ファンデやリップのように簡単にメイク直しができないアイメイクは、朝のメイク時間でしっかりと作り込んでおきたいもの。特に、マスクの蒸れや暑さによってアイメイクの滲み・崩れが気になるこの時期は、マスカラ下地を上手に使うことでアイメイクのお悩みを解消できます。

ということで、今回はマスカラ下地の選び方と、【プチプラ】おすすめマスカラ下地をご紹介。本日もどうぞ、よろしくお願いします!

マスカラ下地の意味や効果とは?→崩れず美しく仕上げる!

マスカラ下地には、

  • カールキープ、ボリューム、ロング効果をプラスする
  • 後のマスカラの発色や密着度が良くなる
  • マスカラの崩れ防止(滲みにくい、下がりにくいなど)

といった効果が期待できます。

「どうせマスカラを塗るから、マスカラ下地はいらないよね・・・」と思うかもしれませんが、「現在使用しているマスカラの持ちや仕上がりに不満がある」「納得のいくアイメイクをしたい」という方は、マスカラ下地を使うことでお悩みを解決できるでしょう。

【あなたにピッタリの】マスカラ下地の選び方!

マスカラ下地の選び方には、主に以下の5つが挙げられます。

  1. 効果
  2. カラー
  3. 繊維の有無
  4. ブラシの形状
  5. 使用するシーン

アイメイクにおいて自分が何を重要視したいかを判断し、それに合わせてマスカラ下地を選ぶと、よりアイメイクの完成度が上がりますよ。

マスカラ下地の選び方①:効果で選ぶ

マスカラ下地は、タイプによって効果が違います

  • カールキープ
  • ボリューム
  • ロング

主に3種類のタイプがあり、この内どれか1つの効果を持つマスカラ下地もあれば、「カール&ボリューム」など、複数の効果が期待できるものも。下地後に使うマスカラの仕様や、自分の理想とするまつ毛を考慮した上で、適切なマスカラ下地を選びましょう。

■ カールキープタイプのマスカラ下地

<こんな方におすすめ>

  • まつ毛が下がりやすい
  • くりっと大きな瞳に見せたい
  • 一重の方

カールキープタイプのマスカラ下地は速乾性に優れており、ビューラーで上向きに整えたまつ毛を素早く固定することで、長時間カールをキープします。瞼の重みでまつ毛が下がりやすい一重さんにもぴったりのアイテム

■ ボリュームタイプのマスカラ下地

<こんな方におすすめ>

  • まつ毛が細い
  • まつ毛が少ない
  • 目元の印象をハッキリさせたい

ボリュームタイプのマスカラ下地比較的粘度が高く、濃密な液が自まつ毛1本1本に絡むことで、ボリューミーなまつ毛を演出してくれます。マツエクやつけまつ毛のように、物理的にまつ毛の本数を増やすことはできなくとも、まつ毛を太く・濃く見せることで目元の印象をグッと強くしてくれますよ。

■ ロングタイプのマスカラ下地

<こんな方におすすめ>

  • まつ毛が短い
  • まつ毛の長さがまばら
  • 目元に立体感を出したい

ロングタイプのマスカラ下地は合成繊維が配合されているパターンが多く、繊維が疑似的なまつ毛となって、長くフサフサなまつ毛を演出してくれます。その分、ダマになりやすいというデメリットはありますが、使いやすいブラシを選択したり、付け方をマスターすることでナチュラルに長さをプラス

マスカラ下地の選び方②:カラーで選ぶ

マスカラ下地のカラーは、

  • 透明(クリア)
  • ブラック
  • クリアブラック
  • ネイビー

などが定番色。

■ 透明(クリア)のマスカラ下地

透明(クリア)タイプのマスカラ下地のメリットは、

  • 自まつ毛や普段のマスカラの色をそのまま活かせる
  • 色ムラが目立たない

ということ。TPO問わず使いやすいので1本持っておくと何かと便利です。

■ ブラックのマスカラ下地

ブラックのマスカラ下地のメリットは、

  • まつ毛の太さや長さをしっかり演出
  • 下地だけでもマスカラを完了できる

という点です。華やかで濃いめのメイクを楽しみたい日や、力強い目元に仕上げたい日に特にオススメ。また、単品使用でも目元の印象はハッキリさせてくれるので、時短メイクにも活躍してくれます。

■ クリアブラック、ネイビーのマスカラ下地

クリアブラックやネイビーのマスカラ下地

  • マスカラの色に深みをプラス
  • 単品使用で自まつ毛に抜け感・ツヤ感をプラス

してくれるのがメリット。ナチュラル且つ垢抜けた印象のメイクをしたい日や、普段とちょっとだけアイメイクのニュアンスを変えたい時も便利です。

■ 白のマスカラ下地

白のマスカラ下地のメリットは仕上がりをコントロールしやすいこと。

まつ毛に下地を塗布した際、どれくらいの液が付いたか・どこに液が付いたかを簡単に確認できるので、まつ毛メイクに自信がない方や、初心者の方におすすめです。時間が経つと白⇒透明に変わるものが多いので、白残りの心配もほとんどありません。

マスカラ下地の選び方③:繊維の入りorなし

マスカラ下地にも(通常のマスカラと同じく)繊維が配合されているもの・配合されていないものがあります。

■ 繊維入りのマスカラ下地

<メリット>

  • 長さが出せる
  • フサフサ感の演出

<デメリット>

絡まりやダマになりやすい。コーム型ブラシやマスカラコームを使うと解消できる。

繊維なしのマスカラ下地

<メリット>

  • ダマになりにくい
  • ナチュラルでツヤ感のある仕上がり

<デメリット>

長さは出にくい。ただし、ボリュームタイプのマスカラ下地を選べば、目元の印象をハッキリさせることは可能。

マスカラ下地の選び方④:ブラシで選ぶ

ブラシは、使いやすさやアイメイクの仕上がりに大きく関係する重要なチェックポイントです。マスカラ下地に頻繁に使用されているブラシは、主にこちらの3種類。

  • コーム型・・・ヘアコームの様な櫛状のブラシ
  • アーチ型・・・カーブがかかっているブラシ
  • ストレート型・・・真っ直ぐなブラシ

■ コーム型

  • まつげを梳かしながら塗布できる
  • ダマになりにくい

というのがコーム型ブラシのメリット。キレイなセパレートまつげをつくりやすいので、ナチュラル感を重視したい方におすすめ。

■ アーチ型

  • 扇状のまつ毛にフィットさせやすい
  • まつ毛の根元から液を付けられる

というのがアーチ型ブラシのメリットです。そのため、アーチ型ブラシのボリュームマスカラはよりボリューム感が出しやすい傾向があります

ストレート型

  • 均一に液や繊維を付けられる
  • 細かい箇所にも塗布しやすい

というのがストレートブラシのメリットです。特に、まつ毛に長さをプラスしたい時におすすめのブラシ。細めのものや、短めのブラシだと、下まつ毛や目尻などの細かい箇所に付けやすくなります

マスカラ下地の選び方⑤:使用するシーンで選ぶ

その日のメイクやTPOに合わせて、マスカラ下地を選ぶこともできます。例えば、

  • クレンジングで負担をかけたくない⇒お湯落ち(フィルム)や洗顔落ちタイプ
  • 夏場や水辺でのアウトドア⇒ウォータープルーフ

といった具合。

特に暑い日やスポーツ、水辺でのレジャーを楽しむ日にもマスカラをキープしたいなら、断然ウォータープルーフがおすすめ。ウォータープルーフは油分がまつ毛をコーティングしているので、汗・水によってマスカラが崩れる心配が少ないです(油は水を弾く性質をもつ)。

また、お湯落ちタイプのマスカラは熱に弱く、40度くらいでフィルムが崩れる仕組みになっているので、日差しの熱い夏場はどうしてもキープ力が弱くなってしまいます。その分、クレンジングはしやすいので、落としやすさ優先ならお湯落ちタイプ、崩れにくさ重視ならウォータープルーフタイプのマスカラ下地を選びましょう。

次ページでは・・・

「編集部おすすめのマスカラ下地10選①」

1 2 3



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!